SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #4

レトロゲーム
スポンサーリンク

強敵の海賊(ハイザック)を撃破し、無事に『ルナツー』に到着したナイトガンダム達。




街中で情報を集めていると、海賊の次には盗賊退治が待っていそうな雰囲気。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

今度は盗賊かよ…。

忙しいね…。

一行はサタンガンダム討伐を前に、まずは各地域の治安の安定を図る意味も込めてまずは盗賊退治に向かうことに。

目的地は文字通り『盗賊の村』。
港町『ルナツー』の真東という、非常に分かりやすい所に位置しています。
自警団等の存在は定かではありませんが、『どうせ俺達を取り締まる奴なんていない』と高を括っているのでしょう。

…ということで、早速『盗賊の村』に潜入。
しかし、入り口には見張りがおりました。

いきなり『仲間になりたいのか?』との質問があり、選択肢が出現。
結論から言うと、ここではどちらを選んでも村には入れません。

 

仕方なないので、ここは一旦村に入ることを諦めることに。
次に向かったのは、『ルナツー』から南東にある『マハルの村』。
『盗賊の村』からは、真南に位置していますね。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

『押してダメなら引いてみる』ってね!

 

ここ『マハルの村』では、ナイトガンダムたちの石板を奪ったシャアについての情報が入手できます。
未だに彼の目的は、掴めていません。

 

そして、ファーストガンダム原作のファンにはお馴染みのララァが登場。
原作通り、シャアと大きな関わりを持っているようですが…。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

まだアムロが出てきてないんだけどね~…

『盗賊の村』で進展が見られないため、他の箇所で情報取得を計ろうと立ち寄った『マハルの村』でありましたが、ここでも決定的なものはつかめず…。




ということで、更に南下を続けることに…。

すると、なにやら祠のようなもの発見。
あまり期待しないで近くに寄ってみると…

扉がありましたが、どうやら鍵がかかっていて入れそうにありません。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

なんとなく、手詰まりの予感…

南下を続け、海に突き当たってしまったので、次は西方向に進む他ありません。
西進し、更に海に突き当たったところで今度は北へ。
すると、大きな街を発見することができました。

街の名前は『フォン』。
原作に登場する『フォン・ブラウン』が由来なのでしょうか?

しかし、ここも規模が大きいだけで『盗賊の村』に関する情報を取得することはできませんでした。

完全に手詰まりです。
実は前回の『SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版) #3』にて触れた通り、海上で戦ったハイザックとの勝敗結果がここで大きく影響してきます。

あの戦闘は勝つことも可能ですが、負けるのが正解でした。

あそこで負けるとナイトガンダム達は盗賊の牢屋に囚われ、そこにアムロが救出に来るという展開を迎えるのですが、勝ってしまうと『盗賊の村』への入り方はノーヒント。

つまり、今の手詰まり状態に陥ります。

そこで私は、幼少時代の記憶を頼りに『盗賊の村』に侵入する、隠し階段を探し当てることに成功。
私のように手詰まりにかった方は、次の画像を参考にストーリーを進めて下さい。

 

負けた場合と違い、地下の牢屋にはアムロが囚われています。

アムロ
アムロ

牢屋のカギを開けてくれませんか…

アムロを救出することで、仲間に加入。
ただし、この時点でアムロのレベルは低いので多少のレベリングをお勧めします。

アムロ
アムロ

私も旅のお供をしましょう。

地下牢を経て、『盗賊の村』への侵入に成功。

『盗賊の村』を治めているのは、『黒い三連星』。
なるほど、ジェットストリームアタックですね!

この『盗賊の村』には、三種の神器の一つである『炎の剣』が隠されているそうです。
『ルナツー』で仕入れた情報通りですね。

『炎の剣』が隠されている建物には、見張りの兵士が一人います。
普通に話しかけても入ることは不可能なので、兵士の奥さんに事前に話しかけることで立ち去らせます。

 

これで邪魔者はいなくなりました。
建物の中にある宝箱の中に『炎の剣』があることは間違いありません。




しかし、ナイトガンダム達が宝箱に近づくと…ここで『黒い三連星』が現れます。

当然ですが、ボス戦開始。
しかし、彼らはジェットストリームアタックを繰り出すことも無く、ナイトガンダム達の前に颯爽と敗れ去っていきました。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

3人なのに1人の扱いだから、至って簡単な戦闘だった。

 

…ということで、めでたく『炎の剣』を入手することに成功。
三種の神器ということもあって、高い性能を誇ります。

三種の…と言う位ですから、ナイトガンダム専用の装備品は残り2つ。
なんと、少し前に訪れた『マハルの村』に、残りの神器の1つである鎧があるそうです。

休む暇も無く、一行は『マハルの村』へ戻ることに。
村長に入手したばかりの『炎の剣』を見せると、あの鍵がかかっていた南の祠に伝説の鎧が保管されているのだとか。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

『マハルの村』にあるわけではないんだね…。

 

そして、肝心なのは祠の扉を開ける鍵。
その鍵を村長が持っているのは持っていたのですが…折れていて使えないという、衝撃の結末。

アムロ
アムロ

鍵くらい、直しておけや…

このカギをどうにか修復しなければ三種の神器を揃えることは出来ず、サタンガンダム討伐もままなりません。

鍛冶屋さんに、随分前に会ったことがあるような気がするんですが…
それを思い出しながら、今回の記事は閉じたいと思います。




(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。