【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 #22

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

トルネコはエンドール王からお店を開く許可を貰ったものの、肝心の建物を持っていません。売りに出されている店舗はあるにはありましたが、その価格は35,000ゴールド。
資金調達のため、『銀の女神像』の探索を行うことになりました。

『エンドール』から北東にある『女神像の洞窟』に向かうにあたり、1人では心許ないため、スコットロレンスという用心棒を雇うのがおススメ(特にスコット)。

トルネコ
トルネコ

ようやく『銀の女神像』を手に入れましたぞ!
これでお店が買えるぞ…

心強い(?)用心棒の存在もあり、無事『銀の女神像』を入手することに成功したのが前回でした。



エンドール(城下町)

早速『エンドール』に戻ります。
『銀の女神像』を欲しがってる富豪へ持って行くと、25,000ゴールドで買い取ってくれるので、店舗購入の資金に目途が立つことになります。

私の場合は、これまでコツコツ貯めてきた自己資金と合わせてこの時点で所持金が50,000ゴールドを超えました。
次に向かうのは、当然ですがお店を売りたがっていた老人の所です。

トルネコ
トルネコ

…これで、ようやく自分のお店が持てるのか…

所持金35,000ゴールド以上の状態で再び老人に話しかけ、代金を支払うことで、お店が正式にトルネコの物に。
これで晴れて、一国一城の主です。

トルネコにとって、正に悲願達成の瞬間です。
しかも『レイクナバ』ではなく、大都会『エンドール』での独立開業。
早速トルネコは、家族を『エンドール』へと呼び寄せます。

これまでトルネコを陰から支えてくれていた妻のネネも、喜んでくれている様子。
以降は、このお店を拠点として冒険を進めていくこととなります。

トルネコ
トルネコ

ここまで来るまで、色々あったなぁ、

キツネを懲らしめたり、『エンドール』と『ボンモール』を行ったり来たりしたり…

ちなみに…契約した用心棒は、約束の期日が到来するとパーティーから離脱します。
私の場合は、ここでロレンスとはここでお別れ。
トルネコのレベルも上がってきたので、その影響は最小限で済みそうです。

トルネコ
トルネコ

どうも、ありがとさん!

次に向かうべき場所は、『エンドール』の東にある『ブランカの洞窟』。
洞窟の中には老人が一人いるのですが、どうやら資金難のために、夢だったトンネル開通の工事が頓挫してしまった様子です。



ブランカの洞窟

老人は、トルネコ『自分の夢を継いでほしい』と依頼を持ち掛けてきます。
次なる目的は、60,000ゴールド以上を貯めてトンネルを開通させることに決定します。

トルネコ
トルネコ

60,000ゴールド!?

やっと35,000ゴールド集めたばかりだっていうのに…

再び、トルネコの金策がスタートします。
先程も述べたとおり、今後は『エンドール』の自分のお店が新たな拠点となります。

奥さんのネネが店頭に立って働いてくれるようになり、トルネコが持ち帰った武器や防具、アイテムを売ってお金に換えてくれます。

つまり…『トルネコが外で仕入れてきた品物を、ネネがお店で売る』という図式ですね。



エンドール(城内)

しかし…60,000ゴールドという大金を、普通に稼ごうと思ったら大変です。
もっと楽に儲けることができる話がエンドール王からもたらされるので、お城へと足を運んでみましょう。

その儲け話とは、出店のお祝いという理由からの注文です。
内容は、『鋼の剣』×7本・『鉄の鎧』×7着の納品です。

トルネコ
トルネコ

…シンプルにお金だけ頂けると、すごく助かるんですがね…

この『鋼の剣』と『鉄の鎧』の調達方法は自由。
実際の商売同様に他のお店から仕入れるも良し、はたまた倒した敵が落とすのを狙うのも良し…。

ちなみに、このエンドール王の注文を達成することで貰えるのは60,000ゴールド。
あのトンネル工事再開に必要な金額と全く同じです。
他のお店で買って集めるのが、最もてっとり早いのは言うまでもありません。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました