ドラゴンクエスト4攻略 #54

レトロゲーム
スポンサーリンク

昨日は、天外魔境ZEROについての記事を公開しました。
スーパーファミコンも後期に差し掛かりますと、画期的な進歩が目立つゲームが多かったのを思い出します。
PLGシステムを搭載した『天外魔境ZERO』、『大貝獣物語2』などはその最たるものでした。



次に攻略記事を掲載するのは、既に紹介した『ナイトガンダム物語 大いなる遺産』か『天外魔境ZERO』を予定していますが、まずは目の前の『ドラゴンクエスト4』を頑張ってクリアしていきたいと思います。

気球を手に入れた主人公達。
まずは、長い間行くことが出来ないでいた、地図上の×印の地点へ向かうことにしましょう。

目的地付近に到着。
どうやら、周辺は砂漠のようです。

フィールド上には町や洞窟等の表示は無く、林が一ヶ所。
怪しいので突入してみますと…

ここは『エルフの里』でした。

まずは、里の中を歩き回って情報収集に励む主人公。
ふむふむ、この村にある大木が『世界樹の木』というわけですね。
『世界樹の木』は他のドラゴンクエストシリーズにも登場するので、馴染みがありますね。

世界樹から声が聞こえる…との情報も入手。

4勇者
4勇者

木登りして降りれなくなった子供じゃなかろうな?

しかし更に話を聞いていくと、どうやら木の上から聞こえてくる声は助けを求めているようです。
『もし助けにくるなら、3人で来てほしい』という条件付きで。

4勇者
4勇者

助けを求める割には、ずいぶん偉そうだな…。

結局困った人を見過ごすことのできない性分の主人公は、救助に向かうことに。
『3人で助けに来てほしい』ということなので、急遽パーティー編成。



現在は、主人公(勇者)・ライアン・アリーナ・クリフトという組み合わせ。
回復役の確保と先制攻撃を優先する都合上、ライアンを一時的にパーティーから外します。

世界樹は、単なる木ではありませんでした。
その辺の洞窟と同じで分岐点が数多く、モンスターもしっかりと主人公達に襲い掛かってきます。
3人編成という苦しい体制で、上を目指していきます。

そして、ついに最終地点。
何やら人影を発見しました。
助けを求めていた声の主とは、この女性でしょうか?

こちらの予想は当たりました。
木の上から助けを求めていたこの女性の名前は『ルーシア』。
厳密にいいうと人間ではありません。

なんでも、天空から『世界樹の葉』を摘みに舞い降りたものの、モンスターの襲撃に遭い翼を折られてしまい、帰れなくなってしまった…とのことです。

主人公はこのルーシアを、天空界にあるお城…つまり天空城まで送っていくことになりました。

 

しかし、天空城には誰もが簡単に行けるような場所ではないようです。
天空城に行くには、まず『天空の塔』を昇っていかなければなりません。
また、その『天空の塔』に入るには天空の装備を全て身に付けなければなりません。

これは、困りました。
主人公は天空の鎧・盾・兜を既に身に付けておりますが、ただ一つ…剣だけはまだ発見できていません。

4勇者
4勇者

天空の剣はどこにあるというのだ…

しかし、その心配は杞憂に終わりました。
タイミングが良いというか、都合が良いというか…、なんとあれほど血眼になって探していた『天空の剣』は、この世界樹のどこかにあるとルーシアが教えてくれました。

ここで、ルーシアが仲間に加わります。

それから数分、いとも簡単に『天空の剣』を発見することに成功。

さて…次なる目的地は『天空の塔』です。
情報を聞き逃しただけなのか定かではありませんが、その『天空の塔』がどこにあるのかさっぱり分かりません。



仕方ないので、地図を再び開いて未だ行ったことのない場所を手当たり次第に探索することに。

様々な所を彷徨い続け、ようやく探り当てたのは地図の真ん中にある小さな島。
そこに気球で突入すると、突然画面が切り替わります。

4勇者
4勇者

いやいや…、このマップの縮尺メチャクチャでしょ…

 

色々とツッコミたいところはありながらも、真面目に冒険に取組む主人公達。
島の中を歩き続けていると、集落を発見。

辿り着いたのは、『ゴットサイド』。
天空に一番近い街という案内を受けました。
この街で、『天空の塔』の手がかりを見つけることが出来るかもしれません。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。