ファイナルファンタジー4攻略 #26

レトロゲーム
スポンサーリンク

おはようございます、浅見ヨシヒロです。



北陸地方では深刻な大雪が続いていますね。
今のところ私の住む福島県中通り地区は小康状態ですが、天気予報で大雪の情報が出るとゾッとしてしまいます。
一刻も早い、春の訪れを祈るばかりです。

さて、今日も愛機・レトロフリークによる『ファイナルファンタジー4』のプレイ日記を更新して参ります。
最新ゲームには無い、スーパーファミコンの織り成す雰囲気を楽しんでいきましょう。

【前回までのおさらい】
ヤン・シドといった仲間達の犠牲と引き換えに、ゴルベーザの野望を一旦阻止したセシル。
しかし、それも所詮は一時のこと。
ゴルベーザの計画を打ち砕くため、再び地底世界に向かうこととなりました。

しかし…シドが身を挺してゴルベーザの追手を防いでくれたことが、ここではマイナス面に作用。これまで表と裏の世界を繋げていた穴は塞がれてしまったのでもう使うことができません。
違う手段を見つけて地底世界に戻らねばなりません。

セシル達は、地底の世界と繋がっているという『エブラーナの洞窟』を目指すこととなりました。
いよいよ洞窟内に突入です。

【プレイに日記】
早速『エブラーナの洞窟』へと足を踏み入れたセシル達。
洞窟内の宝箱が開いているのは、レベル上げのために中を徘徊した何よりの証拠です。

しばらく進みますと、階段がありましたので更に奥へ。
フロアは地下2階です。

誰かがいたので、思い切って話しかけてみました。
『なにやつ!』
『なんだ 人間か!』

セシル②
セシル②

…それは、こっちのセリフだ!!

 

このエリアに潜んでいたのは亡国エブラーナの人々。
少なくとも敵ではないようなので、一安心です。

エブラーナの人々とセシルは、ゴルベーザという共通の敵を持つ者同士。
早速、情報収集と参りましょう。



ここで、エブラーナ国の家老を名乗る人物に接触。
なるほど…『祖国を滅ぼされた』ということで、この洞窟に潜んでいたのですね。

どうやらエブラーナ国には王子がおり、王と王妃の仇を討つため『バブイルの塔』へ乗り込んだままなのだとか。
これはパラディンとして、人助けをせねばなりますまい。

地底世界へと続く道の入り口。
王子は、だいぶ前に向かったようなのですが帰りが遅れているようですね。
よし、助けに行くぞ!

洞窟内を進んでいきますと、負傷した兵士が倒れていました。

 

事態は切迫して参りました。
セシル達が更に進んでいきますと、何やら奥に人影が。

探し求めていた、エブラーナ国の王子のようです。
彼は親の仇であるルビカンテ(ゴルベーザ四天王の一人)を見つけ、今まさに復讐を果たそうとしていたのです。



そんな悲劇の王子の名は、エッジ。

エッジ
エッジ

オレがエブラーナ王子!エッジ様よ!

やっと会えたな、ルビカンテ!

今日という日を待ってたぜぇ!

 

エッジとルビカンテの戦闘開始。

セシル②
セシル②

ルビカンテ…ゴルベーザと同様に随分デカいな、おい…。

激闘を繰り広げるエッジでしたが、武運拙く敗北…。
しかし、止めは刺されなかった模様です。

早速救助。
最終目的は違えど、倒す敵は同じであることからエッジが仲間として加入。

セシル②
セシル②

…相手は四天王最強だ。勝ち目があるかどうかも分からない!
だが、僕たちは奴らからクリスタルを取り戻さなくてはならない!

エッジ
エッジ

…こんな、きれーな姉ちゃんに泣かれたんじゃ、しょうがねぇ…。
ここは一発…手を組もうじゃねーか。

 

めでたく、エブラーナ国の王子であるエッジが、新たな仲間としてパーティーに加わりました。



次回は再び『バブイルの塔』へと乗り込みます。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。