ドラゴンクエスト4攻略 #20

レトロゲーム
スポンサーリンク

サッカーワールドカップ…実に残念でした。
日本代表は、FIFAランク3位である格上・ベルギー代表と戦い、後半途中までは2-0とリードを奪ったものの、惜しくも逆転負けを喫してしまいました。

しかし…敗れはしましたが、日本代表は素晴らしいサッカーを見せてくれたと思います。
4年後に向けた世代交代など大きな課題は抱えておりますが、選手の皆さんには『お疲れさま』と言ってあげたいですね。



一方、このブログの方ではファミコン版『ドラゴンクエスト4』攻略記事の更新が小休止しておりました。
本日からまた通常運転で更新していきたいと思います、宜しくお願いします。

トルネコ
トルネコ

…で、どこまで進めてたんでしたっけ?

前回はトルネコが人を化かすキツネを懲らしめ、『ボンモール』の南にある橋を渡って『エンドール』へと向かうところで終了しておりました。
本章は、アリーナが大活躍を見せた、あの『エンドール』へと主な舞台が移ることとなります。

トルネコ
トルネコ

いい加減、独立して自分の店を持ちたいものだ…。

建築家ドン・ガアデの手によって修復された橋を渡り、南に進んでいくと『エンドール』に到着。
なんだか懐かしい気がします。

『エンドール』では、先日行われた武術大会の話で持ち切りです。
時系列的に考えるとアリーナ達がエンドールを訪れた後…ということになり、本作の特徴の一つであるオムニバス形式が感じられる瞬間です。

トルネコ
トルネコ

武術大会で、お姫様が優勝したって?
どんなお姫様なんだか、一度でいいからその顔を拝んでみたいものだよwww

この『エンドール』ではやるべき事が沢山あるのですが、まず訪れておきたいのは空き店舗。
『この地で商売を始めるには王様の許可が必要』…という情報を入手することができます。

続いて訪れたのは宿屋。
『銀の女神像』というアイテムの存在について知ることができます。

最後にエンドールで商売を始める許可をもらうため、お城へ向かいましょう。
王様に謁見することはできましたが、まるで政治家のような『考えておこう』という返事…。

トルネコ
トルネコ

…これは、事実上の拒否ですな…。
何か方法を考えなければ…

 

ここで、一旦エンドールを後にして『ボンモール』に戻りましょう。
皆さんは覚えていますか?



ボンモールのリック王子から『夜に、武器屋の裏に来てほしい』と頼まれていたことを。

…ということで…『ボンモール』へ戻り、フィールド上で時間調整を行い、夜になってから武器屋の裏へ。

トルネコ
トルネコ

すみません、リック王子。
すっかりお持たせしちゃいましたね。
…え、イヤだなぁ、決して忘れてなんかいなかったですよ…ええ…。

商人に待たせられたリック王子は余程器量のある人物なのか、一切怒ることなくトルネコにある依頼を託してきました。

エンドールに行ってほしいのです。
そして、この手紙をお城の姫に渡して下さい。

白状します、私はこのリック王子の存在をすっかり忘れていました。
エンドールに向かう前にリック王子に会っていれば、なにも『ボンモール』と『エンドール』を言ったり来たりすることはなかったかもしれません…。

トルネコ
トルネコ

まったく浅見さんは要領が悪い…。
是非、プレイヤーの皆さんは効率良く本作をお楽しみ下さい…。

リック王子の依頼を快く引き受けたら、速やかにエンドールへ!
王様の隣に座っているお姫様へ、王子の手紙を渡します。

両国の王子と姫の動きによって、少しずつ事態が動き始めました。
姫から事情を打ち明けられたエンドール王は、ボンモール王宛の手紙をトルネコに手紙を託して参りました。

トルネコ
トルネコ

…あの~…私は郵便局の職員ではないんですが…

トルネコは再び『ボンモール』へ移動。
エンド―ル王からの手紙を届けると、その内容が明らかになります。
ていうか、ボンモールの王が手紙を音読し始めます。

リック王子と、モニカ姫はお互いに好意を寄せ合っていたようです。
しかし、ボンモール王は隙あらばエンドールに対して攻め入ろうと画策していた模様。
そんな事態を案じたリック王子が、手紙をトルネコに託した…というのが今回の一連の流れ。



『労せずエンドール手に入るかもしれない』
そう考えたボンモール王は、エンドールへ攻め入る計画を取りやめることにしたようです。
政略的な匂いがプンプンしますが、ひとまず両国の平和は保たれました。

トルネコ
トルネコ

戦争になると多くの血が流れるけど…武器屋は儲かりそうだよなぁ…。
因果な商売だ…。

エンドールとボンモールの二国間を行ったり来たり…。
ボンモール王の決断をエンドールのお姫様に報告し、喜んでもらうことができました。
そして、トルネコに対しても嬉しい出来事が…。

今回の両国間の外交を取り持った褒美として、エンドール王からトルネコに対して商売を始める許可が出ることとなりました。

トルネコ
トルネコ

私はこうなることを見越して二国間を行ったり来たりしていたのです!
…すみません、ウソです…。

めでたくエンドールで商売を始める許可をもらうことができましたが、肝心のお店はまだ手に入れることができていません。



お店を手に入れるには、多額の資金が必要になります。
次回以降は、そんなトルネコの資金集めを攻略していきたいと思います。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました