ガイアセイバー攻略 #3

レトロゲーム
スポンサーリンク

悪の軍団の魔の手が迫る地球を救うため、活動をスタートさせたヒーロー同士の『同盟』。
その一員となったアムロは、ウルトラマンレオと共にジャブローの司令官から託された『光ディスク』の解析を目指し、日本国内を移動し続けます。



科特隊基地(静岡)→青森→大阪→広島
といった、具合に…。

GSアムロ
GSアムロ

普通の人だったら怒るレベルですよ、この大移動は。

 

広島に到着し、ストーンサークルの研究中だった岩本博士の下を訪ねるアムロ。
そこには、敵に襲われたと思われる博士と仮面ライダーアマゾンの姿がありました。

倒れている博士に話しかけてもストーリーは進みませんので、ここは真っ先にアマゾンに話しかけましょう。

話しかけた際には傷が痛んで苦しんでいたのですが、あっさりと自己紹介を始めるアマゾン。

アマゾン
アマゾン

あ、仲間か。

オレ、アマゾン。

レオ
レオ

(復活が早いよ。お前、ネイマールかよ…)

アマゾンは、このストーンサークルとその調査をしていた岩本博士の護衛をしていました。
しかし、突如現れたショッカーの奇襲に遭い、このような事態になってしまったようです。

アマゾン
アマゾン

ここのガードしてた。

でも突然、ショッカーに襲われた。
アマゾン悔しい。

これを機に、アマゾンが仲間に加わることになります。
パーティーメンバーが増えるのは心強い限り。

 

ようやく、岩本博士が復活。
ショッカーに襲われながらも一命を取り留めたその生命力には、感服する他ありません。

調査対象のストーンサークルを破壊されてしまったことで、博士は落胆気味。



とりあえず、二宮博士から依頼を受けていた調査報告書を受け取ることに成功。

GSアムロ
GSアムロ

この時代はフロッピーが主流だったんだねぇ。
今はUSBや、CD-Rとかだもんねぇ。

アマゾン
アマゾン

アムロ、何言ってるんだ?

 

仲間に加入したばかりのアマゾンの状態を確認。
これまで戦闘を続けてきたアムロやレオと比べてレベルが低いので、大阪に戻りながらレベル上げをしておきましょう。

大阪に戻ったアムロ達。
ストーンサークルの場所に行ってみると、ここにもショッカーの姿が。
戦闘員とのイベントバトル発生。
フィールド上に現れる雑魚敵よりも弱いので、Aボタン連打でも勝てるでしょう。

レオ
レオ

いくら突然襲われたとはいえ、こんなのにアマゾンは負けたのか?

ショッカーの戦闘員を撃退したアムロ達でしたが、ストーンサークルは破壊されてしまいました。
調査報告書の入っているフロッピーと、元々解析を依頼する予定だった『光ディスク』を二宮博士に渡し、任務完了。

GSアムロ
GSアムロ

お使いを頼まれ過ぎて、そもそもの目的を忘れかけていたよ…。

 

一旦科特隊基地に戻ったアムロ達ですが、忙しいことに更なる任務が与えられることに。
おやっさん(立花藤兵衛)から、『東京で行われているサミットの警備をお願いしたい』と説明を受けます。

 

東京都内には既に先行して仮面ライダーZX(ゼクロス)が乗り込んでおり、『東京の地下が怪しい』との調査報告を送ってきてくれています。

アマゾン
アマゾン

そんな仮面ライダーいたっけ?

東京に向けて出発しようとしましたが、入り口付近のガードマンが『アストナージが待っている』と言って通してくれません。
アストナージのいる格納庫へ行きましょう。

アムロ達が乗り込む東京は、ガンダムが入れないような狭い所ばかり。



そんなアムロが敵側と互角に戦えるように、アストナージは『プチモビ』という機体を用意してくれました。

GSアムロ
GSアムロ

これが、その『プチモビ』。
ニュータイプといっても、さすがに生身では戦えないよね。

 

東京へ向けて出発!

アマゾン
アマゾン

オレ、グリーン車に乗りたい。

レオ
レオ

我慢しろ。

東京のサミット会場。
既に警備に入っている警部さんに挨拶をしにいくと、お礼を言われるどころか邪魔者扱いされる始末。

そして、首相から直々にボディガードを頼まれたという『マークハンター』という人物。

 

歓迎されていないアムロ達でしたが、ここで事件が発生。
サミット会場に、ショッカーが出現したようです。

レオ
レオ

偉そうにしていたのに、警備はこのザマかよ。

 

目の前に現れた、ザンジオーとのバトル。
3人でタコ殴りにして、倒しちゃいましょう。

 

警察やマークハンターが警備をしていたにも関わらずサミットに参加していた各国のお偉方がショッカーに誘拐されてしまったようです。

マークハンターから『俺に協力しろ』と提案が。
今は、誘拐された首相達を救うことが第一。



ここは、『はい』を選択しましょう。

 

一時的にではありますが、自信満々のマークハンターがここで仲間に加入。
マークハンターが持っていた情報と、事前にZXから聞いていた情報が一致。
都内の地下を目指しましょう。

 

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました