【ガイアセイバー攻略】 #29

レトロゲーム

これまでの【ガイアセイバー】の攻略記事一覧は、こちら

再び訪れた『ムー大陸』において、ショッカーの再興計画を知ったアマゾン達。マークハンターを仲間に加えた一行は、ショッカーの先鋒であるザンジオーを撃破します。

その後『エラターム』に向かうと、数多くのケガ人が出ている現場に遭遇。
その場にいた男性からは救助を求められますが、その正体は実は暗黒大使です。

まさか目の前の相手がショッカーだとは夢にも思っていない、アマゾン
ストーリーを進めるため、ここは診療所のある『ノラターム』を目指しましょう。

RX
RX

『ノラターム』は、『エラターム』の南にあるぞ!
…まさか、忘れてないよね?

ノラターム~科特隊基地

『ノラターム』に着いたら、まずは診療所へ。
しかし…看護師さんには『ここの設備では大勢のケガ人を救えない』と、断られてしまいます。

万事休す…。
相変わらずのノーヒント状態で八方塞がりになったかに見えますが、ご安心を。
次に向かう所は…『科特隊基地』です。

『科特隊基地』に帰還。
ケガ人のことをブライトに相談すると、『ホワイトベース』の使用許可が降ります。
めでたく、ストーリーが進行。

スーパー1
スーパー1

こんな展開、普通にゲームをしてたら絶対に分からんぞ…

『科特隊基地』の格納庫へ向かい、メカニックと会話をすると『ホワイトベース』で『ムー大陸』へと移動が可能となります。

『ホワイトベース』で『ムー大陸』へと降り立ったアマゾン
しかし…ここで救いを求めていた民が、実はショッカーであることがようやく判明します。

RX
RX

なに!?

暗闇大使だと!?

まんまと、ショッカーの罠にかかってしまったヒーロー達。

アマゾン
アマゾン

何!?
何を言ッてる!?

『ホワイトベース』にはケガ人ではなく、数多くのショッカーが乗り込んでしまいました。

ここでヒーロー達は、『ホワイトベース』奪還をすることとなります。
何故かメカニックに怒鳴られながら、『ホワイトベース』内の攻略スタートです。

RX
RX

…何で、この人キレてるわけ?



ホワイトベース

ダンジョン『ホワイトベース』の攻略がスタート。
さっさと攻略したいところですが…仲間に加わっていたはずのマークハンターが、いつの間にやら離脱しているので注意して下さい。

スーパー1
スーパー1

…あいつ、いつの間にか姿を消してやがる…

ここ『ホワイトベース』では、まずエレベーターに乗って3階を目指しましょう。
そこに、今回ヒーロー達を騙した暗黒大使が待ち受けています。

暗黒大使は、ショッカー戦闘員×2体と共に登場。
戦闘員の方は言わずもがな…暗黒大使も、カプセル怪獣の連発で難なく倒せるでしょう。

暗黒大使を倒したら1階へ移動して下さい。
辿り着いたフロアの1室では、あの敵キャラがヒーロー達を待ち受けています。

そこで待ち受けていたのは…すっかり忘れかけていたRキラー
と同時に、離脱していたはずのマークハンターがここで合流します。

かつてヒーロー達に捕らえられて『分析センター』に送られたはずのRキラーが、何故ここにいるのか理解に苦しむところですが…。

マークハンター
マークハンター

このRキラーとやらは、オレが相手をする!



ボス戦:Rキラー

どうやらマークハンターは『ホワイトベース』内の敵をヒーロー達に任せ、力を温存していた模様。

それにしても…何故マークハンターは、Rキラーに執着しているのでしょう?
それは…Rキラーの正体が仮面ライダー2号(一文字 隼人)であるからです。

マークハンター
マークハンター

オレは、どうしてもコイツと決着を付けたい。

そうだろう?

ライダー2号…いや、一文字 隼人さんよぉ!

ここでマークハンターRキラーの、1対1の戦いがスタート。
基本的にプレイヤーはただ傍観するのみで、数ターン経過すると戦闘は強制終了。

勝負に勝ったマークハンターの口から、仮面ライダー2号Rキラーとなった経緯が説明されます。
どうやら…マークハンターを助けたことに起因するようです。

勝負に勝ったマークハンターが再び仲間に加入しますが、姿を消したRキラーには一切触れずにストーリーは進行していきます。

RX
RX

…で…Rキラーもとい、仮面ライダー2号はどうなったの?

マークハンター
マークハンター

………

スーパー1
スーパー1

…おい、質問に答えろ…

(まさか殺してしまったのか?)

当時は、このような唐突過ぎる展開に追いつけない方が続出したことでしょう。
しかし…これで驚いてはいけません。

この後、更に突飛な展開がプレイヤーを待ち構えています。
本イベント終了後、『ホワイトベース』は何故か宇宙を飛行。
何の説明もなく、ライダー達は宇宙へと上がるのです。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました