ドラゴンクエスト4攻略 #55

レトロゲーム
スポンサーリンク



世界樹でケガを負ったルーシアを天空城に送り届けることとなった主人公。

下界から城のある天空界に向かうには、『天空の塔』を経由しなければならないのですが、そもそもこの塔には天空の装備を全て身に付けた者しか入ることができないシステムです。

しかし、これも運命というものでしょうか。
ルーシアを救い出した世界樹において、主人公は天空の剣を習得。
天空の剣・盾・鎧・兜…全ての装備を入手した主人公は、ルーシアを送り届けることのできる唯一の人間となりました。

そんな主人公が辿り着いたのは、世界のほぼど真ん中にあるゴットサイド。
その名前からして、神に関係する土地。
この地を足掛かりに、『天空の塔』へと挑みます。

 

とはいえ、『天空の塔』がどこにあるのか、現時点では全く情報がありません。
お約束通りですが、まずは情報収集から始めたいと思います。

『この島の西には、人を誰も寄せ付けぬ深き深き洞窟がある
うーん、洞窟と言っていますから、『天空の塔』のことではなさそうですね。

ベッドに倒れている人。
話を聞いてみると…この人は天空から来たそうで、一国も早く天空界に行き『龍の神様にお会い下さい』とお願いをされてしまいました。

4勇者
4勇者

俺だって天空界に行く用事があるんで、『天空の塔』の場所を教えてくれませんかねぇ…。

 

天空人が『天空の塔』を教えてくれない中で、ようやく有力な情報を発見。
ゴットサイドの住人曰く、『塔はこの島のどこかにある』とのこと。

4勇者
4勇者

そりゃ、どこかにはあるだろうさ…

続いて入手したのは、デスピサロとエスタークついての続報。



エスタークは主人公達が撃破したはずだったのですが、進化の秘宝を完成させたデスピサロによって第二のエスタークが生まれようとしているのだとか!

 

『天空の塔』を探すため、ゴットサイドのあるこの島を散策開始。
街から東の方を歩いていると、ほこらのような場所を発見。
これも…どう見ても塔ではありませんね。

エレベーターの仕掛けがあるだけで、ほこらの中は無人。
宝箱があったので、中身を調べてみると『バロンの角笛』というアイテムを発見。
このアイテムは後々重要な役割を担うのですが、そのことを今の主人公は知る由もありません。

散策を続けること、20分。
次はゴットサイドを南に進んでいったのですが、ようやく『天空の塔』を発見しました。

この塔に入るには、冒頭にも述べましたが勇者である主人公が天空の装備を全て身に付けていなければなりません。

4勇者
4勇者

天空の剣よりも、はぐれメタルの剣の方が優秀なんだけどなぁ…

塔の中は多少複雑でありましたが、さほど迷うことなく進むことができます。
やがて塔の最上階に到達することに成功。

 

最上階中央部の台座の所まで辿り着くと、突然空の上から雲が降りてきました。



ドラゴンボールの、筋斗雲的なやつですかね。

 

雲に乗った一行は、やがて天空城に到達。
雲の上にある城…年代的に私は『ラピュタ』を想像してしまいます。

無事に天空城に辿り着くことができたルーシア。
世界樹でひたすら誰かの助けを待っていた身としては、本当に嬉しいことでしょう。

ようやく辿り着くことができた天空城。
ゴットサイドで得た情報が正しいとしたら、この城には『龍の神様』がいるとのこと。
これまで不透明だった主人公の出自についても、何か分かることがあるのかもしれません。

4勇者
4勇者

龍とか、神様とか…増々ドラゴンボールの色が濃くなってきたな…

 

続きはまた次回…。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。