【カブキロックス】攻略 清姫との戦い(2回目)(#32)

カブキロックス

これまでの【カブキロックス】の攻略記事一覧は、こちら

いよいよゴールが見えてきた、スーパーファミコン用ソフト【カブキロックス】の攻略。
今回は第32回目です。

最終決戦の地『オエド』に向かうロック達は、その途中にある『日光町』に到着。
そこから、『ムツ』を治めている天斎の配下・五ェ門の待つ関所へと足を踏み入れました。

ボス戦:清姫

しかしながら…この関所で戦う相手は、実は五ェ門ではありません。
冒頭、関所でロック達を待ち受けているのは確かに五ェ門ではあるものの、ここでは結果的に清姫と戦うことになります。

改めて五ェ門と会話。
どうやら話を聞いていると、夕凪の目の光を奪ったのは五ェ門であることが明らかに。

先程も述べたとおり、ここでは五ェ門との戦いは発生しません。
その代わり…以前撃破したはずの清姫が再登場し、姿を変えて戦いを挑んでくる展開となります。

命を助けてあげたというのに…『恩を仇で返す』とは正にこのこと。
清姫とのボス戦がスタートします。

この清姫との戦いで厄介なのは、全員にダメージを与えてくる『雨の慕情』。
また、『む言…色っぽいね』でマッキーが沈黙状態にさせられると、回復手段が限られてしまうので要注意です。

清姫を撃破すると、五ェ門は戦わずに撤退していきます。
『時間がない』という理由を口に出してはいますが、ロック達に恐れをなしているのは火を見るよりも明らか。

関所を出ると、甚五郎さんと楽屋シップが一行を待ち受けています。
どうやら楽屋シップの改造が終わったようです。
この後は、五ェ門を追跡することになります。

修復が終わったばかりの楽屋シップに乗り込もうとすると、イベントが発生。
どこからともなく、不気味な声が聞こえてきます。

甚五郎さんによれば…その声の主は、彼の兄弟子である右 ジンゴロー

 

漢字とカタカナの違いこそあれど、兄弟子もジンゴローという名前なのは非常に分かりにくいですね。

右 ジンゴローは楽屋シップに乗った後に接触を図ってくるので、心の準備だけはしておきましょう。



楽屋シップ

この後一同が楽屋シップに乗り込んだところで、物語は新たな章へと突入。
『第十五章 空よ』のスタート。

新章が始まったことに伴い、船内では夕凪が失明した経緯について語られます。
夕凪によれば、五ェ門のIQは300を超えるとのこと。
人は見かけによりませんね。

 

ここで、楽屋シップが大きく揺れ始めてイベントが始まります。
楽屋シップに乗る前に不気味な声を出してきた右 ジンゴローが接触をしてきました。
早く『オエド』に行きたいんですが…。

 

甚五郎さんの兄弟子・右 ジンゴローは、自身が開発したアンコクロボに乗ってこちらを襲撃してきます。

当初は和風RPGの雰囲気を出していた【カブキロックス】ですが、ここに来てSF色も段々と濃くなってきました。

ロック
ロック

全員、戦闘配置につけ!!

 

このままでは、アンコクロボによって撃墜されるのを待つばかり。
絶体絶命のピンチに思われましたが、ここで楽屋シップは甚五郎さんの掛け声によって変形を始めます。

 

まるで【スーパーロボット大戦】シリーズのような、変形シーンのアニメが流れ始めます。
これも、スーパーファミコンの性能のなせる業ですね。

【カブキロックス】、次回は変形した楽屋シップとアンコクロボの戦闘からお届けをする予定です。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました