【ファイナルファンタジー4】攻略 #4

レトロゲーム

これまでの【ファイナルファンタジー4】の攻略記事一覧は、こちら



【ファイナルファンタジー4】、攻略記事の更新です。
暗黒騎士セシルバロン王への不信を口にしてしまったことで、飛空艇団『赤い翼』の隊長の任を解かれ、辺境の地の幻獣退治という命令を受けることになりました。

同僚であり友人のカインが仲間に加わり二人で旅立ったわけですが、まずは準備を整えるために『バロンの街』を訪れ、散策。
ストーリー自体はあまり進んでいませんでしたね。

しかし…RPGの醍醐味である散策は私の最も楽しむところであり、スクウェア(当時)の芸の細かさが随所に見られる作りを個人的に堪能致しました。

散策を終えたら、今後の冒険を少しでも楽にするためにまずはレベル上げ。
まずまずレベルを上げ、セシルカインのジョブ特性も概ね理解したところで、バロン王から命じられた幻獣退治の目的地である『ミスト』への移動を開始。



しかし…『ミスト』へ辿り着くためには洞窟を踏破せねばなりません。
セシルカインが足を踏み入れたのは、『ミストの洞窟』(そのまんまです)。

名前のとおり、何やら霧(ミスト)が立ち込めている様子。
宝箱の中身をゲットしながら奥へ進むと『引き返す気はないのですね?』という声が。
ボスの予感がプンプンします。

声の主は、この洞窟のボスであるミストドラゴン
セシルカインのレベルをある程度まで上げていれば苦戦する相手ではありませんが、霧になったところを攻撃すると強烈なカウンターをお見舞いされるので注意が必要です。

無事にミストドラゴンを倒したら、『ミストの洞窟』は攻略完了。
先へ進んで洞窟を抜けすと、 目的地である『ミスト』は目の前です。

目的地へと到着。
この任務を遂行すれば『赤い翼』に復帰できるはず…と思いきや、 バロン王から預かっていた『ボムの指輪』がここで突然光り始めます。

その直後、『ミスト』は炎に包まれてしまいました。
セシルカインは何がなんだか分からない様子ですが、目の前で起きていることは紛れもない事実。

 

人々が村中を逃げ惑う中で、セシルカインは一人の少女と出会うことに。
その少女の名はリディア

実は、『ミストの洞窟』でセシルカインが倒したミストドラゴンが、そのリディアの親だった模様。
村の守り神的存在でもあったミストドラゴンが死んだことで、『ミスト』は壊滅状態。

親を失ったことと、目の前で起きている村の壊滅により気が動転したリディア
咄嗟に唱えた召喚魔法『タイタン』の地震によって村周辺の地形が変わり、セシルカインと離れ離れになってしまいます。



やがて地震は収まりますが、セシルは一人きりの状態に。
『バロン王国』へと戻る道も閉ざされてしまい、セシルは気を失ったリディアを連れて『ミスト』を発つことを強いられます。

(次回へと続く)

タイトルとURLをコピーしました