【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 ボンモール北の村(#19)

ドラゴンクエスト4

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

本日も【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略記事を更新していきたいと思います。
宜しくお願い致します。

トルネコ
トルネコ

ほっほ…。

では、今日も稼ぎますかな!

レイクナバ

前回は『レイクナバ』に住むトムじいさんにフォーカスが当たった内容でした。
トムじいさんは長い間、息子が無事に『レイクナバ』に帰ってくることを願っていました。

一方…その息子はというと、トルネコが訪れた『ボンモール』の地下牢に囚われていました。
ここでトルネコは同郷の誼ということで、男性の脱獄を支援。
そのお礼に、トーマスという犬を借りることが可能になりました。

トーマスの力を借りることで、膠着気味だったストーリーが一気に動き始めます。
ます手順としては、トーマスを連れた状態で『ボンモール北の村』に向かいましょう。

トーマスを連れていけば、犬が弱点と言われているキツネを懲らしめることができます。
『ボンモール北の村』でキツネを懲らしめることで、結果的にトルネコは『エンドール』に行くことが可能となります。

トルネコ
トルネコ

この風貌で犬を連れて歩くと、西郷隆盛に間違われそうですな…。

…ということで、まずは『ボンモール北の村』へ移動します。



ボンモール北の村

トーマスを連れた状態で、『レイクナバ』から南下して『ボンモール北の村』へ。
キツネ達が住む『ボンモール北の村』に到着するや否や、早速トーマスはキツネたちに対して吠え掛かるイベントが自動的に発生します。

トーマスはキツネを追い散らしながら、『ボンモール北の村』の中を駆け回ります。
一方…犬が大の苦手であるキツネ達は、てんてこ舞いの状態。
『ボンモール』で入手した情報は、間違っていませんでしたね。

個人的な話ですが…私も犬が大の苦手です。
幼少時代に放し飼いになっていた近所の犬に噛まれて以来、大人になった今でもどうしても好きになれません。

これまで散々人間達にイタズラを繰り返してきたキツネ達は、すっかり反省した様子。
奥の建物に入ると、トルネコに対して謝罪をしてきます。

トルネコ
トルネコ

よしよし、もうイタズラはするなよ!

ここでキツネを許してあげると、助けてくれたお礼に『鋼の鎧』が貰えます。
かつて『ボンモール北の村』では偽物の『鋼の剣』が売られていましたが、こちらは本物のようです。

トルネコ
トルネコ

これを『ボンモール』に持っていけば、高く売れるかも!!

トーマスの大活躍により、ストーリーは大きく動き始めます。
この『ボンモール北の村』には建築家ドン・ガアデという人物が滞在していたのですが、キツネが化けていた踊り子に長い間たぶらかされておりました。

建築科として名高いドン・ガアデが正気に戻ったことで壊れていた橋が直り、『エンドール』へ向かうことが可能となるのであります。

トルネコ
トルネコ

男という生き物は、夢から覚めてしまえばなんとも虚しいものだ…。

私にはネネという愛妻がいますからな…。

商人には、信用が求められます。
一刻も早く『ボンモール』や『エンドール』に向かいたい所ですが、まずはトーマスを返すために『レイクナバ』へ戻りましょう。

トルネコ
トルネコ

トーマス、ありがとう!

お陰で助かったよ!

無事トーマスを返却したら、次は改めて『ボンモール』へ。
女性に弱い建築家ドン・ガアデでしたが、仕事の腕は確かようで壊れていた橋は早くも復旧しています。



ボンモール

『ボンモール』に到着すると既にドン・ガアデは仕事を終えていました。
『ボンモール』と『エンドール』の国境にあった橋は見事に修復され、二国間の行き来が可能な状態になっています。

直ったばかりの橋を渡って、次は南にある『エンドール』へ向かいましょう。
既にアリーナは別の地へと旅立っていますが、トルネコにとっては念願である独立のチャンスが待っています。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました