アレサ攻略 #9

レトロゲーム
スポンサーリンク

三連休も最終日。
福島県の天気は雨模様で更に憂鬱ですが、よくよく考えてみると来週末も三連休であることに気付き、少しテンションが上がっています。



そんな本日はローテーション通り、スーパーファミコン用ソフト『アレサ』の攻略を進めていきます。

第9回目の今回は、『ジュラ山』で行われていた決闘シーンへの遭遇直後からスタート。
決闘で敗れた男性の傷の手当てをしようとする【アリエル】。
まずは、男性の倒れているポイントまで移動しましょう。

『ジュラ山』内を移動し、ようやく男性の下へ到達。

傷の手当てを試みる【アリエル】に対し、感謝の意を示す男性。

アリエル②
アリエル②

しっかりして下さい!!

しかし…男性は、自分の傷がもはや手遅れであることを悟っていました。
そして【アリエル】の人柄を見込み、アイテム『ぎんのナイフ』を託します。

【アリエル】に『ぎんのナイフ』を託すと、男性は息を引き取りました。
最後の最後にナイフを渡してほしい人物の名前を発していましたが、それを明確に聞き取ることはできませんでした。

アリエル②
アリエル②

このナイフ…誰に渡せば…。

困惑する【アリエル】に対し、『いずれ出会えるかもしれない』とアドバイスをする【マードック】。



ここは彼の言う通り、まずは『リストホーン』を目指しましょう。

マードック
マードック

いずれ渡すべき人に会うかもしれない。
それまで君が預かっておくといい。

『リストホーン』は目とハナの先だ。それでは、行くとするか。

これにて決闘イベントは終了。
『ジュラ山』を下山しましょう。

『ジュラ山』を越え、東へ進むと次の目的地『リストホーン』です。
この街には、【マードック】の家と彼の経営する武器屋があります。
…つまり、【マードック】とはこの街でお別れ…ということになります。

【マードック】の店は、街の入口のすぐ近くにあります。
まずは、指示された通りお店まで向かいましょう。

マードック
マードック

町を見物するのは後にして、まずは俺の家に行こう。

店内に入ったら、ここで【マードック】はパーティーから離脱。
今夜はここで一泊することとなりますが、準備が整うまで町を見物することに。

町の人全員へ話しかけたりしないと、物語は進まないことになっています。
キザな伯爵にも、ためらうことなく話しかけていきましょう。



『リストホーン』周辺の情報なども入手できます。

全員に話しかけ終わったら、再び【マードック】の店へ移動。
物語が進行し、一夜明けて翌日へと場面が切り替わります。

翌日、一行が向かったのは『リストホーン』の港。
【アリエル】達は、ここから船を使って『アレサ王国』を目指すこととなります。

ドール
ドール

やっと、ここまで来たんだね…。

マードック
マードック

ここからはまた、船の旅だ。

ここで正式に、【マードック】とはお別れ。
これから向かう『アレサ王国』は、現在は『ヴァンダール帝国』の支配下。
治安は決して良いとは言えず、多くの試練が【アリエル】達を待ち受けています。

【マードック】に見送られながら、船は出港。
道中は特にアクシデントも無く、無事に目的地である『アレサ王国』へと到着。

辿り着いた港町の名前は『ポートムルシア』。
街中を徘徊しているヴァンダールの兵士は明らかに柄が悪く、口調も乱暴です。

ここ『ポートムルシア』では、『リストホーン』同様に住民達に話しかけて一通り情報を集めなければなりません。
このフラグを立てなければ、街の外へと出られないようになっています。

ドール
ドール

町を出る前に、まずは話を聞いてみようよ。

住民のほとんどからは『ヴァンダール帝国』に関する愚痴めいた話しか聞けませんが、一人の少年から貴重な情報がもたらされます。



『アレサ神殿』についてです。

『アレサ神殿』について、更に詳しい情報を聞く【アリエル】。
神殿は『ポートムルシア』から東の方向にあることも、少年が教えてくれます。

次の目的地は、これでハッキリしました。
先程の情報通り、『ポートムルシア』を出て東に向かいましょう。
『アレサ神殿』は、森の中で1マス分空いているポイントにあります。

ドール
ドール

どうする、アリエル?

アリエル②
アリエル②

そうね…。

『アレサ神殿』に何かありそうね。

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました