【ドラゴンクエスト5(スーパーファミコン版)】攻略 ブオーンとの戦い(#26)

ドラゴンクエスト5

これまでの【ドラゴンクエスト5(スーパーファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

最近は【スラップスティック】の攻略が中心だったため、久しぶりの【ドラゴンクエスト5(スーパーファミコン版)】に関する更新です。

今回は重要アイテムの1つ『さいごのカギ』を手に入れたいと思います。
しかし…『さいごのカギ』を手に入れるには、本作屈指の強敵・ブオーンを倒さなければなりません。
まずは『ゴールドオーブ』をプサンに届けるところから再開していきましょう。

てんくうじょう

過去の『サンタローズ』で『ゴールドオーブ』を入手することに成功した前回。
次は『てんくうじょう』にいるプサンへ、『ゴールドオーブ』を届けに行きましょう。
これで『てんくうじょう』を復活させることができます。

主人公の活躍によって『ゴールドオーブ』は、本来あるべき場所に戻ることに。
これによって『てんくうじょう』は復活し、ふたたび空への浮上を開始します。

『てんくうじょう』を浮上させたら、この後は城内を歩いてみましょう。
続いては『てんくうじょう』の主・マスタードラゴンを復活させるため、『ボブルの塔』に向かわなければなりません。

『てんくうじょう』の復活によって、城内には人々の姿が。
城内にいる老人に話しかけると、『ボブルの塔』で使うことになる『フックつきロープ』というアイテムが手に入ります。

攻略に必須のアイテムではありませんが、城内では『せいかいじゅのしずく』も貰えます。
戦闘中に使用すると味方全員のHPを回復させることができるので、できれば手に入れておきたいところ。

ちなみに『せかいじゅのしずく』は、1個しか持つことができません。
使い終わった後に『てんくうじょう』の同じ場所を訪れれば何度でも貰えるので、ボス戦などでは積極的に使っていきたいですね。



サラボナ~ふういんのほこら

『てんくうじょう』の探索が終わったら、いよいよブオーンとの戦いに挑戦していきます。
ブオーンはかなりの強敵なので、少なくとも主人公のレベルは30は欲しいところ。
私はレベル32でブオーンとのボス戦に挑みました。

…ということでブオーンとの戦いに進むため、まずは『サラボナ』に移動します。
『サラボナ』に到着すると、何やら慌てた様子のルドマンを見かける展開に。
事情を聞きだすため、ルドマンに会いに行きましょう。

早速、自宅の2階にいるルドマンのもとへ移動。
話しかけると、とある依頼を引き受けることに。

気になる依頼の内容ですが、それは『山奥の村』の近くにある『ふういんのほこら』に向かい、中にあるツボを見てくる…というもの。

話だけ聞いていると簡単そうに思えますが、ルドマンの様子を見ているとただ事ではない様子。
もしツボの色が赤かった場合、急いで戻ってくるようにルドマンは注意を促してきます。

お分かりかと思いますが…ツボの中には、これから戦うことになるブオーンが封印されています。
ところが何らかの理由によって封印が解けようとしており、先程も触れたとおり、ツボの様子を主人公が見に行く…というのが大筋の流れです。

…ということで、ルドマンに言われたとおり『ふういんのほこら』に向かいます。
『ふういんのほこら』は『山奥の村』の西にあります。
『サラボナ』から船を使って移動しましょう。

『ふういんのほこら』に到着。
非常にシンプルな構造なので、中で道に迷う心配はありません。

一番奥まで進んでいくと、ルドマンが話していたツボを発見。
様子を調べてみると…ツボの色は赤。
ルドマンが恐れていた事態になっています。

ルドマンに報告するため、この後は一旦『サラボナ』へ移動。
町の中に入ると、ルドマンは隣にある『見晴らしの塔』に向かったことが判明。

『見はらしの塔』に移動するとイベントが発生し、ブオーンとの戦いが始まってしまいます。
強敵との戦いを前に、HPやMPの確認や回復アイテムの準備をしっかりとしておきましょう。
準備が整ったら『見はらしの塔』へ向かいましょう。

ルドマンは『見はらしの塔』最上階で主人公を待っています。
話しかけてツボの色を報告すると、イベントが進行。

ここでルドマンからは、自分の先祖・ルドルフが150年前にブオーンという魔物を封印したエピソードが語られます。

ひととおり説明が終わると、ルドマンが退散してブオーンが姿を現します。
画面の奥から少しずつ近づいてくる登場シーンが印象的ですね。

150年前の恨みを晴らそうと、復讐心に燃えている様子のブオーン
ルドマンや『サラボナ』を守るための戦いが始まります。



ボス戦:ブオーン

ブオーンとのボス戦がスタート。
戦闘画面からも分かるとおり、ブオーンはかなりの大きさ。

そのイメージに違わず、本作屈指の強敵です。
おそらく当時のプレイヤーの大半は、何度も返り討ちに遭ったことでしょう。
幼少期の私も何度もブオーン相手に全滅し、ちょっとしたトラウマを植え付けられたものです。

何度も言うとおり、ブオーンはかなりの強敵。
『はげしいほのお』と『いなずま』という強力な全体攻撃を繰り出してきます。

そのため…まずは『フバーハ』を唱えて、『はげしいほのお』によるダメージ軽減を優先させましょう。
これだけでも、かなり戦いやすくなるはずです。

一方…攻撃面に目を移すと、ブオーンの設定HPが4700もあることが非常に厄介です。
幸いなことに『ルカニ』や『ルカナン』は有効なので、積極的にブオーンの防御力を下げましょう。
また、『バイキルト』でこちらの攻撃力を上げることも忘れてはいけません。

回復役も必須です。
一度に全員のHPを回復できる『ベホマラー』が使えれば理想ですが、こちらは『ベホマ』の繰り返しで対処が可能です。
この戦い方でブオーン撃破を目指しましょう。

ブオーンを撃破すると、主人公にはご褒美が。
それは…重要アイテム『さいごのカギ』の入手です。

これで、カギがかかった全ての扉を開けることができます。
この後はメインストーリーそっちのけで、世界各地にある宝箱などの回収を始めると良いでしょう。

【ドラゴンクエスト5(スーパーファミコン版)】攻略、今回はこれまで。
今回は強敵・ブオーンの倒し方をメインにお届けしました。

次回は『ボブルのとう』攻略の前に『ふういんのどうくつ』へ向かいます。
『ふういんのどうくつ』はクリアに必須のダンジョンではありませんが、『おうじゃのマント』や『まじんのかなづち』が手に入ります。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました