【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 #21

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

それでは…本日も【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略を進めていきたいと思います。

トルネコは『エンドール』と『ボンモール』という二国間を間に正に東奔西走。
二国間の外交を取り持ったことで、正式に『エンドール』において自分お店を出す許可を王様から貰うことができました。

王様から許可をもらうという第一の障害はクリアすることができました。
問題は、出店する店舗についてです。



エンドール(城下町)

初めて『エンドール』を訪れた際に、お店を売りたがっている男性がいることは既にリサーチ済みでしたね。

エンドール王から出店の許可を貰った後は、早速その男性の所まで向かいましょう。
許可をもらった旨を話すことで、具体的な金額の話を提示してくれます。

隠居でもしたいんじゃが…。
どうじゃ、35,000ゴールドでいいから、この店を買わぬか?

男性から提示された金額は、35,000ゴールド。
さすがのトルネコでも、この時点でその金額を用意させているプレイヤーの方はいないことでしょう。

ですが…ご安心ください、そんなプレイヤーさんに朗報です。
この町の富豪が、『銀の女神像』を欲しがっている話を覚えていますか?
『銀の女神像』をその富豪に売れば、35,000ゴールドを調達できます。

トルネコ
トルネコ

よーし、それでは『銀の女神像』を探しに行かなければ!!
…ん?

そういえば、どこにあるんだ?

その『銀の女神像』が眠っているのは、『エンドール』の北東にある『女神像の洞窟』。
早速向かいたいところですが、いきなり『女神像の洞窟』にトルネコ一人で挑むのはリスクが高め。

プレイステーションで発売されたリメイク版であれば、大量の薬草を袋に入れて持ち歩けましたが、ファミコン版ではその数にも限りがあります。

有料にはなってしまいますが、『エンドール』の町中には期間限定で仲間になってくれるキャラクターが2人存在するので、彼らの力を借りることも立派な選択肢の1つ。

トルネコ
トルネコ

トホホ…

今は1ゴールドでも多くのお金が欲しいところなんだが…

 

そこで私は、まず魔法が使える用心棒のロレンスを雇うことにしました。
肝心の条件は、5日間600ゴールド。
ロレンスは宿屋の2階にある一室に待機しています。



女神像の洞窟

ロレンスを仲間に加え、いざ北東にある『女神像の洞窟』へ。

敵を倒しつつ、洞窟内の仕掛けを攻略。
しかし…本作の誇る超絶AI(褒めているわけではない)はプレイヤーの思うように行動してくれず、ロレンスの魔法は期待外れの連続…。

トルネコ
トルネコ

人を雇うというのは、難しいものだ…

ロレンスのAIに耐え切れない…というプレイヤーさんは、もう一人の用心棒候補である戦士系のスコットを雇うことをおすすめします。
条件は、5日間で400ゴールドでの契約です。

トルネコ
トルネコ

…なんだか、ひどい悪循環に陥っているような気がするんですが…

 

新たに加わったスコットロレンスと違って、行動のほぼ全てが直接攻撃。
戦闘に費やす時間が格段に短くなり、攻略がスムーズに進むようになります。

トルネコ一人でも勿論クリアは可能ですが、最終的にはケタ違いのお金を取り扱うこととなります。
数百ゴールドのことなど考えず、助っ人を雇うのもアリだと思います。

『女神像の洞窟』の中には、ライバルの姿も多数見受けられます。
でも焦らなくても大丈夫です。
彼らは永遠に『銀の女神像』を手に入れることはできませんから。

トルネコ
トルネコ

なぜなら、私が手に入れるからです!!(キリッ)

それらしき階段を下っていくと…

遂に目的としていた『銀の女神像』を入手することに成功。
しかし…道具が一杯で持ち切れなかったため、売り払う予定だった『皮の帽子』を泣く泣く捨てることに。

出費は嵩みましたが、結果的に『銀の女神像』を入手することに成功。
これを富豪に売り付けることで、お店を買う資金を調達することができます。
一刻も早く、『エンドール』に戻りましょう!!

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました