天外魔境ZERO攻略 #15

レトロゲーム
スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。
2019年が始まって本日で四日目となりますが、本ブログは本日からまた再稼働致します。



年末年始休暇中は、ゲーム三昧の日々を過ごしてしまいました。
そのお陰で、頭の方は恐らく今日は機能しないでしょう。
リハビリ期間が必要かもしれません…。

そんな私の錆びついた頭も、ゲーム脳に関してはキレッキレ。
『天外魔境ZERO』を進めていきたいと思います。
改めまして、今年も宜しくお願い致します。

鶴国の攻略に着手した前回、ヒガンやスバルの奥義や巻物を回収しつつ、ストーリーを進めて参りました。
歩くスピードが遅くなる砂漠は、ネズミさんの力を借りて素早く移動しましょう。

 

次に向かうのは、ネズミ村から西に存在する酒村。
因みにネズミさんは一度降りて町などに入ってしまうと、元の『ネズミ村』に帰ってしまうのでご注意を…。

 

この酒村は名前の通り酒造りで賑わっていたのですが、鶴国を襲っている砂漠化の影響により現在は壊滅状態。
住む家を失った人々は、一ヶ所に集まっての共同生活を強いられています。

そんな人々が頼りにしていたのは、鶴国に住んでいた火の一族、テンジン。
しかし、テンジンは地獄の軍団としてこの鶴国を支配しているサラによって砂の像にされてしまいました。

 

目下のヒガンの目的は、テンジンを元の姿に戻して仲間に加えること。
酒村の周囲に住む仙人の情報を取得し、攻略を再び進めて参りましょう。
ただしイカヅチ仙人に関しては、鶴国クリア後でなければ会うことはできません。

 

さて、先程話の中に登場したテンジン。
実は砂の像にされて、この酒村にサラの手によって展示されています。

中に入るとサラの居城が展示されているのですが、奥に進むことで張本人のサラが登場してイベントが始まります。
なお、この段階ではサラとの戦闘は無いのでご安心下さい。

スバル
スバル

ヘンなオバちゃんだね。

ねっヒガン…。

ヒガン
ヒガン

(そういうことは、本人がいなくなってから言った方がいいぞ…)

 

 

火の一族であるテンジンを自身のコレクションに加えたことで、大満足のサラ。



ソフトの箱や説明書にもイラストが記載されているのですが、サラの言う通り美形。
満足する気持ちも、分からないではありませんが…。

砂の像にされたのはテンジンの他に、うつくし仙人のビナンと女性が一人(後に『ちとせ』という名であることが分かります)。
三人を元に戻すには、酒村の北にある『さざなみ洞』の『いのちの水』が必要。

 

『さざなみ洞』へ向かう前に、まずは酒村周辺(村から北西)に住む仙人から巻物をもらっておきましょう。
会得できるのは、『魔除』の術。

 

一通り準備を整えたところで、『さざなみ洞』へ。

ヒガン
ヒガン

何度も言うようだけど、『さざなみ洞』は酒村の北にあるぞ。
砂漠を歩くと時間がかかるから、ネズミに乗った方がいいぜ!

(俺はレベル上げを兼ねて徒歩で行ったけど…)

この『さざなみ洞』は、普通のダンジョンではないことをまずお伝えしておきましょう。
『ファイナルファンタジー6』とまではいかないまでも、一部制限時間の付くエリアが存在するからです。

どういうことかと申しますと、水の中を潜っていくエリアがある…ということです。
当然水の中では呼吸が出来ませんから、決められた時間の内に潜水エリアを踏破せねばなりません。

しかし、心配はご無用です。
火熊国の氷牙城で『かんじき』を売ってくれた、親切オミネさんがここでも登場。
潜水の制限時間を5秒プラスしてくれる『くうきぶくろ』を販売してくれます。

ヒガン
ヒガン

『くうきぶくろ』が無くてもクリアは可能だけど、確実に進めるためには購入することをおススメするぞ。

5000両はちょっと痛いけど…

 

 

問題の潜水エリア。
ちなみにこのエリアでは敵が出現しないので、時間内に突破することに集中しましょう。

スバル
スバル

失敗すると最初に戻されて、おまけに1000両失っちゃうからね!

潜水エリアは一ヶ所ではありません。



途中の宝箱も回収しつつ、確実に進んでいきましょう。

 

最終地点。

『いのちの水』を入手することに成功。
しかし、来た道を同じように潜水して戻らなければなりません。
途中で失敗すると、最初からやり直しになって『いのちの水』も失ってしまいますので慎重に…。

 

この『いのちの水』を使うことで、火の一族・テンジンを仲間に加えることができます。
早速酒村に戻りたいところですが、『さざなみ洞』から西に進むと鶴見神社があるので、そちらに向かいましょう。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。