SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #9

レトロゲーム
スポンサーリンク

『ルウムの村』にてネモを仲間に加えたナイトガンダム。




ネモは自身の協力だけではなく、湖を渡るための船まで用意してくれていました。

早速、ネモの用意してくれた船で湖を縦断。
まずは、すぐ近くの『スウィートウォーター』という街へ向かい、巨人の情報を集めましょう。

船に乗って少し南下すると、『スウィートウォーター』の街が見えました。
余談ですが、この地名『スウィートウォーター』は原作(『逆襲のシャア』)にてコロニーの名前として登場します。

ナイトガンダム②
ナイトガンダム②

ただ単に、湖の畔にあるからっていうわけではないんだね。
何気によく考えてる名前ですわ。

早速、町へ入るナイトガンダム。

北東には、『ペルガミノ』という国があるそうです。
ここの王様は評判が良いようで、このあたりも原作に登場する『ペルガミノ』という人物をモデルにしていることが窺えます。

街中を探索していると、占い師(預言者ハモン)がいたので占ってもらうことに。
すると、『お主の信頼している仲間に、裏切られるかもしれない』という、恐ろしいことを言われる羽目に。

ナイトガンダム②
ナイトガンダム②

…いや、ラクロアを見捨てるように旅立ったアムロには既に裏切られてるけど…

セイラ
セイラ

…そういう意味ではないと思うけど…

 

一行は『スウィートウォーター』を後にします。
湖を渡り切り、対岸へ。




上陸して、東の方へ進んでいくと突然行方不明だったガンキャノンが現れました。
なんだか、喋り方が変ですね。

ガンキャノン
ガンキャノン

フッフッフッ、久しぶりだな。

ナイトガンダム。

ガンキャノンはラクロアから姿を消して以来、独自に伝説の巨人の後を追っていたようです。
伝説の巨人を探る上で重要になってくるのは、『心の水晶』というアイテム。

ガンキャノンはここではパーティーに合流はせず、一人で調査を進めるためにこの場を去っていきました。

 

ネモに話しかけてみると、どうやら彼もガンキャノンの様子がおかしいことに気付いたようです。

ネモ
ネモ

戦士ガンキャノンの様子が、少しおかしかったような気が…

ナイトガンダム②
ナイトガンダム②

いや、気付かない方がどうかしてるレベルだけどね、アレは…

一行は更に東へ。
すると、大きめの街を発見しました。

新たに訪れたのは、『グリーンオアシス』という街。
カミーユとファが住んでいたコロニーがこんな感じの名前だったような気がしますが…。

どうやら、この街にも預言者がいるのだとか。
次から次へと出現する預言者達。




一体、誰を信じていいのやら…。

宿屋に宿泊していたのは、アレクサンダーという名前の預言者。
伝説の巨人について占ってもらったところ…

『南の方角に大きな城が見える』とのこと。
その城に、伝説の巨人がいるというのでしょうか?

その占い師に言われた通り、次は南にある砂漠へ行くことに。
その前に、こっそりと『ペルガミノ』に向かおうとしましたが、ガンキャノンが立ちはだかって通してくれません。

ここは素直に南に向かいますか…。

南方に向かって歩いていると、何やら祠のようなものを発見。
早速入ってみることに。

祠の中には、2人の人物。
まずは、手前にいる人に話しかけてみましょう。

1人は『黄金の騎士』。
ジオンに『心の水晶を渡してはいけない』と言われました。

黄金の騎士…百式ということでしょうか?

次は奥にいる人物と会話。
もう一人は、預言者サラサ。

ナイトガンダム②
ナイトガンダム②

また預言者かよ…

とナイトガンダムが思ったかどうかは定かではありませんが、預言者サラサは自身を『ルフォイの星』と名乗りました。

『ルフォイの星』とはアイテムではなく、この預言者のことでした。
…しかし、サラサは伝説の巨人の居場所については把握していませんでした。

しかし、ガンキャノンが話していた『心の水晶』の在処はしっているようです。
『心の水晶』があれば、伝説の巨人を操ることができる模様。
そのため、ジオン軍に先んじて入手しなければならない重要なアイテムですので、ここは急いで『北西の洞窟』とやらへ向かいましょう。

 

ここで預言者サラサが仲間に加入。
なにやら怪しい雰囲気ですが…今の手がかりはこのサラサだけ。




しかし、ここでレベル1のキャラクターが加入ですか…。
レベル上げが捗りそうです…。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。