【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】攻略 #28

レトロゲーム

これまでの【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】の攻略記事一覧は、こちら

『ネオ・アクシズ』と手を組んだ『ティターンズ』による、突然のクーデター。
『ZEUS』は『エゥーゴ(ダカール)』に戻ることが不可能となり、帰還ルートを模索しなければならなくなりました。

『地下通路』でジェリドを撃破した後は、再び『ザビ市』の『自然公園』へと移動。

『自然公園』へと到着。
建物の外に出ると『隠し通路』を管理する老人の姿を発見しますが、その正体は…バルタン星人

この後は、バルタン星人とのボス戦です。

ボス戦:バルタン星人

バルタン星人との戦いは、分身を含めた3体との3連戦。
…つまり9体のバルタン星人を撃破しなければなりませんが、強さ自体はそれほどでもないので落ち着いて戦いましょう。

9体のバルタン星人を倒せば、ボス戦は終了。
その後も戦いが続きそうな会話イベントが始まりますが、ここで本郷、ハヤタ、カミーユが登場。

RX
RX

こいつはきりがねぇ!!

倒しても倒しても分裂しやがる!!

本郷、ハヤタ、カミーユという『ZEUS』の新手が現れたことで、バルタン星人は一時撤退。
一行は危機を脱することが出来ます。

行方不明だった本郷達3人は、『ティターンズ』の件を知りません。
ダンが詳しい事情を説明することで、『ZEUS』は再び二手に分かれて行動をすることになります。

二手に分かれた後は今後の帰還ルートのヒントを得るため、『ザビ市』の地下にあるバーに向かいます。



ザビ市

かつてシャアと会った『ザビ市』の地下にあるバーへ。

ここでは『ダカール』の隣にある『ソロモン』へのルートを、ガルマに質問します。
とはいえ…お坊ちゃんは大事なことは結局教えてくれないので、次は隣にいるシャアに話しかけて下さい。

シャアは流石に空気を読んだ対応をしてくれます。
直接的ではないものの、『ソロモンで戦ったことのある兵士なら知っているはず』というヒントを教えてくれます。

次に会わなければならないのは、『ソロモンで戦ったことのある兵士』。
実は目の前にいるバーのマスターこそが、『ソロモン』での戦いを経験した兵士。

とはいえ…その肝心のマスターは『エゥーゴ』や『ZEUS』に良い感情を持っておらず、こちらの話を全く聞いてくれません。

これ以上、マスターに話しかけてもストーリーは進みません。
ここは店内にいるバーテンに話しかけましょう。

バーテンから、マハラジャ・カーンという人物の名前を聞き出したら、一旦『ザビ市』を出て『ムンゾ市』に向かって下さい。



ムンゾ市

『ムンゾ市』ではハマーンの所へ向かい、マハラジャ・カーンについて質問。
2年前に既に亡くなっていたことが判明しますが、実はマハラジャ・カーンハマーンの父であることが明らかになります。

一連の事情を説明すると、ハマーンは『ZEUS』に協力をしてくれることに。

この後は再び『ザビ市』のバーへ。
既にハマーンとの話が付いており、あれだけ『ZEUS』を嫌っていたマスターが『ソロモン』へのルートを教えてくれることに。

『ソロモン』への抜け道は2つ。
その内の1つは『コスモバビロニア』からのルートですが、こちらは封鎖されていて使うことができません。

残る1つは『ムンゾ市』裏山の木の下に存在。
総合的に判断し、一行は『ムンゾ市』からのルートを選択することとなります。

行ったり来たりと忙しい展開が続きますが『ムンゾ市』へと移動し、苛められていたミネバ・ザビ助けた裏山へ向かって下さい。



地下道

『ソロモン』へと繋がる『ムンゾ市』の『地下道』を見つけるには、たこ焼き屋に場所を移動してもらう必要があります。

たこ焼き屋の男性は話の分かる人物で、ダンが事情を説明すると気持ち良く場所を移動してくれます。

セブン
セブン

おじさん、すいませんが、この屋台の下に大事な物があるんです。

一刻も早く調べたいんですが、屋台、どけて頂けませんか?

マスターが話していた木の下を掘り、『ソロモン市』へと繋がる『地下道』を発見。
このルートを使い、『ソロモン市』を目指します。

ここからが『ソロモン市』に繋がる地下道。
宝箱が数個ある以外はボス戦も無く、すんなりと通過が可能です。

『地下道』を抜けて、『ソロモン市』に到着。

GSアムロ
GSアムロ

ここは…確かに、『ソロモン』だ。

敵の勢力が町の中にまで及んでおり、『ソロモン市』ではエンカウントで敵が登場します。

『ソロモン市』では、町の左上にあるビルを目指しましょう。
このビルの4階で、性格の悪いジェリドとの再戦が待っています。

ジェリドは、バウンド・ドッグとサイコガンダムでこちらに戦いを挑んできます。
特に2戦目のサイコガンダムとは長期戦になることが予想されます。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました