20代のうちに知っておきたい読書のルール23(遠越 段)

浅見家の本棚
スポンサーリンク

20代のうちに知っておきたい読書のルール/遠越 段

今回の10連休中における断捨離作業の一環で読み直したのが、本書『20代のうちに知っておきたい読書のルール23』。



若年層を対象にしているだけあり、本書は左開きの横書き表記。
記載されている読書のルールは23個にも及びますが、書かれている内容はいたってシンプル。
気軽に読み進めることができるでしょう。

スポンサーリンク

はじめに

1.本を買う人が多いほど、世の中はおもしろくなり、活気が出る。書店に行き、本を買い、そして読みつづけることで、自分を変え、世の中を変えていこう
【本文より引用】

第1章 出会いの読書

2.書店に行けば自分の未来が見つけられる
3.書店に通えば感性が磨かれる。感じる力が身につく
4.本は買うだけでも意味がある
【本文より引用】
まずは書店に行き、本を買うだけでも意味がある。
『問題意識、好奇心・熱意の強さ、どう生きていくか』等の感性を磨くことができる。
今、読まなくても、必ずいつかは自分の力になる。

第2章 人生が楽しくなる読書

5.読書は、人生で恐いものなどなくしてくれる
6.好きな人が本好きであれば、こんなうれしいことはない
7.死ぬほど読みつづける本を何冊も持つ喜び
【本文より引用】
人生は良いことばかりではないが、生きる喜びや意義を読書は教えてくれる。
数多くの本を読むのも良いことだが、1刷の座右の書から思想や性格が養われれば、なお素晴らしい。



第3章 生きがいの読書

8.10代までは日本語の基礎を学び、20代からは自分の人生をつくるための読書をする
9.雨の日も、晴れの日も、週末もウィークデイも本を読もう
10.向上する喜びを知る
11.顔には、その人の気概や心の豊かさ、品格というものが写し出されてくる
12.本を読む人は、心が豊かになる
13.読書で自分に自信が持てるようになる
14.本物のアスリート、伸びつづけるプロスポーツ選手たちが読書を欠かさない理由
【本文より引用】
全ては、学校を出てからの人格や品格の形成が重要。
そのためには、寝る前や起床後の30分でもいいから本を開くこと。
目標に向かい、考え、本を読み、勉強し、行動を繰り返しつづけることが、生きる喜びとなり、自分に打ち克つ力となる。

第4章 学び表現する読書



15.本にどんどん自分の考え、思いを書き込め
16.本を人生最強の武器に変えていく三つのノート
17.抜き書きノートのすすめ
18.抜き書きノートのすすめ その2
19.サブノートをつくってみる
20.本は好きなように読み、どんどん書き込んでいくと後々役立つ
21.速読と精読
22.アウトプットのすすめ
【本文より引用】
最強の武器になりうる三つのノート
①自分の目標、仕事・読書の予定を記入するノート(スケジュール帳など)
②抜き書きノート(重要だと思うところ、好きな文章などを抜き書きする)
③サブノート(その本について、徹底的に勉強するノート)
特定の速読術は身に付けなくても良い。
あとは、①・②・③でインプットしたものをどんどんアウトプットしていくこと。

終わりに

23.幸せな成功者となる読書

本書で紹介されている三つのノートにより、自分の生き方が見えるようになり、若い頃から抱いてきた夢や志が消えることなくつながっていく。

ざっと、本書の内容を要約させて頂きました。
横書きの文章に慣れるまで私は若干の時間を要してしまいましたが、若年層の方を対象にしているだけあって、難しい文章などはシンプルにまとめられていたという印象です。



この本に書かれている23個のルールを念頭において読書をすることで、人生に必要不可欠な人格や品性を磨き、これからの生き方が見つめ直す…。
そういった意味で考えると、私のような30代にも読む価値がある本だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました