ガイアセイバー攻略 #5

レトロゲーム
スポンサーリンク

『天外魔境ZERO』の箸休め的な存在として始めた『ガイアセイバー』の攻略も、今回で5回目。
速度は遅いですが、着実にストーリーは進みつつあります。

作品の枠を超えて、ガンダム、ウルトラマン、仮面ライダー各シリーズのヒーローたちが地球のために今日も悪の組織達と戦います!

 

第二話がスタート…本章の舞台は、インドとオーストラリア。
前章の日本から打って変わって、一気にワールドワイドになりましたね。
…ということで、本部に常駐するおやっさん(立花藤兵衛)から、次なる任務を受けるアムロ。

現在、インドのヒマラヤでは不審な爆発が続発しています。
仮面ライダーV3が調査に派遣されましたが、音信不通になってしまったとのことなので、アムロに白羽の矢が立ちました。

 

インドへは、科特隊基地の格納庫にあるビードルに搭乗して移動します。
準備が整ったら、格納庫に移動しましょう。
ちなみに、現時点での地球の人口と環境度はご覧の通り。



前回も触れましたが、この数値はアムロ達の行動によって微妙に変化をしていき、エンディングを左右するものとなります。
気が抜けませんね…。

GSアムロ
GSアムロ

ヒーローも楽じゃないよ…

では、気を取り直して格納庫に向かいましょう。
目指すはインド、ボンベイ基地です。

 

まずは、無事にボンベイ基地に到着。
ここの基地は小規模なようで、建物も小さく人員も最小限の人数。

レオ
レオ

『詳しい事は、コーチンにいる工作員に聞いてくれ!』だって…。

アマゾン
アマゾン

コイツラ、他人事スギナイカ?

日本と違って、インドの地名は聞きなれない名前ばかり。
コーチンはボンベイの南にあるので、この情報を参考に移動しましょう。

ボンベイを出発。
インドだからと言って、日本とそれほど変わらないフィールド。
流石に遭遇する雑魚敵は少し強くなっていますが…。

GSアムロ
GSアムロ

レベル上げをしつつ、コーチンを目指していこう。

 

コーチンに到着。この街には、2つのビルしかありません。

雑居ビルに行くと、ボンベイの隊員が話していた工作員と接触することが出来ます。
V3に頼まれた『バクダン』を預かると共に、コンパスを受け取ります。

レオ
レオ

北にあるんだから上に進めばいんでしょ?

コンパスなんていらんから、何かアイテムをもらえないだろうか?

 

比較的高めのエンカウント率を経て、ヒマラヤ基地付近に到着。

レオ
レオ

あ!あそこに違いない。

早速ヒマラヤ基地に入ってみると、アムロ達の探していた仮面ライダーV3がピンチに陥っていました。
雑魚のショッカー戦闘員相手に何を苦戦するのかは不明ですが、一応助けてあげることに。

 

戦闘員を瞬殺。
何度も言うようですが、なぜこの戦闘員相手に苦戦をするのか…。

アマゾン
アマゾン

V3…本当ニ仮面ライダーナノカ?

しかし、一足先に調査に乗り込んでいただけあって、この基地の構造は熟知している様子。
敵方の本拠地まで、V3が案内してくれることに。

 

ちなみにV3は戦闘には参加してくれませんが、自分から道案内を買って出てくれたこともあって、アムロ達が違う方向に進むと『そっちじゃない』と親切に教えてくれます。

 

V3の道案内のお陰で、スムーズに基地の中枢に到着。
ただし、エンカウント率は引き続き高めなのでその辺はイライラします。



アムロ達を待ち受けていたのは、仮面ライダーシリーズでお馴染みの死神博士。
ヒマラヤを破滅に導くマシーン『バベル』を操っているので、機械と一緒に倒してちゃいましょう。

死神博士は戦闘に至って、自身の姿を『イカデビル』に変化させてきました。
しかし、所詮は3対1。
数的有利を活かし、アムロ達は死神博士の計画を阻止することに成功。

 

早速『バベル』に、V3から預かった『バクダン』をセット。
厄介なマシーンは壊してしまうに限ります。

 

因みにこの『バベル』。
1基だけではありません。
基地内にこのバベルを含めて合計5台ありますので、全て破壊しておきましょう。

GSアムロ
GSアムロ

全ての『バベル』を破壊しないと、人口と地球の数値が大きく減少してしまうから気を付けてくれ!
(1基破壊すれば、クリアは可能)

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました