ドラゴンクエスト4攻略 #42

レトロゲーム
スポンサーリンク

こんにちは。
先週の木曜日…つまり、16日から昨日までにかけて、少し遅めの夏休みを取得しておりました。
(と言っても、土日を除けば実質は2日しか取得できていない…)



これには、他の人と休みをズラすことで外出先での混雑や渋滞を避けたいという思惑がありました。
しかし昨日は通常の日曜日だったこともあってか、外出先の郡山市に向かう国道4号線は大渋滞。

こんなはずではなかった…とは思いながらも、『郡山市でのランチを果たす』という目的を果たすため、我が家は二本松をひたすら南下したのであります。

訪れたのは、郡山市に近頃出来たという『ロックミートファミリア』さん。
個人の好き嫌いはありますが、うちの奥さんの好みには合わなかったようでした…。

このような出会いがあるのも、ランチの新規開拓の醍醐味と言えるでしょうね。
好きな人は好きだと思うので、是非皆さんも出かけてみて下さい。
90分間の時間制限付きではありますが、肉の食べ放題システムのお店です。

さて、気を取り直して休み明け一発目のブログ更新。
題目はお馴染み、ドラゴンクエスト4のプレイ日記です。

病に苦しむクリフトの窮地を救うことで、アリーナ姫達を仲間にした主人公。
次なる目的地を目指して、旅が続きます。

 

アリーナ達が逗留していた部屋を出ると、廊下にいた吟遊詩人らしき男がこちらに話しかけてきました。

話の内容は、導かれ者の一人であるライアンについて。
以前にこの街を訪れ、『勇者を探している』と言い残してういったようです。

そして、その吟遊詩人は更に有益な情報を主人公達にもたらしてくれました。
ライアンは、『ここから西にあるキングレオに向かった』とのこと。

キングレオ…
第4章からはそれほど時間が経っていないのですが、なんだか随分懐かしい気がしますね。

特にマーニャとミネアにとっては、父親の仇も絡んでくる話なので絶対に忘れることのできない地です。

夜ではありますが、『善は急げ』ということもあり出発。
しかし、ミントスを出たところで突然ホフマンから何やら重大発表。
一体、何でしょうか?

ホフマンは、どうやらこのミントスに残ってヒルタン老人に弟子入りをしたい…とのことです。
いずれは父の営む宿屋を継ぐ覚悟なのでしょう。

彼の決めた道ですから、主人公達にはその決意を止めることは出来ません。
贈る言葉は、ただ一つ。

4勇者
4勇者

宿屋を開業したら、無料で泊めてくれよな!!

まさに、これでしょう。

 

タイミング良くアリーナ達も仲間に加わってくれたことで、ホフマン離脱の影響は皆無。
早速一行は舟を駆使してミントスを西に進み、キングレオのすぐ北にある港町ハバリアに到着。

ハバリアにおいて情報収集。
マーニャとミネアが逃げた影響で、船の出入りが厳しくなっている模様。
未だ、キングレオの独裁政治が続いていることを物語っています。

『魔法のカギ』について。
錬金術師なら、カギを造ることが可能である…とのこと。

そして、マーニャとミネアがかつて共に旅をしたオーリンが、そのカギを持っていたとの貴重な情報を入手。



『魔法のカギ』を手に入れることができれば、あのいまいましい灰色の扉を突破できるはず!!
これは、是が非でも入手しなければなりません。

キングレオ退治よりも、まずは『魔法のカギ』の捜索を開始。
コーミズの村へ行き、エドガンの自宅地下にいるスライムからも情報を入手。

よし、『西の洞窟だな!?』

4勇者
4勇者

キングレオ退治よりも、魔法のカギの方が重要だ!!

 

懐かしき、コーミズ村から西方にある『西の洞窟』へ。
前回来た時には、『魔法のカギ』は無かったはずだけど…

洞窟に入って少し進んでいきますと、またあの商人がウロウロしておりました。
一応話しかけてみたところ、『宝箱の底に仕掛けがある』とのこと。

この『宝箱』とは、あの『宝箱』に他ならないでしょう。

かつてオーリンが体を休めていた地点へ。
私の推理が正しければ、商人が言っていた『宝箱』とはこれのはず。



果たして本当に『魔法のカギ』が手に入るのでしょうか?

4勇者
4勇者

世界中の宝箱が俺達を待っているよ…

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。