ガイアセイバー攻略 #4

レトロゲーム
スポンサーリンク

仮面ライダーやウルトラマンをテレビで見なくなってから久しい、今日この頃。
勿論シリーズは今でも放送されているのですが、生憎我が家の子供は娘が2人。
その代わり、プリキュアなどを一緒にテレビで見る生活が続いています。



そんな状態ですから、現代の仮面ライダーうやウルトラマンのことは全く分からないのは当然。
ガイアセイバーに登場する『仮面ライダーブラックRX』などは、まさに私にとってドンピシャのヒーロー。

次回の『ガイアセイバー攻略 #5』では、RXが仲間に加入するので私と同世代の方は楽しみにしていて下さい(いつになることやら…)。

さて、話は本筋に戻って『ガイアセイバー』の攻略です。
東京で開催されるサミットの護衛を頼まれたアムロ達。
しかし、先に警備体制についていた警察から冷たい対応を取られてしまいます。

そんな折、ショッカーが来襲。
各国の首相や大統領が誘拐されてしまいました。
アムロ達は、金で雇われていた用心棒マークハンターと共に首相達の奪還を目指します。

マークハンター
マークハンター

オレに協力しな。

 

金で雇われていただけあって、マークハンターはかなりの実力者。
ステータス画面を見るとなかなかのレベルですし、実際に戦闘に入っても頼りになる存在です。

また、彼はショッカーについての情報を持っていました。
ショッカーは下水道を利用しています。
まずは東京中の建物を調べて、地下(下水道)へ続く経路を探し当てましょう。

マークハンター
マークハンター

ショッカーは下水道を利用している。

下水道に繋がっている建物は、『センタービル』。



この建物の地下1階に行くと、地下へ続くハッチ(マンホール)を発見できます。

ここでハッチを開けると、『マンホールのフタ』を入手できます。
盾として装備できますので、有効に活用しましょう。

GSアムロ
GSアムロ

『マンホールのフタ』だって、何も無いよりはマシさ!

地下にあるショッカーの基地に潜入。
途中にある部屋には、日本を始めとする各国の首相達が囚われています。

 

このダンジョンの最奥。
ここにボスがいるので、心の準備をしておきましょう。

アムロ達を待ち構えていたのは、『仮面ライダーストロンガ―』に登場したマシーン大元帥。

マシーン大元帥は一見手強そうな雰囲気を醸し出していますが、それほど強くはありません。
ショッカー共々、サクッと倒してしまいましょう。



仲間に加入し、戦闘で大活躍するマークハンターの存在も大きいですね。

マークハンター
マークハンター

当たり前だろ、俺をその辺の奴らと一緒にするな!

 

戦闘には勝利しましたが、マシーン大元帥は逃亡した模様。
マークハンターは逃げた敵を追うため、ここで仲間から外れてしまいます。

レオ
レオ

忙しいヤツだな…

 

来た道を戻り、捕らわれの身となっていたら各国の首脳を解放。
助けてもらっておきながら、各国の首脳はアムロ達を罵りながらこの場を去っていきます。
なんとも報われないですねぇ…。

 

アメリカの大統領だけが、紳士的な対応。
まさか…トランプ!?

アマゾン
アマゾン

このゲームが発売された当時のアメリカ大統領、トランプじゃない。

GSアムロ
GSアムロ

(そういえば、この間放送されていた『ホームアローン』に出演していたな…)

日本の首相は、実際にお金を払って雇ったマークハンターへの愚痴をこぼしています。

こうして、なんとか第一話が終了。
お偉いさん方に振り回されるストーリーでしたね。

 

この時点で、人類滅亡まであと93億人。
実は、プレイヤーの取る行動で、この人口の数が若干変わるのがこのゲームの特徴。
そして、この数値によって実はエンディングが何種類かに分かれるのですが、私がその仕様に気付いたのは大人になってから…。

そして、第二話の挿入部分がスタート。
第一話と違い、第二話はインドやオーストラリアが戦いの舞台。
これまでより、敵も強くなり、エンディングを左右するヒーローとしての行動が求められ始めます。

レオ
レオ

詳しくは、また次回!

 

 

(次回へと続く)



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました