ファイナルファンタジー4攻略 #15

レトロゲーム
スポンサーリンク

暗黒騎士からパラディンとなることで光の力を手に入れたセシルは、打倒ゴルベーザ及びローザ奪還のため、ミシディア内にあるデビルロードを通り『バロンのまち』に到着しました。



道行く人に話を聞いてみると、どうやら他所から来たモンクが近衛兵を引き連れて何かを探っているのだとか。

セシル②
セシル②

その『他所から来たモンク』って、ヤンのことじゃないの?

このように考えたセシルは、早速情報にあった宿屋を目指します。
実際に宿屋に辿り着いてみると、やはりそこにはヤンと思わしきモンクの姿がありました。

セシル②
セシル②

やっぱりヤンだ。
でも、何でバロンの兵士なんかと一緒にいるんだろうね?

そう思いながら、セシルはヤンに接触したのですが、彼の様子がどうにもおかしい。

セシル②
セシル②

…あ、そっか。
パラディンになっちゃったから、気付いてないのかな?
俺だよ、セシルだよ!

ヤン
ヤン

セシル、探したぞ!
バロンに逆らう犬め!

セシル②
セシル②

…え?…

あろうことか、ヤンはこちらに戦闘をしかけて参りました。
しかし、こちらに襲い掛かってきたバロンの兵士を難なく撃退することに成功。

戦闘後、ヤンは正気を取り戻します。

どうやらリヴァイアサンに襲われたあの後、記憶喪失になったところを操られていたようですね。



この『味方が敵に操られる』というパターン、この時期のあらゆるコンテンツで結構使われていたような気がします。

そして、ヤンが再び仲間に加わります。
バロン城に侵入するために必要な鍵も、ここで入手することに成功。

セシル②
セシル②

うーん…、こういう大事な鍵は持ち歩かない方がいいんじゃないのかな?

早速バロン城に乗り込みたいところなのですが、ここでちょっと寄り道。
こういう隠し要素があるから、全ての建物の壁に体当たりをかましてしまうのは、レトロゲーム時代の『FFあるある』ですよね。

そして、いつぞや触れた街中にある鍵のかかった場所へ…。
ここで先程分捕った鍵を使用。

セシル②
セシル②

この扉は、バロン城につながっていたのか!

ダンジョン『むかしのすいろ』へ突入。
昔の水路…そのまんまですね。

ここも黒い壁ばかりで、隠し通路が満載。
全て壁に体当たりして、宝箱をゲット。

ダンジョンを抜けますとそこは…ようやくバロン城。
城の裏手、堀に出たようですね。



そこからグルッと表の方に回り、城内へ潜入。
第三者に簡単に侵入を許してて、防御線が脆いと思うんですが…。

 

目的を遂行したいところですが、またもや寄り道をすることに。
懐かしき、自分の部屋です。
特に何も無いですけど。

バロン王からすれば、『裏切者』であるはずのセシルの部屋をそのまま残してくれているなんて…
(さっきから屁理屈ばかり言って、すみません)

その後、城内を進みます。

王の間の前まで来ると、近衛兵超だったベイガンが現れました。
どうやら『仲間になる』らしいです。

こいつ、この間まで王にベッタリだったやつじゃん。
本当かね?

さて、いよいよバロン王との再会が近づいて参りました。
バロン王がこちらの説得に応じるとは思えませんし、ゴルベーザも未だ姿を見せておりませんが、果たして…。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。