【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】攻略 #16

レトロゲーム
スポンサーリンク

これまでの【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】の攻略記事一覧は、こちら



第16回目の今回は、『ジーファ市』の南に広がる『密林』から攻略を始めたいと思います。
その舞台の名前のとおり、このエリアのボスはかつて仮面ライダーアマゾンの前に立ちはだかった十面鬼です。

宝箱を回収しながら『密林』を中を進んでいくと、やがてテロリスト達のアジトらしき建物が見えてきます。
門番は…ショッカーの戦闘員のようですが…。

どうやら、ショッカーの戦闘員達は路頭に迷っていたところを、ゲドン(原作でアマゾンが激戦を繰り広げた悪の組織)に拾われたようです。



しかし、そんな事情は全くこちらには関係が無いので、Aボタン連打でサクッと倒してしまいましょう。

戦闘員達を倒すと、用心棒風の男が登場。
…が…男は戦いを仕掛けては来ず、右に立っていた木を切って自分の実力をアピールする謎の展開が繰り広げられます。

怠い展開はまだ続きます。
ここで聞き覚えのあるギターの音色が流れ始め、早川 健(怪傑ズバット)の姿をしたV3(風見 志郎)が再び登場。

実力は確かなV3(風見 志郎)ですが、扱い方が少々面倒。
志郎もすぐには戦おうとせず、左の木を切って用心棒風の男に対抗し始める始末。

ここでV3が加入した状態で、戦闘員達と再びバトル。
勿論ですが、Aボタンを連打するだけで瞬殺可能です。

用心棒風の男は目の前の相手がZEUSだと知らなかったようで、戦わずにアジトの中へと逃げて行ってしまいます。

志郎調査によると、飛鳥 五郎を殺したのが十面鬼の可能性が高いとのこと。
音程に難のある志郎ですが、ここでパーティーに加入。
実力は申し分ないので、心強いですね。

V3をパーティーメンバーに加え、『テロリストのアジト』への潜入を開始。
宝箱を回収しながら、奥へと進んで行きましょう。

なお…このダンジョンにはシルヴァーカネゴンという敵が登場します。
シルヴァーカネゴンは他の敵よりも多めに経験値を持っているので、遭遇したら積極的に倒しておきたいところです。

セブン
セブン

レベル上げには、もってこいの相手だ!

『テロリストのアジト』最奥で待ち構えていたのは、先程の用心棒風の男。
…というか、待ち構えていたというよりも逃げ場を失っていただけなのですが、ここでボス戦です。

用心棒風の男の正体は、モグラ獣人
特に苦戦を強いられる相手ではありませんが、数ターン経過すると戦闘は強制終了。

ZEUS相手に勝てないことを早々に悟ったのか、モグラ獣人は早々に降参。
これまでの敵と比べて根っからの悪人ではないようで、ZEUSに対して十面鬼のいる場所まで教えようとする始末。

さっさと十面鬼の居場所を教えればいいものを、長々と話し続けるモグラ獣人に業を煮やした光太郎は一喝。



『ROMの容量のことも考えろっ!』
レトロゲームの抱える課題を、登場人物の側から提起してくれています。

光太郎に怒られたことで、話を本題に戻すモグラ獣人
あまりにも軽い対応を取るので光太郎モグラ獣人を疑いますが…結論からいうと裏切らずにきっちり十面鬼の所まで案内してくれるので、ご安心を。

この後はモグラ獣人の案内を受けて、ひたすら先へと進んで行く展開。

このダンジョンのボス、十面鬼のいるポイントに到着。
十面鬼は裏切ったモグラ獣人に怒りを爆発させ、彼を抹殺しようとしますが…

GSアムロ
GSアムロ

…どうでもいいけど、十面鬼のサイズ感がおかしくないか!?

先程まで疑っていた光太郎ですが、裏切らずに最後まで案内してくれたモグラ獣人十面鬼の攻撃から助けて見せたのです。

十面鬼とのボス戦がスタート。



1ターンに複数回行動してくることもあるので、セブンは常にリライブ光線を使っての回復役に専念しておくと安心。

GSアムロ
GSアムロ

…だから、十面鬼のサイズ感がおかしいって…

小顔すぎるだろ…

この戦闘が終わるとV3は再び離脱するので、彼に関してはTPを惜しまずに必殺技を使って大ダメージを与えていきましょう。
十面鬼の撃破は、すぐそこです!

(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました