カブキロックス #7

レトロゲーム
スポンサーリンク

『カブキロックス』

こんにちは、すっかり年度末となりました。
3月も今秋一杯で終了し、来週の今頃は言いようのないあの緊張感を漂わせる新年度というヤツが始まってしまいますね。
幸か不幸か、私は異動等はありませんでした。また一年間同じような仕事に勤しむことになりそうです。
新たな環境を迎える方は、無理しない程度に頑張って下さい。

さて、今日もカブキロックスのプレイ日記を更新して参りましょう。

【プレイ日記】
『魔の山』の頂上にて、噂の『じらいや』と初対峙。
どう見ても友好的な関係性を築けそうにない、会話の内容ですね。

『みぐるみ脱いでいきやがれ』とのじらいやからの恐喝に対して、当然ここは『いいえ』を選択。
子供に舐められてはいけませんね。

と、いうことで戦闘開始。
大人の世界の厳しさというものを教えてあげなければなりませんね。
それこそがレトロゲーマーの一つの使命です。
ただし、相手はじらいや本人ではなく帰る三匹。

実にアッサリとカエル三匹を倒し、『じらいや』を本格的にこらしめようとしましたら、『仲間になってやる』とのこと。
なんて偉そうなガキなんだ…

偉そうな態度が癪に障るところなのですが、仲間は一人でも多い方が良いので加えてあげることに(実際、後々ロックはじらいやに助けられることになるのです)。

しかし、偉そうなことを言っていた割には『じらいや』、弱いですね。
さすがカエルに戦わせていただけある。

さて、気を取り直して下山に移りましょう。
一向は無事に『魔の山』を抜けることが出来ました。

しばらく進んでいきますと、街が見えてきました。
ここが、甚五郎さんが言っていた『四布町』でしょうか?

ビンゴ!!
到着した街は、予想通り『四布町』でありました。
甚五郎さんはどこでしょうか?

入り口から街中へ少し入ると、住民が接触してきました。
どうやら甚五郎さんからのメッセ―ジのようです。
メッセージによると、星と星の間を移動する船『楽屋シップ』が敵(天斎の部下)に奪われてしまったようです。

ただし、かろうじて『楽屋シップ』のカギだけは持ち去られずに済んだとのこと。
しかし、甚五郎さんはそのカギを守り切れそうにないと判断し、友人である『法界坊』という人物に預けた、と。

なるほど、次の目的はその『法界坊』なる人物に会う事ですね。
しかし、この街の中にいるのでしょうか?
早速、情報を集めることにしましょう。

道行く人々に話を聞いていきますと、有力な情報を入手することができました。
どうやら『法界坊』はこの街から南にある『空桶洞』(からおけどう)へ向かった、とのこと。

早速、法界坊を追って『空桶洞』へ…
といきたいところですが、まずは入念に準備を整えましょう。
お金もイイ感じに貯まってきておりますので、装備を新調しましょう。

加えて大事なことも。
今のところ戦力外に極めて近い『じらいや』のレベリング(レベル上げ作業)を、先程までいた『魔の山』にて敢行。

ある程度レベリングを終えたところで、いよいよロック達は『空桶洞』へ向かうことに。
果たして無事に法界坊に会うことが出来るのでしょうか?

次回へ続きます。

こちらでも細々と呟いてます。良ければフォローしてやってください。
@liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。