ドラゴンクエスト3攻略 #25

レトロゲーム
スポンサーリンク

【魔王バラモス】を倒したことで世界は平和に戻るかと思われましたが、『アリアハン』に戻るや否や、黒幕的存在である【大魔王ゾーマ】が登場。



今回からは、『ドラゴンクエスト1』の舞台でお馴染みの『アレフガルド』攻略に着手していきます。

【魔王バラモス】は【大魔王ゾーマ】の配下に過ぎません。
当然ここでエンディングではなく、主人公の旅はまだまだ続くこととなります。

3勇者
3勇者

遊んで暮らせると思ったのに…

予想外の展開に、茫然とする『アリアハン』の王様。
無理もありません。
主人公達よりも【魔王バラモス】が死んだことを喜んでいたのは、この王様でした。

主人公達の最終目標は、『【大魔王ゾーマ】を倒すこと』へと変更。
しかし、その前に行かなければならない場所があります。



その場所とは『竜の女王の城』。
下の地図を見てもらうと分かりやすいですが、『竜の女王の城』は『アッサラーム』から北北東に位置しており、【ラーミア】でのみ行くことができます。

この城の主は、その名の通り【竜の女王】。
自らを『神の使い』と称しています。

【竜の女王】から、『光の玉』を受け取りましょう。
『光の玉』は、【大魔王ゾーマ】を覆う闇の衣を剥ぐために必要なアイテムです。
普通にクリアしたい方は、入手しておくことをおススメします。

3勇者
3勇者

『光の玉』を使わなくても【ゾーマ】を倒すことは可能だけど、相当な覚悟が必要だよ!

『光の玉』を主人公に託した女王は息絶えます。
残されたのは、女王がの子が入っている卵のみ。
因みに…この卵に入っているのは『ドラゴンクエスト1』のボス【竜王】との説が有力。

では、改めて…【大魔王ゾーマ】を倒しに、『アレフガルド』に向かいましょう。
『アレフガルド』へ向かうには、『バラモス城』のすぐ東にある『ギアガの大穴』を経由する必要があります。

主人公達が暮らす世界と、これから向かう『アレフガルド』は上下世界を形成しており、2つの世界を繋ぐ唯一のルートが、この『ギアガの大穴』。
【バラモス】討伐前にも訪れることは可能ですが、封鎖により中に進むことはできません。

しかし…【大魔王ゾーマ】登場後は封鎖が解かれ、ここから飛び込むことで『アレフガルド』へと降り立つことができます。

3勇者
3勇者

思い切って飛び込まないと、先へは進めないぞ!

『ギアガの大穴』へ飛び込むと、港のような場所へと降り立ちます。
ここからが、下の世界『アレフガルド』です。

すぐ近くの建物の中にいる男性に、まずは話しかけてみましょう。
すると、主人公達よりも先に、この地へ降りてきた人間がいることを教えてもらえます。

建物の外にいる男の子からは、次の目的地である『ラダトーム』の大まかな場所を聞くことができます。
『ドラゴンクエスト』シリーズファンには、たまらない響きですね。

一時的に船に乗って港を出港し、東へ進みましょう。
陸地へとぶつかりますので、上陸したら更に東へ進んでいくと…『ラダトーム』が見えてきます。

『ラダトーム』は、城と街が一体となっている構造。
お城へは、街に入って東へ道なりに進んで行くと到着します。
一刻も早く【ゾーマ】を倒したいところですが、まずは情報を集めていきましょう。

 

街中には、懐かしい顔が。
その人物とは【カンダタ】のことで、主人公達よりも先に『アレフガルド』に降り立った人間の内の一人。



【カンダタ】は、『ラダトーム』に眠る『太陽の石』について情報を提供してくれます。
『ドラゴンクエスト1』では、お馴染みのアイテムですね。

3勇者
3勇者

【カンダタ】!?

印象が変わってて、分からなかったよ!

別の男性からは、『太陽の石』が大きく関連する『虹の橋』について聞くことができます。
【大魔王ゾーマ】の待つ島へ渡るには、先述の『太陽の石』に加えて『雨雲の杖』というアイテムを手に入れる必要があります。



城内では主人公の最強装備となりうる『王者の剣』、『光の鎧』、『勇者の盾』について話をきくことができますが、現時点ではそれらを入手することはできません。

3勇者
3勇者

早く『王者の剣』が欲しいよぉ…

主人公の父である【オルテガ】の情報も入手することができます。
主人公以外に、この世界に足を踏み入れたのは【カンダタ】だけではなかったのです。

王の間にいる兵士からは『マイラ』の情報を入手できます。
しかし…本作では『マイラ』のある大陸には橋が架かっておらず、船を使わないと行けません。

情報収集も最終段階。
城の屋上にいる神父さんは、主人公に地図を譲ってくれます。
しばらくは、この地図を頼りに冒険を進めていくこととなります。

3勇者
3勇者

地図があると、道に迷わないね!

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました