ファイナルファンタジー4攻略 #28

レトロゲーム
スポンサーリンク

【前回までのおさらい】




亡国エブラーナの王子であるエッジを仲間に加え、『バブイルの塔』へ再び乗り込んだセシル。
彼らを待ち受けていたのは、仲間になったばかりのエッジの両親でした。

しかし、それは温かい出迎えなどではありませんでした。
ゴルベーザによって操られていたエッジの両親はモンスターの姿と化しており、セシル達に襲い掛かってきたのです。

ここでエッジは激昂。
怒りにより眠っていた力が目覚めたエッジはセシル達は、セシル達と協力し、断腸の思いでエブラーナ王と王妃を破り、その後現れたルビカンテをも撃破することに成功したのです。

 

【プレイ日記】
ルビカンテを撃破し、『バブイルの塔』に集められたクリスタルを奪還できるかと思いきや…
いきなり落とし穴という古典的トリックに引っかかるセシル。

とんねるずのテレビ番組を思い出してしまいますね…。

セシル②
セシル②

落とし穴!?

思わぬトラップにかかってしまったセシル達。
ここでジッとしていても始まらないので、先に進みましょう。

出口を求めて彷徨っておりますと、何やら開けた場所に。

セシル②
セシル②

これは!

なんとセシル達の目の前に現れたのは、敵の持っていた新型の飛空艇。
これを奪って『バブイルの塔』を脱出することに!

パラディンから泥棒へ、ジョブチェンジ!!

エッジ
エッジ

内容を入力してこいつで脱出しよーぜ!

無事に泥棒・セシル一行は『バブイルの塔』を脱出することに成功。
今度ばかりは追手が来ません。
そりゃあそうです、その追手の足を盗んだんですから!

しかし、セシル達は結果的にクリスタルを奪い返すことには失敗してしまいました。
とりあえず、不首尾の顛末をドワーフ王に報告することに。

ゴルベーザは残された闇のクリスタルの一つを奪取するため、『封印の洞窟』に入ろうとしています。




そこでセシル達はゴルベーザに先んじて、『封印の洞窟』にあるクリスタルを確保することに。
そして、ドワーフ王の娘・ルカが持つ首飾りこそが『封印の洞窟』のカギのようです。

ローザ
ローザ

カギは私達が持っているんだから、無理して私達が行かなくてもいいのでは…

そんな思いが私の頭を巡りましたが…それではストーリーが進まないので、ここは渋々『封印の洞窟』へと向かうことに。

『封印の洞窟』はこの城より南西に位置するとのこと。
セシル達が洞窟へと向かっている間、敵の主力はドワーフ達が食い止めてくれるようです。
いざ、出発!!

出発前に諸々の準備をしようと城内をうろついておりましたら、気になる情報を耳にします。
なにやら、『変なおっさんを助けた』とのこと。
気になるので、とりあえず救護室に行ってみましょう。

それは、セシル達にとって朗報と呼ぶべきものでした。
ドワーフ達が助けた『変なおっさん』とは、シドのことでした。

シド
シド

なんじゃーメシか!?
まったく、ここの料理はワシの口に…

ローザ
ローザ

無事だったのね!

カイン
カイン

あれだけカッコつけといて…

シドにこれまでの事情を説明。

話をしている内に、次の点が明らかに。
①『封印の洞窟』へ向かうには、ドワーフの城の南に広がる溶岩の海を越えなければならない。
②ゴルベーザから盗んだ飛空艇の今の状態では、溶岩の海を飛べない。

途方に暮れておりましたら、シドが飛空艇を改造してくれることになりました。
ありがとさん。




改造の効果はバッチリ!
無事に溶岩の海を越えて、新たなるエリアへ!

セシル達を待っていた、地底の未開の地。
途中に見かけた鍛冶屋のククロという人物には、現時点では冷たい対応を取られてしまうだけなので、ここはひとまず近くの『トメラの村』へと向かいましょう。

 

(次回へと続く)




コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。