SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版)攻略 #1

レトロゲーム
スポンサーリンク

先日、ドラゴンクエスト4の攻略が無事に終了致しました。
全59回にも及び長丁場の攻略でしたが、皆様に温かく見守って頂いたことで何とかやり遂げることができました。



早速、本日から次なるレトロゲームの攻略に着手致します。

これまでの…
『ファイナルファンタジー4』(スクウェア)
『カブキロックス』(アトラス)
『ドラゴンクエスト4』(エニックス)

に続いて進めていくゲームは、本記事のタイトルからも分かる通り、『SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語』です。

作品の概要については既に記事を公開(『SDガンダム外伝ナイトガンダム物語(SFC版) #0』)しておりますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

まずは、タイトル画面。
本作の主人公であるナイトガンダムを先頭にして、その後ろにアレックス、ゼータ、ダブルゼータ、ニューが控えている布陣。
ガンダム好きにとっては、思わずニヤついてしまう光景です。

では、早速本編を始めて参りましょう。
本編の舞台は、スダ・ドアカ・ワールド。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

『スダ・ドアカ・ワールド』?
なんのこっちゃ?
言いにくいし…

と、お思いになった方も多いことでしょう。



ですが、この世界の名前にはきちんと意味があります。
『スダ・ドアカ』の部分を、逆から読んでみて下さい。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

『スダ・ドアカ』…

……

カードダス!!

元々は、カードダスから派生したナイトガンダムシリーズ。
派生モノだけあって、登場するキャラクターはそのほとんどが各原作の人物や機体がモデルになっております。

さてさて…そんなスダ・ドアカ・ワールドでございますが、元々は平和な世界でありました。
しかし、突如として現れたサタンガンダムという魔王的扱いのキャラクターが、モビルスーツ族による支配を目論み、世界中を恐怖の底に叩き落すところからストーリーは始まります。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

よくある展開だよね。

そんな世界の現状を憂うのは、ラクロア国の王レビル。
原作では将軍という階級でしたが、ナイトガンダム編では一国の主。
そのレビル王の傍らに坐るのは、姫の設定であるフラウ・ボゥ。

 

ここでフラウ姫は自室へと戻ったのですが、窓から不思議なモノを見てしまいました。

空から何かが、ラクロア国の近くに落ちたのです。



流れ星?
隕石?
気になって仕方がないフラウ姫は、一人で城を飛び出し確認に行くことに。

 

この前段を元に、第一章『ラクロアの勇者』がスタート。
ナイトガンダムとサタンガンダムが対峙している場面ですね。

ラクロア国から僅かに南西の地点。
目を覚ましたのは本作の主人公である、ナイトガンダム。

ここでナイトガンダムは、隕石の様子を見に来たフラウ姫と出会うことになります。
しかし、フラウ姫はモンスターに襲われていたため、これを助けることに。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

お姫様が一人で城の外を出歩くんじゃないよ…

 

無事、モンスター(ゴブリンザク)を撃退することに成功したナイトガンダム。
しかし、ガンダムには自分の名前以外の記憶が無い模様です。

フラウ姫を護衛しつつ、ラクロア城へ。
一連の流れを報告。

そしてレビル王は、今世界中を悩ませているサタンガンダムの強大な力について説明を開始。

古くから、この国には言い伝えがあるようです。
『星降る時、大いなる地の裂け目より神の板持ちて勇者現る。その名はガンダム。』

なるほど…言い伝えの件が確かならば、ナイトガンダムはこの世界を救う勇者となるべき存在と言えそうですね。

『サタンガンダムを倒してくれ』という依頼。



誰かに頼みたいところですが、ここで首を縦に振らないと一向にストーリーが進まないと思われますので、これを承諾。
併せて、この国に伝わる『欠けた石板』を預かることに。

 

ここで仲間が加入。
加わってくれたのは、王のそばにいたガンタンク。
職業は僧侶ということなので、魔法を中心にガンダムを支えてくれることとなります。
この辺の立ち位置も、原作と一緒ですね。

ガンタンク
ガンタンク

…非力だけど、よろしくね。

他の戦力として戦士ガンキャノンも存在するらしいのですが、現時点では不在。
仲間は一人でも多い方が良いので、まずは彼を探し出してパーティーに加えましょう。

ナイトガンダム
ナイトガンダム

しょうがないから、探しに行こうか。

いよいよ、ナイトガンダムの旅立ちです。
これから先、サタンガンダムを始めとする多くの敵との激戦が彼を待ち受けています。



ゲームのバランスの極悪レベルの本作、クリアできるように着実に進めていきたいと思います。

(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。