ドラゴンクエスト3攻略 #8

レトロゲーム
スポンサーリンク

重要アイテム『魔法のカギ』を手に入れるため、イシス地方に足を踏み入れた主人公。
まず訪れたのは、玄関口と言っても差し支えない『アッサラーム』。

この『アッサラーム』は、昼と夜で全く違う顔を見せる特殊な街。



劇場では毎夜ベリーダンスが披露される他、あの有名な『ぱふぱふ』も体験できます。

また…この街で武器や防具を買う際には、値切りが重要なポイントになってきます。
むしろ、店頭に表示されている価格が常軌を逸しているのですが…。

3勇者
3勇者

ただし、値切り過ぎには注意が必要だよ!

最初から交渉し直しになっちゃうからね!

『アッサラーム』の街中には、『魔法のカギ』の扉がちらほら。
当然、カギを持っていなければ扉を開けることはできません。

その『魔法のカギ』について、重要な情報を持つ老人がいます。
この『アッサラーム』から南西に進むと、やがて砂漠へと辿り着きます。
砂漠に入ったら更に南下していくと、その老人の住む祠を見つけることができます。

砂漠の中にある国『イシス』についての情報も入手できます。
『イシス』は、やがて挑戦するピラミッドへの重要な中継基地となるので必ず訪れましょう。

一通り準備を整えたら…祠に住む老人や『イシス』を目指しましょう。



真面目なプレイヤーは早速出発するのも良し…
夜になるのを待ち、例の『ぱふぱふ』を楽しむも良し…

3勇者
3勇者

たまには息抜きも大事である。

大事であるが…

真面目なプレイヤーの方のために、この後の攻略の模様を間髪入れずに記載しましょう。
まずは『アッサラーム』から南西に進み、砂漠を目指します。

砂漠に到着する途中で、建物を1軒発見できると思います。
ストーリーに影響はしませんが、この建物は『第2すごろく場』。

無事ゴールすれば、同グループの敵を同時に攻撃できる武器『モーニングスター』を入手することができます。
是非寄り道して、ゲットしておきましょう。

レトロフリークのセーブ・ロード機能をフル活用し、『第2すごろく場』をクリア!
無事『モーニングスター』を入手することに成功。

ちょっとした息抜き『第2すごろく場』を経由して、ようやく砂漠に突入。
ここからフォールド上に出現する敵が変化します、注意して戦いましょう。

『アッサラーム』で入手した情報通り、砂漠に突入したポイントからずっと南に進んでくと、老人の住む祠を発見。
『魔法のカギ』は、『ピラミッド』にあることが判明します。

3勇者
3勇者

老人の住む祠は、毒の沼地に囲まれているよ!

『ピラミッド』は、序盤最大の難関ダンジョン。
その前に、中継基地となる『イシス』によって装備の新調や情報収集を行いましょう。



『イシス』は老人の住む祠から西にありますが、フィールド上には城がありません。
砂漠にある水辺に近づくと2段構成のマップに入ることができ、そこに『イシス』が存在します。

ようやく『イシス』に到着。
街と城は別構成になっています、どちらが先…ということもないですが、まずは街の方に行ってみましょう。

『ピラミッド』の位置情報について。
ここ『イシス』から、まっすぐ北に進むと次なる目的地の『ピラミッド』です。

井戸の中には宝箱が1つあり、中身は『勇気100倍』という本。
使用するとキャラクターの性格が【いのちしらず】へと変化し、レベルアップ時に素早さと体力のステータスが伸びやすくなります。

一通り街を探索したら、次はお城へ行ってみましょう。
『ピラミッド』に関する、様々な情報を手に入れることができます。

いくつか入手できる『ピラミッド』の情報の中で、最も重要なものは子供達が何気なく歌っている歌詞。

3勇者
3勇者

『まんまるボタンは不思議なボタン、まんまるボタンで扉が開く』

『東の西から西の東へ、西の西から東の東』か…。
忘れずに、覚えておこう!

イシス城内には、情報だけではなく重要な装備品も隠されています。
入口脇の細い通路を進み…

その先の階段を下って地下に行くと、宝箱が1つ。
中には、装備した者の素早さを大幅に高めてくれる『星降る腕輪』が入っています。



本作『ドラゴンクエスト3』において、【素早さ】は重要なステータス。
…というのも、キャラクターの基本防御力は【素早さ】の半分の数値という仕様だからです。
つまり、【素早さ】が高ければ防御力が安定し、且つ敵に先んじて行動できるのです。

『星降る腕輪』を入手した後、呪いがかけられるような演出となりますが特に主人公達に悪影響は出ませんので、ご安心下さい。

これで『ピラミッド』に挑戦する準備は整いました。
『イシス』の女王に話しかけると、これまでの王様と同様にセーブができますので、記録はお忘れなく…。



次回攻略記事は、『ピラミッド』への挑戦です!

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました