【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】攻略 #24

レトロゲーム

これまでの【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】の攻略記事一覧は、こちら

『ZEUS』各メンバーの能力を高めることを目的としていた単独パートも、いよいよ最後の南 光太郎のものへと突入。

南 光太郎は先輩である城 茂(仮面ライダーストロンガー)に会うため、『サグ市』を訪れていました。

『サグ市』の中で情報を集めていく過程で南 光太郎が辿り着いたのは、町の北東部にある怪しげなビル。
ここで彼を待ち受けていたのは、永遠の宿敵・シャドウムーンでした。

第24回目となる今回の攻略記事は、シャドウムーンとのイベントバトルからスタートです。

ボス戦:シャドウムーン

ボス戦…とは言いつつも、この戦いではシャドウムーンに勝つことは不可能です。

いくらこちらが攻撃しても効果はありません。
負けが確定しているイベントバトルなので、なるべく無駄に回復アイテムなどは使わないようにしましょう。

シャドウムーンに敗北すると、南 光太郎は気を失ってしまいます。
ここで『デルザー軍団』のゼネラルシャドーが登場し、イベントが進んで行きます。

シャドウムーンはこの場をゼネラルシャドーに任せて姿を消し、南 光太郎は何故か止めをさされることなく、『サグ市』の裏にある山(ゴミ捨て場)に身柄を放置されることになります。

ここが『サグ市』の裏にある山。
止めを刺されることなくこの場に捨て置かれた南 光太郎でしたが、ここで彼の体に異変が生じます。

ようやく目を覚ました南 光太郎
彼はここで、自分に起きた変化について気付きます。

身に付けていた『キングストーン』が降り注ぐ太陽エネルギーを吸収したことで、南 光太郎仮面ライダーブラックRXへと進化を遂げることになります。

RX
RX

震えが来る位のパワーがみなぎっていやがるぜ…。

オレは今日から、仮面ライダーブラックRXだ!!

アムロダンと違って、思わぬ形で新たな力を手にした南 光太郎
この後は再び『サグ市』に戻って、城 茂(仮面ライダーストロンガー)の捜索を続けることになります。



サグ市(警察署~病院)

裏山から『サグ市』へと戻ったら、城 茂(仮面ライダーストロンガー)の捜索を再開させましょう。

ストーリーを進めるには、噴水のある公園の近くを歩いているヨーコという女性に話しかけて下さい。

ここで城 茂がチンピラに刺されて負傷していたことを知ることができます。
まずは…ヒデキというチンピラに話を聞くため、警察署に向かうことになります。

再び警察署へ。
署内で拘留されているヒデキに話を聞くと、負傷した城 茂は病院に搬送されたことが判明。
ということで、次は病院へ移動。

病院へと移動し看護師さんに話しかけると、城 茂は既に退院しています。
退院後の居場所を知りたがる来訪者に対し、あっさりと城 茂の住所を教える看護師さん。
今の時代では考えられない話ですね…。

看護師さんから教わった住所は、先程まで南 光太郎がいた『サグ市』の裏山の近く。
結果論にはなりますが、結局またあの山に戻ることに。

すぐに城 茂(仮面ライダーストロンガー)に会いに行きたいところですが、ここで1つだけ余談を挟みたいと思います。

…というのも、この病室のベッドに1人だけ寝ている男性に話しかけると小ネタが発生。
城 茂役の荒木 茂さんが、『特捜最前線』の津上 明役としてゲーム内に登場しています。

知る人ぞ知る小ネタを見ながら、この病院を後にしましょう…。



城 茂の家

『サグ市』の裏にある岩山へとカムバック。
すると…先程まで通行不可だった場所が通れるようになっており、この先に城 茂(仮面ライダーストロンガー)が療養している家があります。

紆余曲折を経ましたが、なんとか城 茂(仮面ライダーストロンガー)との再会に成功する南 光太郎

本来であれば一般人などには後れをとらないはずの城 茂(仮面ライダーストロンガー)でしたが、あのチンピラはショッカーの開発したプラズマナイフを潜ませていました。

プラズマナイフの威力により、城 茂(仮面ライダーストロンガー)の体内に供えられていた発電機に支障が生じ、それが彼の身体の不調に繋がっていることが伝えられます。

ここで話は本題へ。
城 茂(仮面ライダーストロンガー)は南 光太郎が自分の下を訪れた目的を察してくれていました。

既に仮面ライダーブラックRXへの進化を遂げたこともあり、先輩ライダーのケガの具合を理由に更なるパワーアップを辞退しようとする南 光太郎でしたが、城 茂(仮面ライダーストロンガー)はその姿勢を一喝。

『お前はもっと強くなれる』
その言葉に背中を押され、南 光太郎は更なるパワーアップを図るため、新たな技を教えてもらうことになります。

先輩ライダーより、技の伝授が始まります。
まずは全身のエネルギーをベルトに集中させることから始まります。

全身から解き放たれたパワーは空気との摩擦の力により、数百万ボルトの電流が発生。
これが今回伝授される『電キック』の仕組み…のようです。

しかし、城 茂(仮面ライダーストロンガー)曰く…これだけでは『電キック』を会得したとは言えません。
本当の意味で『電キック』を会得するために必要なのは…『敵を睨む』!!

そして…『叫ぶ』。
その口上は…『天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ!見よ!!仮面ライダーストロンガー!!』

最後は根性論の域に到達していましたが、これで『電キック』を会得。

南 光太郎はケガに苦しみながらも後輩に技を伝授してくれた先輩ライダーを思い、『デルザー軍団』が開発した『超電子ダイナモ』を奪うことを決意。

その『超電子ダイナモ』をもって、城 茂(仮面ライダーストロンガー)の体内発電機の代替とすることを思いつくのです。

『デルザー軍団』に殴り込みをかけるため、再び『サグ市』北東にあるビルへと向かいましょう。

次回は『デルザー軍団』を率いるゼネラルシャドーとの戦いに挑みます。
パワーアップしたその力を存分に見せつけ、目的の『超電子ダイナモ』を手に入れて先輩ライダーの恩に報いましょう。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました