ドラゴンクエスト4攻略 #32

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんばんは、浅見ヨシヒロです。 ついに…とでも言うべきでしょうか、少しずつ目の調子も良くなってきているように感じます。



毎日2時間置きに点眼している目薬が、最近では心地良くもなってきておりまして『早く2時間経たないかな』とさえ思っております。

4勇者
4勇者

ゲームもいいけど、目もほどほどにな…

暑い日が続いておりますが、今日もドラゴンクエスト4のプレイ日記を更新していきたいと思います。宜しくお願い致します。

前回は、主人公である勇者が廃墟と化した故郷を旅立ち、最寄りのブランカのお城に到着したところで終了となりました。

お察しだとは思いますが、一人旅は心許ないもの。
ブランカ城周辺でレベル上げを行ったら、ぼちぼち仲間となるべき『導かれし者』達を見つけていきましょう。

ブランカの城内では、前章で主人公を務めたマーニャとミネアについての情報を入手することができます。

『エンドールに、よく当たる占い師が来ているそうだ』…これは、ミネアのことですね。
彼女達は、第4章のラストでキングレオから船でエンドールに落ち延びましたね。

次の目的地は、【マーニャ】と【ミネア】が待つ『エンドール』です。



『エンドール』は、ブランカから見ると西方に位置しています。
トルネコが第3章で開通したトンネルのお陰で、両国の行き来が可能になりました。

トルネコ
トルネコ

私は、『陰の立役者』ということになりますね!

レベル上げもそこそこに、装備を整えたら…いざ、『エンドール』に向けて出発!!

トルネコによって開通した、例のトンネル。
儲けて私腹を肥やすのではなく、剰余金を公共事業へ投資するなんて…。
ルネサンス時代のメディチ家も、ビックリの功績ではないでしょうか!!

トンネルに入りますと…当然ですが、第3章の時と同じ風景。
よくよく考えると、1~5章の場面がリンクした最初の瞬間ということになりますよね。
オムニバス形式の特徴がここで発揮されました。それにしても、懐かしい。

トルネコにトンネル事業を託した(ぶん投げた)、例の老人は相変わらずここにいました。
『トルネコに会ったら、心配していたと伝えてくれ』と言伝を頼まれます。

4勇者
4勇者

はい、伝えておきます。

そのうち、会うでしょうから。

トンネルを抜けたら、西に進んで『エンドール』を目指しましょう。
お城は、もうすぐです。

ようやく『エンドール』へ到着。
レベル上げをしたつもりでしたが、一人旅は苦しい戦いの連続でした。
早速、【マーニャ】と【ミネア】を捜しましょう。

ここ『エンドール』では、【マーニャ】と【ミネア】は別々に行動しています。
スムーズに仲間にしたければ、【ミネア】→【マーニャ】の順に会わなければなりません。



カジノにいる【マーニャ】に先に会いに行くと…

【マーニャ】はカジノに夢中で、主人公など眼中にありません。

マーニャ
マーニャ

負けた分を取り戻して、妹のミネアをビックリさせてやるんだから!!

肝心の【ミネア】がいる場所は、トルネコのお店の近く。

話しかけてみると、【ミネア】は主人公のことを占いの客だと勘違い。

ミネア
ミネア
占いはいかがですか?
10ゴールドで、あなたの未来を見てさしあげましょう。

素直に10ゴールドを払うと…
【ミネア】は主人公のことを占っている最中に、目の前の人物こそが自分達が探している勇者であることに気付きます。

ミネア
ミネア

も、もしや…あなたは勇者様!

 

導かれし者。
今、その内の一人である【ミネア】が勇者の仲間となりました。
回復役の加入により、冒険が楽になりますね。

【ミネア】が仲間に加わったら、次は【マーニャ】の番。
【ミネア】を伴った状態で話しかければ、遊び人の【マーニャ】も仲間に加入してくれます。



(次回へと続く…。)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました