【ガイアセイバー】攻略 #17

レトロゲーム

これまでの【ガイアセイバー】の攻略記事一覧は、こちら

私事ですが…本日、誕生日でございます。
無事(?)35歳になりまして、いい年をした大人なわけですが、今はただ月日の流れる速さを実感している毎日でございます。

当ブログで攻略中の【ガイアセイバー】には懐かしいヒーローが登場しますが、私が幼少時代の頃は仮面ライダーブラックRXが大好きでした。
今となっては、本当にいい思い出です。

RX
RX

仮面ライダーブラックRXは、1988年10月から翌1989年9月まで放送しました。

アダナ

そんな仮面ライダーブラックRXアマゾンが辿り着いたのは、『トルコ』の『アダナ』。
全ては、捕らわれたウルトラ戦士達を救け出すためです。

ウルトラ戦士達が処刑されようとしている場所は、『アダナ』の『広場』。
そこに待ち受けていたのは、口だけは威勢がいいUキラーです。
当然、Uキラーとのボス戦に移行しますが…

ここでのボス戦は、いくら頑張っても勝てない仕様になっています。
しばらく戦っていると戦闘が強制終了し、シーブック仮面ライダースーパー1が応援に駆けつけてくれます。

シーブック
シーブック

応援に来ました!

大丈夫ですか?

ここで…Uキラーの弱点である『ペンダント』を使うよう促してくる仮面ライダースーパー1

スーパー1
スーパー1

オレも来たぜ!

さぁ『ペンダント』を使うんだ!

何故かニューガンダムに搭乗するシーブック仮面ライダースーパーを仲間に加え、再びUキラーとのボス戦がスタートします。



ボス戦:Uキラー

シーブック仮面ライダースーパーを仲間に加え、再びUキラーとのボス戦が始まります。

助っ人2人を仲間に加えても、普通に戦っていてはUキラーには勝てません。
先程の仮面ライダースーパー1のアドバイスに従い、アイテム『ペンダント』を使用しましょう。

あれだけビクともしなかったUキラーですが、『ペンダント』一発でノックアウト。
打たれ弱いUキラーと、情け容赦の無いシーブックのセリフが印象的な場面です。

シーブック
シーブック

とどめを刺しましょう。

RX
RX

(…確かにUキラーは、憎い敵だけれども…)

ここで突然、ウルトラの母が登場。
何をするのかと思いきや…Uキラーの正体が、行方不明となっていたゾフィーであることを説明し始めます。

加えて…現在の『ペンダント』の光では、ゾフィーを元に戻すことが出来ないことも説明されます。

なぜウルトラの母が、ペンダントのことを知っているのか?
それは…ウルトラの母こそが、以前アマゾン達にペンダントを託した緑のおばさんだったからです。

RX
RX

そういう大事なことは、『東京』でペンダントを渡した時に言えよ…。

救い出されたウルトラ戦士達やUキラーと共に、『アダナ』を去って行ったウルトラの母
アマゾン達は次に何をすれば良いのか分からないノーヒント状態で、この地に取り残されます。

スーパー1
スーパー1

…で、次はどこに行けばいいの?

普通にプレイされている方であれば本当に暗中模索の状況ですが、ご安心ください。
次に向かう場所は…『サムスン』です。

シーブック
シーブック

…確か、『アンカラ』の東でしたね。
…ということは…『アダナ』の北の方に向かえばいいわけですね!

『サムスン』は、『アンカラ』でマックスが教えてくれたもう1つの町です。



サムスン

『サムスン』に到着したら、『ファンの家』を訪れましょう。
次に向かうべき場所について教えてもらえます。

この家に住むファン老人と会話。
すると、『アダナ』の北にある洞窟へ日本人が向かった…という情報が手に入ります。

結論からいうと、その日本人とは二宮博士のこと。
再び『アダナ』方面に向かうことになります。

RX
RX

また『アダナ』の方に行かなきゃいかんのか…

実際に『アダナ』方面に足を運んでみると、先程までには存在していなかった洞窟が出現しています。

この洞窟へと足を踏み入れ、一足先に調査に向かった二宮博士に会うことが次回の【ガイアセイバー】攻略の主なミッションです。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました