ドラゴンクエスト4攻略 #38

レトロゲーム
スポンサーリンク



今日のブログは頑張って2本更新と、気合が入っている浅見です。
明日から世間はお盆ということになるのでしょうが、私の働いている職場はちょっと特殊なので明日も明後日も、そして13日~15日まで出勤です。

しかし、肉体的&精神的な疲労は皆無なので、適度に力を抜きつつ頑張りたいと思います。
お客さんもほとんど来ないでしょうから、仕事中にブログ更新することも可能です…。

先程は、ドラゴンクエスト4のカジノの裏ワザということで記事を一本書かせて頂きました。
いつの時代も『裏ワザ』というキーワードは人気なようで、いつものプレイ日記よりアクセスの状況は良さそうです。

皆さんのお役に立てることを最優先で考えるなら、裏ワザに特化した記事を今後書いていくのも一つなのかなぁと考えています。

でも、それはそれ。これはこれ。
自分のやりたいこともやっていくのが、このブログの方針です。
ですから、ドラゴンクエスト4のプレイ日記今日も書きたいと思います。

導かれ者の一人であるトルネコを助けるため、主人公は大灯台へとやって参りました。
あろうことか、トルネコは大灯台の魔物退治を主人公達に押し付けてその場を去ってしまいました。



なんとか大灯台の最上階に辿り着いたのは、それからしばらくのこと。
ここのボスである灯台タイガーとの決戦です。

しかし、ボスとは名ばかりで灯台タイガーの強さはそこまでではありません。
むしろ、2匹いる『炎の戦士』が繰り出してくる全体攻撃(火の玉)の方が厄介でした。

ですが、レベリングを入念に行った主人公達の前に、彼らは屍と化しました。

邪悪な炎はこれで消え去りました。
その消えた邪悪な炎の代わりに、先程塔内で手に入れた『聖なる種火』を灯します。

大灯台に『聖なる種火』が灯されたことで、画面全体を包んでいた薄暗い雰囲気は一掃され、見るからに周囲が明るくなりました。
角膜修復中の私にはいささか眩しい画面となりましたが、ゲームの展開的にはこれがベスト。

大灯台での目的はこれで果たしましたので早速コナンベリーに戻り、トルネコに今回の件を報告。

4勇者
4勇者

おい、さっきはよく魔物退治を押し付けてくれたな!

と、心優しい勇者は言うわけもなく、トルネコからお礼を述べられます。

ここでトルネコが仲間に加わることに。



今のところはホフマンの方が戦力になっているので、トルネコはしばらく馬車での生活となりそうです。

トルネコが仲間になる。
それは、つまりトルネコが建造していた船を主人公達も使えるということを意味します。
と、いうことで出航!!

ここでトルネコが、次なる目的地をおススメしてくれました。

トルネコ
トルネコ

南のミントスの町には海に詳しい老人がいて、凄い地図を持っているって話です!

凄い地図…。
なんだか宝物の在処なんかが書いてありそうですね。
トルネコの薦めてくれた通り、まずはミントスの町を目指してみましょう。

トルネコに言われた通り、コナンベリーを出航して南に進んでいくと町が見えました。
恐らく、ここがミントスという所でしょう。

こちらの予想通り、ミントスの町でした。
例の『凄い老人』とはどこにいるのでしょうか?



ちょっと町中を探索してみましょう。

『凄い老人』を探しながら、町中を散策。
すると、『病に倒れた神官が宿屋にいる』旨の情報を入手。
神官…クリフトのことでしょうか?

 

広場のような所へ行ってみると、噂の『凄い老人』らしき人物を発見。
一体、具体的にどのように『凄い』のでしょうか?
詳細は次回、お届けしたいと思います。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。