【ドラゴンクエスト2(スーパーファミコン版)】攻略 #4

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト2(スーパーファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

3人目のパーティーメンバーである、ムーンブルクの王女(ムーンブルク)が仲間に加わりました。

ムーンペタ

ハーゴンの呪いにより犬にされ『ムーンペタ』を彷徨っていたムーンブルクでしたが、『ラーの鏡』の力によって人間の姿に戻ることができましたね。

新たな冒険の舞台へと進むため、今回の【ドラゴンクエスト2(スーパーファミコン版)】の攻略は、『風のマント』入手と『ドラゴンの角』の突破を目指します。

『風のマント』入手にあたり、まずは仲間に加わったムーンブルクの状態を確認。
レベルは1で装備も貧弱であるため、まずは『ムーンペタ』で準備を整えましょう。

装備を整え、ある程度までムーンブルクのレベルを上げたら出発。
次の目的地は『風のマント』がある『風の塔』です。

『風の塔』は『ムーンペタ』から南東の方角にありますが、簡単には行けません。
まずは『ムーンペタ』を出発して北東を目指し、やがて見えてくる橋を渡って南に進んで行きましょう。

 

南下を続け…更に橋を渡って、砂漠を越えると『風の塔』が見えてきます。

想像以上の長距離となるので、『ムーンペタ』を出発する際には入念に準備をしておくことをおすすめします。



風の塔

『風のマント』が眠る、『風の塔』に到着。

『風のマント』は最上階ではなく、2階にあります。
そのポイントへ辿り着くための正解ルートは、1階の外周付近にある階段です。

『風の塔』内部を一旦5階まで上がって行きましょう。
間違って塔から落ちてしまうと、最初からやり直しになってしまうのでご注意を…。

ストーリーを進めるための重要アイテム『風のマント』を入手。
また…この塔の最上階(8階)にはMPを回復できる『祈りの指輪』もあるので、余裕があれば入手しておきたいところです。

『風のマント』を手に入れたら、次は『ドラゴンの角』を目指します。



ドラゴンの角

『ドラゴンの角』に向かうには、『風の塔』から一旦『ムーンペタ』に戻りましょう。
出発の準備を整えたら、『ムーンブルク』の城の更に西を目指します。

しばらく西進を続けていくと、海を挟んで立つ祠が見えてきます。

祠の中には神官が1人いるのみ。
すぐ向こう岸に渡れますが、この部屋の壁には鍵のかかった扉が1個隠れています。
今はまだこの扉を開けることはできません。

階段を昇って、向こう岸へ。
『ドラゴンの角』を目指し、北西の方角へどんどん進んでいきましょう。

しばらく進むと、海を挟んだ2つの塔『ドラゴンの角』が見えてきます。
『ドラゴンの角』とは、並び立つ2つの塔の名前。
まずは南側にある方の塔から攻略スタート。

『ドラゴンの角』の構造自体は、『風の塔』と違ってシンプル。
基本的には階段を次々に昇って、最上階である6階を目指すだけです。

最上階(6階)に辿り着いたら、『風のマント』を装備しましょう。
『風のマント』を身に着けた状態でここから飛び降りることで、向こう岸に渡れます。

向こう岸に渡ることに成功したら次の目的地『ルプガナ』を目指したいところですが、その前に北側の『ドラゴンの角』に入りましょう。

北側の『ドラゴンの角』の3階には、『あまつゆの糸』が落ちています。
強力な防具の材料となるアイテムなので、この機会に入手しておきましょう。

ちなみに…宝箱に入っているわけではなく、床に落ちている状態です。
足元を調べなければ、見つけることができません…。

これで『ドラゴンの角』でやるべきことは終了。
北側の『ドラゴンの角』から北東方面に進み、次は港町『ルプガナ』を目指します。

この町でのイベントをクリアすることで、ついに船を手に入れることができます。



ルプガナ

港町『ルプガナ』では、先程も述べた通り船を手に入れることができます。
そのためには、この町の中で魔物に襲われている女性を助ける必要があります。

HPの回復や装備の新調など準備が整ったら、町の北西部へ移動。
すると、魔物に襲われている女性救出のイベントが始まります。

ここで戦う相手は、2匹のグレムリン

『火の息』や敵の唱えてくる『ラリホー』が決まり出すと厄介です。
『ラリホー』や『マホトーン』が有効なので、それらを使いながら1匹ずつ着実に倒していきましょう。

女性を無事に助け出すことが出来れば、そのお礼として船が手に入ります。
以後は冒険の舞台が格段に広がることとなります。

ストーリーを進める順番などは存在しませんが、ひとまずは東にある『アレフガルド』に向かうと良いでしょう。

『アレフガルド』は言うまでもなく、【ドラゴンクエスト】の舞台。
『ラダトーム』や『竜王の城』がプレイヤーを待ち受けています。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました