【スラップスティック(スーパーファミコン)】攻略 どうくつ、ナポレオンの修理方法(#24)

スラップスティック

これまでの【スラップステック】の攻略記事一覧は、こちら

『ティアトロン』によってタイムスリップした主人公は、そこで自分の祖先・ラスクと出会います。
そのラスクは…主人公と共にタイムスリップしてきたローズに襲われ、持っていた『ティアトロン』を奪われてしまった模様。

ラスクの仲間の1人に、野心の塊のようなガトーという人物がおりました。
今回の『ティアトロン』を巡る一連の動きの中で、ラスクは仲間であるはずのガトーを何よりも危険視していました。

もう1人の主であるガトーに今後のことを相談しようとするナポレオン
主人公は、ナポレオンガトーに相談するのを止めるようラスクから依頼を受ける…というのが前回の攻略記事の主な流れでした。

この後はガトーへ相談しようとしているナポレオンを止めるため、『宇宙船』へ。
しかし…一足遅く、ナポレオンガトーを追って『どうくつ』に向かったことが判明します。

ロココ町(サブイベント)

ストーリー上で次に向かうのは『どうくつ』ですが、その前にサブイベントを1つ紹介。
過去の『ロココ町』に向かい、掲示板の近くにいる女の子に話しかけてみましょう。

このサブイベントは、『ロココ町』に花を咲かせようとしている女の子を手伝う…というもの。
攻略に必須のものではありませんが、女の子を手伝うと現代の『ロココ町』に戻った時にちょっとした変化を感じることができます。

手伝いを完了させるには『花のタネ』というアイテムが必要。
その肝心の『花のタネ』ですが…『森』で手に入れることができます。

具体的には、以下のスクリーンショットを参考にしてください。
木の根元に落ちている赤い植物を調べると、『花のタネ』を入手することができます。

あとは『花のタネ』を女の子に渡すだけ。
これでサブイベントは完了です。

このサブイベントをこなしておくと、現代の『ロココ町』に戻った際に咲き誇るたくさんの花を見ることができます。

何か特殊な装備品やアイテムがもらえるわけではありませんが、ちょっとした満足感を味わえるので余裕のある方はぜひ試してみてください。



どうくつ(ハッカー戦闘員を驚かせる)

サブイベントを攻略したら、いよいよ本来の目的地である『どうくつ』へ。
イベント発生ポイントにたどり着くには、ちょっとした工夫が必要なので解説していきたいと思います。

こちらが、そのカギを握るハッカー戦闘員
この部屋からイベント発生ポイントに進むことができるのですが、通路は塞がれていて通ることは不可能な状態。

同じ部屋の中にいるハッカー戦闘員に話しかけても、『とりこみ中なんだから、あっちへ行ってくれよな…』と言われる展開が続きます。

ここで『かわるんです』を使用してください。
ネズミの姿にハッカー戦闘員が驚き、先へと進むスイッチの場所が明らかとなります。
この後はハッカー戦闘員と同じようにスイッチを押し、先へと進みましょう。

先へ進んで行くと、イベントが発生。
因縁の相手・ローズ(声だけ)が登場しますが、依然として主人公ラスクを間違えて襲撃したことには気づいていない様子です。

この後はローズによって、『どうくつ』の地下へと落とされてしまいます。
しかも地下へと落とされた衝撃で持ち物の一部を失ってしまうという緊急事態が発生。

失ったアイテムの中には『ライト』も含まれており、暗闇の中を進んで行かなければなりません。
画面が見にくい状態が続きますが、しばらくは我慢が必要です。



どうくつ(ナポレオンを修理する方法)

とはいえ、苦しい状況はそれほど長くは続きません。
少し進んで行くと、目的としていたナポレオンとの再会を果たすことができますが、どうやらハッカー戦闘員の攻撃を受けて故障している模様。

しかも、ハッカー戦闘員ガトーの指示を受けてナポレオンを破壊しようとしていることも判明。
ここはナポレオンを助けてあげましょう。

ハッカー戦闘員をサクッと倒し、ナポレオンを助け出すことに成功。
ところが…肝心のナポレオンは壊れたままの状態であるため、主人公が修理をしてあげる必要があります。

ナポレオンの修理には、いつもどおりちょっとしたひと手間が必要。
主人公に『しゅうりキット』を装備させ、ナポレオンの前でBボタンを押せば修理イベントは完了となります。

修理が完了すると、回復したナポレオン主人公に同行してくれるようになります。
ナポレオンは様々な機能を搭載しており、同行している間は暗闇を明るく照らしてくれます。

これで『どうくつ』の中は格段に歩きやすくなりました。
この後はダンジョン内を探索し、落としたアイテムを集め直していきましょう。
その先に新たなイベントが主人公を待ち受けています。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました