アレサ攻略 #12

レトロゲーム
スポンサーリンク

ファングドールと離れ離れになってしまったアリエル



『ヴァンダール帝国』の一味に捕まってしまい絶体絶命のピンチかと思われましたが、謎の女性キャラ、マリーの登場により脱出に成功。

地下牢脱出後は追手のキールに見つかってしまうも、新たに仲間となったカイルの協力により撃退。
まずは『ハロハロの町』を目指すことになりました。

カイル
カイル

俺はカイル

剣の腕を磨くため、旅をしているんだ!!

よろしく!!

『ハロハロ』の町は『アレサ神殿』の北西。
街中を歩いて聞き込みを行うと、はぐれたままになっていたファングがこの街に滞在していることが判明します。

ファングのいる薬屋には、後ろにある裏口から入ることとなります。
ちょっと分かりにくいですが、裏に回って下ボタンを押していれば勝手に中に入ることができます。

裏口から薬屋の住居部分に入ることに成功。
画面右手に、ファングの姿がありますね。
隣の部屋に移動しましょう。

ファングに声をかけるアリエル



しかし…ファングは目の前にいる少女ミムに対し、ここで暮らすことを約束してしまったため、これから先は共に冒険できないと告げられてしまいます。

アリエル②
アリエル②

…!!

ファングファングなの!?

ファング
ファング

ごめん、アリエル…。

おいら、ミムと約束しちゃったんだ…。

ここで暮らすって…。

せっかく会えたアリエルファングでしたが、少女との約束は固い様子。
アリエルは気丈にもファングの幸せを願い、薬屋を後にすることに。



ネタバレになってしまいますが、ファングはこの後パーティーに合流してくれます。
物語を進めるため、町の出口へと移動しましょう。

町の出口に到着すると、アリエルカイルの会話イベントが発生。
この後の目的地について話し合いを行い、ひとまずマードックのいる『リストホーン』へと戻ることとなります。

『リストホーン』へ向かうには、船を使う必要があります。
入国した時と事情が異なる現在、無事に船に乗れるかは怪しい状況。

どうやって船に乗るか悩むアリエルでしたが、何やら策を持っていそうなカイル
一旦、港町である『ポートムルシア』へ向かうことに。

イベントは更に続き、既に述べた通り、思い直したファングが追いかけてきます。
薬屋の少女ミムもこの件については了承しているようで、ファングが再加入となります。

ファング
ファング

当ったり前だよ!

オイラには、アリエルを守る使命があるんだもん!!

パーティーが賑やかになったところで、港町『ポートムルシア』へ戻りましょう。
場所は覚えていますか?
『ハロハロの町』から南の方角です。

船に乗る手段については、カイルに一任していました。
ここは指示通り、港の倉庫へと向かう必要があります。
ちなみに入るべき倉庫は、一番右の建物です。

カイル
カイル

港に倉庫があるだろ。

まずは倉庫の中で手頃な荷物を見つけるんだ!!

ここまで来れば、もうお分かりですね?
カイルは密航を狙っています。



彼の言う『手頃な荷物』とは、倉庫の一番奥にある少し色が違う木箱のことです。
木箱の前でAボタンを押すと会話イベントが発生し、一同は箱の中に入ることに。

画面上では1人分の大きさしかありませんが、どうにか2人と1匹が入れる模様。
アリエルは激しく嫌がっていますが…。
ここからは強制的にイベントが発生するため、しばらくAボタン以外操作できません。

アリエル②
アリエル②

エ~ン!暗いよ~!!

カイル
カイル

シィー!静かに!!

しばらくすると、船の乗組員が登場。
アリエル達の入った荷物を、船へと運び入れはじめます。
ひとまずは乗船完了。

やがて船は出航。
落ち着いたところで、窮屈な箱から外へと出る2人と1匹。

空腹を訴えていたファング、食料を探しに行ったのが運の尽きでした。
乗組員に見つかってしまいます。

密航がバレてしまった一行。
必死に謝り続けるカインですが、船長は許してくれそうにありません。

簀巻きにして海に投げられるのかと思われた、その時…。
アリエル達の前に、救世主が現れます。



その救世主の名は…ダラハイド
皆さんは覚えていますか?
いつぞや『リストホーン』で会話をした、あのキザな貴族です。

ダラハイド
ダラハイド

おや!これは、お嬢さん!!

またお会いしましたね!!

ファング
ファング

(…顔をよくよく見てみると、結構オジサンじゃん…)

ダラハイドは3倍の料金を支払うと申し出て、アリエル達の危機を救ってくれました。
本来であれば喜ぶべきところなのですが、そのキザな性格が素直に喜ばせてくれません。

ダラハイド
ダラハイド

このお嬢さんと、連れの者達の料金は私が払いましょう。
それで許していただけませんかな?

窮地を救ってくれたダラハイドに対し、お礼を述べるアリエル
今後しばらくダラハイドがパーティーへと加入することとなりますが、彼が後々、物語において重要な役を担うことになろうとは、この時点では予想できないでしょう。

色々なことが起きましたが、一同は無事に『リストホーン』へ到着することに成功。
とりあえずは『バンギ砂漠』について、何かと頼りになるマードックの下を訪れてみましょう。

アリエル②
アリエル②

マードックさんに、『バンギ砂漠』の『砂の城』について聞いてみようと思うの。

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました