天外魔境ZERO攻略 #46

レトロゲーム
スポンサーリンク

この記事を含め、これまで全46回の公開をして参りました『天外魔境ZERO』の攻略。
最終回である今回は、名作『天外魔境ZERO』のエンディング2パターン分をお届けしていきたいと思います。



ラスボスであるニニギを倒した後に登場する、【永遠の火】。
本作のエンディングは2パターンありますが、【永遠の火】から出される『ジパングの王になりますか?』の選択肢によって分岐します。

…ということで、まずは1パターン目。
『ヒガンがジパングの王になる』場合のエンディングです。

ヒガン
ヒガン

ジパングの新王に、俺はなる!!

水貴
水貴

某国民的マンガのセリフをパクってる内は、立派な王にはなれないぞ。

ジパングの新たな王になったヒガンが向かったのは、当然ですが『竜王城』。

城内に入ると…大臣っぽい人がヒガン達を出迎えてくれまして、玉座へと案内してくれます。
玉座に向かう途中、これまでの冒険において各地で接した人達(ビナン仙人や、ちとせ、まい達)がヒガンを祝福してくれます。

『竜王城』の玉座に到着するヒガン。
その傍らには共に冒険の苦楽を共にしたスバルと水貴(またはテンジン)の姿も。

【かくしてヒガンはジパングの新王となり、ジパングに平和が戻った…。】
【はるか東の果てにある国、ジパングの物語である…。】

ここから、スタッフロールが流れます。
これまでの壮絶な戦いからは想像できない程の、敵味方が入り乱れるコミカルな演出が印象的。

これまで、カタカナで表記してきたキャラクター達の正式名称もここで判明。
…いや、分かる人は分かっていたんでしょうが、私は説明書は見ないタイプなので…。

スタッフロールが終わった後は、正式なエンディング画面。



『完』の字が非常に猛々しく、いかにも和風RPGといったところでしょうか。
1パターン目のエンディングは、これで終了です。

続いて、エンディング2パターン目。
『ヒガンがジパングの王にならない』場合です。

ジパング新王への就任を断ったことを意外に感じる【永遠の火】ですが、最後には理解を示し、ヒガンの選んだ自由を後押してくれます。

王にはならず、自由に生きていくことを選択したヒガンに対し、『立派な王になれると思うけど…』と残念がるスバル。

スバル
スバル

ヒガンなら立派な王様になれると思うけど…

王様にならないの?

逆に、ヒガンを讃えに称えまくる水貴。

水貴
水貴

ヒガン!!やっぱり、あんたはスゴイよ!!

ヒガンの言う通りだ、神も王もいらないよ!!

支配する者はもう…

地獄門を後にする、ヒガン、スバル、水貴。
ここから各地の懐かしい場所を訪れながら、ヒガンは故郷の『火影村』を目指します。

『地獄の大穴』から外に出ると、ニニギとの対決の回想シーンがカットイン。

神獣・龍の下を訪れると、この地で戦ったシラヌイとの戦いが思い出されます。

続いては、犬神国・『魔人の滝』。
【マ・ジン】に乗り込み、キンギンの開発した【スーパーマネキングⅢ】と戦ったのは、良い思い出です。

亀国で訪れたのは、ミツコ姫の住む『ゲンブ城』。
水貴が実は地獄の軍団の一員で、ジュリやサラの妹だと知った時は、驚きでした。
そんな水貴とは、ここでお別れ。

孔雀国では、スバルとの出会いがありました。
ヒスイと別れて以来一人で戦い続けていたヒガンにとって、スバルの加入は心強い限りでした。

最後は火熊国。
故郷『火影村』へと戻る、ヒガンとスバル。

亡き祖父・ビャクエンの姿はありませんが、今となっては懐かしい炭仙人や、幼馴染のゲンコツ・ビンタ達に温かく迎えられるヒガン。

【これは、昔…ジパングを守ったヒガンという少年の物語である。】

その後は同じエンドロールを経て…これまた1パターン目と同じエンディング画面にて2パターン目も終了。

火の勇者・ヒガンによる、長い長い冒険が今終わりを告げました。



本作『天外魔境ZERO』は、当時としては画期的なPLGSを搭載したゲームでした。
現実世界と同じ年月日をゲーム内でも共有し、その時その時で多彩なイベントを体感できるというものでした。

しかし、発売から二十数年を経た影響か…もしくはレトロフリークの影響か…今回のプレイではゲーム内の時計は1995年12月16日で止まったままの状態でした。

そのため、本作の魅力の1つであるPLGSを活かしたイベント等を本ブログをご覧になっている皆様にお届け出来なかったのが、唯一の心残りです。

そんな『天外魔境ZERO』の攻略も、今回で終了。
しばらくは同時進行で進めてきました『ガイアセイバー』とスーパーファミコン版『ドラゴンクエスト3』の攻略を中心にお届けして参ります。



今後とも、どうぞ本ブログを宜しくお願い致します。

ヒガン
ヒガン

応援、ありがとうございました!!

【浅見ヨシヒロ】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました