ドラゴンクエスト4 #21

レトロゲーム
スポンサーリンク

多くの感動を私達に届けてくれた、サッカー日本代表が帰国したようです。
帰国後は記者会見が行われたようで、西野監督は任期満了である今月末をもって退任。
キャプテンの長谷部選手は代表引退の方向だとか。



分かっていたこととはいえ、人が去る…というニュースは寂しいものですね。
その代わりに新しい監督や選手が日本代表を支えてくれることでしょう。
ひとまずは『お疲れ様でした』と言ってあげたいですね。

それでは、本題のドラゴンクエスト4に参りましょう。
エンドールとボンモール。
この両国の間の外交を取り持ったことで、トルネコは正式にエンドールにてお店を出す許可を王様から貰うことができました。

第一の障害はクリア。
しかし、すんなりと事は進むのでしょうか?

早速、お店を売りたがっていた男性の下へ。
王様から許可をもらった旨を話すと、より具体的な話に。

どうじゃ。35,000ゴールドでいいから、この店を買わぬか?

35,000ゴールドいいからって…高過ぎでしょうに。
とても手持ちのゴールドが足りません。

しかし、ある儲け話をここで思い出しました。
そうです、『銀の女神像』です。
『銀の女神像』を手に入れ、それを欲しがっている金持ちに売れば恐らく35,000ゴールドという資金は捻出できるはずです。

善は急げ。
『銀の女神像』は、エンドールの北東にある洞窟内に眠っているとのこと。
早速向かいましょう。



しかし、洞窟へトルネコ一人で挑むのはリスクが高め。
PS版であれば、薬草を大量に買い込んで袋に入れられたのですが、このファミコン版では持てる量にも限界があります。

お金が惜しいところですが、渋々助っ人を雇うことに。
魔法を使える、ロレンスを5日間600ゴールドで雇用。
しっかり働いてくれよな。

 

いざ、『銀の女神像』を求めて北東の洞窟へ!!

敵を倒しつつ、洞窟内の仕掛けを攻略。
しかし、ドラゴンクエスト4特有のAIはこちらの思うように行動してくれず、ロレンスの魔法は期待外れ…。

ってことで、もう一人助っ人を雇うことに。
戦士系のスコット。
こちらは5日間400ゴールドです。

 

3人になりますと、格段に戦闘は楽になりました。
これならなんとかなりそうですね。

洞窟内には、ライバルが。
なんとしてもこやつらに先んじて『銀の女神像』を手に入れなければ…。

それらしき階段を発見。
この先に『銀の女神像』がありそうですね。

そして遂に、遂に『銀の女神像』を入手。
道具が一杯で持ち切れなかったため、売り払う予定だった『皮の帽子』を泣く泣く捨てることに。

防具類はボンモールに持っていくと高く買い取ってくれるというのに…。

とにもかくにも色々と出費は嵩みましたが、『銀の女神像』を入手することが出来たトルネコ。
これをエンドールの某資産家に売れば、お店を買うことが出来るかもしれません。



エンドールに戻りましょう!!

次回へと続きます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。