ドラゴンクエスト3攻略 #26

レトロゲーム
スポンサーリンク

【魔王バラモス】を倒したと思ったら、今度は黒幕的存在の『大魔王ゾーマ』が登場。



前回から、下の世界である『アレフガルド』の攻略が始まりました。

入手した地図を頼りに、『ラダトーム』周辺から少しずつ探索していきましょう。
でも、その前に…まずは、城の中にあると言われている『太陽の石』を手に入れましょう。

3勇者
3勇者

『太陽の石』は、どこだ~!?

…ですが、その『太陽の石』を見つけるには、ちょっとしたコツが必要です。
本作のシリーズ作品をプレイしたことがある方ならば、恐らく『ドラゴンクエスト1』で『太陽の石』を手に入れた場所を真っ先に探しに行ってしまうことでしょう。

しかし…その『ドラゴンクエスト1』で太陽の石を手に入れる地下室に行っても、そこにいる男性に冷たくあしらわれてしまいます。

なに?太陽の石?

そんな物はここには無いぞ。

本作『ドラゴンクエスト3』における、『太陽の石』の入手場所は、ココ!
城の台所のすぐ近くにある、怪しいスペースです!

怪しいスペースの中に入ると、階段があります。
階段を使って上に昇っていくと宝箱があるので、中を調べると…『太陽の石』を発見することができます。

3勇者
3勇者

『太陽の石』を手に入れた!

それでは、いよいよ『ラダトーム』の外へと出かけましょう。



まずは、北にある洞窟です。
洞窟の名前は、『ラダトーム北の洞窟』…そのまんまですね。

この洞窟の中には、主人公のみが装備可能な『勇者の盾』があります。
その辺の防具屋で販売されている盾とは比べ物にならない能力を持っているので、絶対に入手しておきましょう。

これにて『ラダトーム北の洞窟』攻略は、完了。
洞窟を出たら、今度は北東方面へと足を伸ばしましょう。

本作の数百年後を舞台とする『ドラゴンクエスト1』では、この地は『ガライの町』となっていますが、この時点では家が一軒のみ。



後に、ここへ町を作る【ガライ】の実家という設定です。
家の中には【ガライ】の両親がおり、彼らから『銀の竪琴』の情報を入手することができます。

家の裏手には、地下へと降りる階段があります。
階段を使って地下へと向かうと、宝箱のある部屋があります。
中を調べることで『銀の竪琴』を手に入れられるかと思いきや…宝箱は空っぽ。

ですが、宝箱の隣の地面を調べると…『銀の竪琴』が落ちています。
『銀の竪琴』は、フィールド上で使うと敵をおびき寄せる効果があります。
クリアに必須のアイテムではないので、すっ飛ばしても問題は無いでしょう。

続いては、『ラダトーム』の南方面へと向かいましょう。
しばらく進んでいくと、またもや洞窟を発見することができます。
『岩山の洞窟』です。

この洞窟、特に重要な要素はありません。

中で手に入る主なアイテムは、呪われた装備品である『破壊の剣』と『地獄の鎧』。
強いて言えば『祈りの指輪』や『小さなメダル』が手に入りますので、レベル上げの一環で攻略しておくのもアリですね。

『岩山の洞窟』を攻略したら、更に南下を続けましょう。
次に向かうのは、重要な拠点である『ドムドーラ』。



この時代の『ドムドーラ』は『ドラゴンクエスト1』同様に砂漠の真ん中にありますが、まだ魔物達によって滅ぼされておらず、多くの人で賑わっています。

『ドムドーラ』に到着。
ここでは、『王者の剣』の原材料となる『オリハルコン』を手に入れることができます。

街中には、『ドラゴンクエスト1』をプレイしたことがある方ならば、思わずニヤッとしてしまうような要素も。

3勇者
3勇者

…ゆ、ゆきのふ!?

先程も触れましたが、『ドラゴンクエスト1』では『ドムドーラ』は魔物に滅ぼされ、廃墟と化した姿で登場します。
そのことを予期するような男性が井戸の中におり、非常に印象的です。

…さて、肝心の『オリハルコン』。
この『ドムドーラ』の中で手に入ることは間違いないのですが、宝箱のように目に見える形では存在していません。

3勇者
3勇者

『オリハルコン』は、牧場の草むらの中だな!!

情報の通り、『ドムドーラ』の町の中にある牧場へ。
囲いの中にある草むらを調べることで、『オリハルコン』を見つけることができます。

『ドムドーラ』でやるべきことは、以上。
次の目的地『メルキド』や『マイラ』で入手可能な『妖精の笛』についての情報を手に入れたら、旅立ちましょう。

『ドムドーラ』を出発!
目指すは、西の方にある『メルキド』です。
ただし…真西に進むことはできず、『ドムドーラ』から一旦南東へと進む迂回ルーでトす。

途中見かける2個目の橋は渡らずに進むことで、その先にある『メルキド』へと到着。
ちなみに、ゴーレムは出ませんので安心してください。

今回の攻略記事は、これまで。
次回は、『リムルダール』を目指します。



(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました