ドラゴンクエスト4攻略 #39

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんばんは、浅見ヨシヒロです。
高校野球ですが、本日は我が福島県代表の聖光学院が地元・兵庫の報徳学園との試合に臨みました。



結果は残念ながら、2-3の惜敗。
今大会については初戦敗退となってしまいましたが、素晴らしい戦いを見せてくれたと思います。
胸を張って地元に帰ってきてほしいものです。

そんな青春真っ盛りの高校球児をテレビ越しで見ながら、本日の私はイベントで出勤しております。
イベントが始まってしまえば、あとはそれほど仕事がありませんので、その隙にブログを更新しております。

ドラゴンクエスト4。
前回はようやく船を手に入れ(トルネコも仲間に加入)、ミントスという街に到着しました。
トルネコからは『ミントスには凄い老人がいる』と教えられましたが、実際にこの地を訪れてみるとその他にも気になる情報を入手。

4勇者
4勇者

病に倒れた神官が、この街に逗留中らしいってさ。

当然ながら、主人公はその神官が誰なのかを知りません。
しかし、ここまでゲームを進めてきた私は、その神官について心当たりがあります。

まずは、トルネコが教えてくれた『凄い老人』なる人物と接触を図ってみましょう。

老人の名はヒルタン。
『海に詳しいかどうか』という選択肢に対して、安易に『はい』を選択したところ怒鳴られてしまいました。

何故ゲームには、こういう変な老人が多いんですかね?
ファイナルファンタジー4のテラといい、シドといい…

テラ
テラ

悪かったな!!

シド
シド

こんなジジイと一緒にするな!!

このような声がどこからか聞こえてきそうです。

これではストーリーが進みませんので、再び話しかけて選択肢で『いいえ』を選びます。
すると、『わしは海だけではなく世界に詳しいのだ』という強気のコメント。

何故かヒルタン老人に気に入られた主人公。
試練を受けることになります。

その試練とは、『商売において一番大切なことは何か?』という質問です。

4勇者
4勇者

(え、何だろう…お金かな?それとも経営者の資質?商品?分かんねぇよ…)

普段から無口な主人公は上手く答えられず、しばらく考えていると…



なんと急に、ヒルタン老人からお褒めの言葉が。
『沈黙は金なり』というのが、彼が求めていた回答だったようです。

4勇者
4勇者

悩んでたら、勝手に正解にしてくれたよ。ラッキー!!

主人公は、このように思ったに違いありません。

試練に合格したことで、ヒルタン老人から『宝の地図』を譲り受けました。
この地図には大きな✕印が書かれており、宝が眠っているのだとか。
じいさん、ありがとう!!

『凄い老人』との接触は無事果たしましたので、ずっと気になっていた闘病中の神官とやらの所へ行ってみましょう。
場所は…確か宿屋でしたね。

その宿屋に行く途中に街の人々に話を聞いていると、病を治す『パデキアの根っこ』の情報を入手。
そして、その『パデキアの根っこ』はこの大陸の東にあるソレッタという地で栽培されているようなのです。

闘病中の神官と、『パデキアの根っこ』。
なんだか、うまく繋がりそうな項目ですね。

 

宿屋に行ってみると、そこには見慣れたシルエットが。
やはり私の予想通り、闘病中の神官とはクリフトのことでありました。
ブライの姿も見えます。



しかし、どうしたことか、アリーナの姿が見当たりません。
ちょっと詳しく話を聞いてみましょう。

…ということで、今回はここまで。
今後は、このクリフトのために主人公達が一肌脱ぐ展開が待ち受けていることでしょう。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。