ドラゴンクエスト4 #3

レトロゲーム
スポンサーリンク

愛する妻・フレアの『ぱふぱふ』により、記憶を取り戻したアレクスから子供達の失踪に関する重要な情報を入手した時点で前回が終わっておりました。
本日は、その続きからということになりますね。



さっそく、入手した情報の場所に行ってみましょう。
まず基準になるのは、この看板でしたね。

…で、アレクスの情報が正しければ、この看板から『村の立札から、南に4歩、東に4歩』のポイントに何かがある…ということになりますね。

立札から南に4歩、東に4歩進んでみますと…
開けた場所に入ることができました。

失踪した子供達は、この辺りを遊び場所にしていた模様です。

しばらく進んでいきますと、なにやらライアンを呼ぶ声が。
先に進むと、井戸がありました。
『こっちへ おいでよ…』

うーん、冷静に考えてみるとなかなかホラーな展開ですね。
今なら『貞子か!?』というツッコミができるのでしょうが、当時は『リング』が映画化されてはおりませんでしたから、何も考えずに井戸を調べたことでしょう。

井戸を調べてみると、ライアンは井戸の中へ。

謎の声の主は親切で、ライアンが進むべきルートを誘導してくれます。
ルートが間違っている場合は、
『そっちじゃないよ』とまで、アドバイスしてくれます。
一体、この声の主は誰なのでしょうか?

 

この井戸の中は存外広いようです。
この地方の人々の飲み水や生活水を一手に担っているのでしょうか?

その広い井戸の中を進んでいきますと、今後のカギを握るであろう重要なアイテムを入手。
その名も『空飛ぶ靴』。

この靴を使った子供達が、神隠しにあったようにどこかに飛んでいってしまったのでしょうか?

そしてずっと頭にひっかかっていた、謎の声の主が判明。
『空飛ぶ靴』を入手した後に別ルートを探索しておりましたら、なにやら人間ではないシルエットの生き物が。
見たところ、ホイミスライムのようです。



これが、かの有名な『ホイミン』であろう…と現代を生きる我々は分かるのでしょうが、当時このゲームをプレイしていた少年たちは驚いたことでしょう。
なんせ、これまでのドラクエでは

『モンスター=敵』

という構図がしっかりと確立されておりましたから、とてもこの後仲間になるなどとは予想外のことだったでしょう。

このホイミスライム…自称『ホイミン』の夢は人間になること。
ライアン達人間と行動を共にすれば、その夢が叶うのではないか…と考えたホイミンは、仲間にさせてほしいと願い出てきます。

戦士であるライアンは、当然ですが魔法が使えません。
回復する手段は薬草しかなく、ホイミを使える仲間の存在は心強い限りですから当然ここは『はい』を選択。
めでたく、ホイミンが仲間に加わりました。

しかし、ホイミンはライアンと違ってレベルの表記が『?』となっております。
いくら戦闘を経て経験を積んでも、レベルが上がることはありません。

また、別記事『ドラゴンクエスト4 #0』でお話しした通り、本作の仲間キャラはAIによって、自分で行動します。

今回新たに仲間に加わったホイミンは、こちら側の体力が減ってきた段階でホイミを唱えてくれますが、レベルが上がらないためMPにも限界があるわけで、そのあたりの兼ね合いが気になるところではあります。

さて、『空飛ぶ靴』を入手したライアン。
次はいよいよ、失踪した子供達の居場所を突き止める段階となりました。

以前、『何か、おかしな靴で遊んでいたら空に飛んで行った』という情報を入手したライアン。
恐らく、今回入手した『空飛ぶ靴』を使えば何かが起きるということでしょう。

念のため、イムルの村周辺で、若干レベリング(レベル上げの作業)を行い、できるだけ薬草も所持したところで『空飛ぶ靴』を使用してみたいと思います。
これで物語は更に大きく動き出すことでしょう。

次回に続きます…。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。