【ガイアセイバー】攻略 #0

レトロゲーム

これまでの【ガイアセイバー】の攻略記事一覧は、こちら

現在メインで進行中の【ナイトガンダム物語(スーパーファミコン版)】が、間もなくクリアの見込みです。
そのため、次に攻略するゲームを選ばなければなりません。

…ということで誠に申し訳ありませんが、私の独断と偏見により、次に攻略するレトロゲームは【ガイアセイバー】に決定しましたので、本日は概要紹介をお届けしたいと思います。

 

サブタイトル『ヒーロー最大の作戦』が何なのか、気になるところです…。

本作の概要について

本作は『バンプレスト』社から1994年に発売されたRPG。
同社から1992年に発売された【ヒーロー戦記】の続編的扱いシリーズとなっていますが、ストーリーに繋がりはありません。

ここで触れておかなければならないことが1点あります。
それは…本作に対する世間の評価が、【ヒーロー戦記】ほど高くはないということです。

攻略を進める上で明らかになっていきますが、その低評価に至る主な理由は雑なシステム設計にあると思われます。

そんな【ガイアセイバー】は、前8話のオムニバス形式。
作中では地球の人口や敵組織に危害を加えられた状況が数値で表示されますが、これによってエンディングが分岐する作りになっています。



【ガイアセイバー】に登場するキャラクター達

先程も述べたように、本作にはガンダム、ウルトラマン、仮面ライダーのキャラクター達が数多く登場します。
ここでは、本作で主に活躍するキャラクターについて紹介します。

アムロ・レイ

説明不要のガンダムシリーズでは、お馴染みのキャラクター。
このブログで進めている、【ナイトガンダム物語】にも登場していますね。
原作の通り、なかなか気難しい一面を持っています。

フィールドではガンダムに搭乗しますが、建物の中など狭い所ではこの画像の通り、プチモビでの戦闘参加。
信じられない話ですが、ニューガンダムには本作でほとんど乗りません。

ウルトラマンレオ

ストーリー冒頭で、連邦軍の基地『ジャブロー』は壊滅。
主人公(多分)のアムロも『ジャブロー』所属ですが、搭乗するF91(なぜかニューガンダムではない)の不具合によって窮地に追い込まれます。

そんなアムロのピンチを救うのが、ウルトラマンレオ
ウルトラマンゾフィーと共にジオン軍(ランバ・ラル)を撃退し、そのままアムロに同行します。

仮面ライダーアマゾン

仮面ライダーアマゾンは、第1話の途中から仲間に加入。
冒頭で仲間になるキャラクターとしては珍しく、その後も主力として活躍。
幾分耐久力に難があるイメージですが、その攻撃能力は見事の一言。

ちなみに私は、仮面ライダーアマゾンのテレビ放送をリアルタイムで見たことがありません(仮面ライダーブラックからかな…)。

マークハンター

本作におけるオリジナルキャラクターが、マークハンター
彼の職業は用心棒。
偉そうにしているだけあって、その腕は確か。



ガイアセイバーの戦闘画面

【ガイアセイバー】は、同時代に数多く出された他のRPGと比べて戦闘システムがちょっぴり特殊です。

まず挙げるのは、このブログで攻略した【ナイトガンダム物語】。
いわゆるドラクエ方式であり、主人公と敵が向かい合うオーソドックスなスタイルですね。

次に挙げるのは、【ファイナルファンタジー4】。
【ファイナルファンタジー】シリーズの多くは、このようにサイドビューの戦闘システムになっているのが特徴です。

それでは…【ガイアセイバー】の戦闘画面をどうぞ!
サイドビューのような形ですが、なんとなく分かりにくい印象です。
コマンド画面で表示されているのは、『ステータス』・『決定』・『退却』のみ。

先に挙げた他のRPGと違い、キャラクターに対してどのように行動を指示していいのか迷ってしまいますが、『決定』の部分でAボタンを押すと自動的に戦闘がスタートします。

細かい行動を指示したい場合は、十字キ―(下ボタン)を押して個別のキャラクターを選択。
ちなみにHPは、戦闘終了後に毎回全回復する仕様になっています。

以上が、【ガイアセイバー】の概要紹介でした。
【ヒーロー戦記】よりも評判が悪いということを書きましたが、実際にプレイしてみると、その理由がなんとなく分かるような気がしました。

所々が雑であり、不親切なのです。
とはいえ、この難ありな所もレトロゲームの魅力の1つです。
歯を食いしばって、クリアを目指していきたいと思います。



タイトルとURLをコピーしました