ドラゴンクエスト4 #17

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんにちは。
最近出張やら、緊急の武豊トークショー記事投稿やらで、すっかりとドラゴンクエスト4のプレイ日記がご無沙汰になっておりました。



リアルタイムでは、先日お知らせした通りデスパレスを経てアッテムト鉱山に臨む直前まで進んでおります。
現在の勇者のレベルは34。
これが適正なのかどうかは分かりませんが、レギュラーメンバーであるクリフトのレベルが間もなく上がる見込みなので、それからエスタークに挑戦したいと思っています。

それでは、プレイ日記の更新をしていきます。
舞台はリアルタイムの現在から遡って、第3章です。

レイクナバの北にある洞窟で発見した『鉄の金庫』を持ち帰りたい、トルネコ。
しかし、ここには罠が仕掛けてありまして、宝箱から『鉄の金庫』を取り出すと部屋の出入り口が閉ざされてしまいます。
このままでは、持ち帰ることが出来ません。

思いつきました。
たしか、この部屋に来る途中、通路に岩があったはずです。
その岩を『鉄の金庫』の代わりに宝箱に戻せば、この仕掛けを回避できるはずです。
早速岩を持ってきましょう。

『鉄の金庫』の代わりに岩を宝箱へ入れることで、無事罠を回避することに成功しました。

無事洞窟より帰還したトルネコ。
なんとなく、一端の商人となってきたような気がします。
雇われ店長を続けるのも流石に飽きてきたので、トルネコはレイクナバを南下し、旅に出ることに。



少し南に進んでところで集落を発見。
入ってみましょう。

村に入って情報収集。早速、村人Aに話しかけてみます。

『この辺りには、人を化かす狐がいるそうです。気を付けてください。』

今時、狐なんているわけないでしょうに…。

そう思った私ですが、ここでトルネコの状態について思い出します。
北の洞窟からレイクナバに寄らず、直接ここまで来てしまったためHPが若干心配な状況に。
とりあえず、村内にある宿屋で一泊することに。



するとどうしたことでしょう…
一夜明けてみると、昨日まで村だった場所が跡形もなく消えてしまいました。
つまり、トルネコが前日に接した村人達が狐だったというわけです…。

狐に騙されたとはいえ、特に実害が無かったトルネコは更に南へ。
するとお城が見えて参りました。
さすがに、もう狐はいないでしょう。

お城に到着。
ボンモールという地名のようです。

ボンモールの宿屋において。
またもやここで人を化かす狐の話。
狐については、犬を連れて行けば退治できるそうです。
特に被害を受けたわけではないのですが、犬の情報は念のため覚えておきましょう(後々役に立つことに)。

情報を集めていると、城内の牢屋にレイクナバ出身者がいるのだとか。
顔見知りかもしれないので、後で行ってみましょうかね。

レイクナバや狐の集落と比べると、やはりお城のあるボンモールは都会。
有益な情報が次から次へと入ってきます。

ここから更に南にいくと橋があるのですが、今は壊れていて通れないとのこと。
建築家の ドン ガアデ という人物であれば直すことができそうなのですが。

また、ボンモールでは防具が不足している模様。
トルネコが商人ということもあってか、防具を売ってほしい様子。
これは一儲けできそうな予感ですね。

そして、ゆくゆくは独立を狙っているトルネコにとって極めて耳寄りな情報が。
なんと…エンドールにお店を売りたがっている老人がいるとのこと。

必要な資金を集めれば、自分のお店が持てるかもしれません。

色々と情報を入手した、トルネコ。



最後に会った人物は、なんとこのボンモールの王子なのですが、何やら密かにトルネコに話したいことがあるようで、夜に武器屋の裏で落ち合うことになりました。

とりあえず、まだ夜まで時間があるのでボンモールの牢屋に行ってみることに。
レイクナバ出身の男…とのことでしたが、一体どのような人物なのでしょうか?

今回は、ここまでとします。
次回へと続きます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。