【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】攻略 #35

レトロゲーム

これまでの【ヒーロー戦記 プロジェクトオリュンポス】の攻略記事一覧は、こちら

敵ながら天晴れな最期を遂げたアポロガイスト
『ネオショッカーの基地』を攻略して海岸に出ると、『バダンの基地』へと繋がる入口が現れます。

今回は、『バダンの基地』の攻略から記事をスタートさせていきます。

バダンの基地

再び訪れる『バダンの基地』では、ボス戦は無いので安心して進んで下さい。
奥へ進んで行くと、逃げようとしている暗黒大使を発見する流れになります。

暗黒大使とのボス戦はありません。
その代わり…3人のショッカー戦闘員が戦いを挑んできますが、苦戦する要素はゼロ。

最後までカイザーグロウ頼りの暗黒大使は、ショッカー戦闘員を犠牲にして逃亡。
その後は死神博士が登場する忙しい展開となります。

死神博士暗黒大使は現在は敵対する仲。
バダンの壊滅を契機に、死神博士メフィラス星人の手伝いをするために南 光太郎の前から去って行きます。

 

来た道を戻っていくと、仮面ライダーZX(村雨 良)が登場。
調査を依頼していたカイザーグロウの弱点について教えてもらい、南 光太郎の単独パートは終了します。



ツァイト市①

ここからは、ダンのパートが始まります。
ダンが飛ばされたのは、『ツァイト市』です。

『ツァイト市』の東には訪れた人を迷わせる森が広がっていますが、今は足を運んでも意味はありません。
まずは『ツァイト市』の市役所へ移動。

市役所の5階に向かい、部屋の中にいるロバート長官と会話。
これにより、ストーリーが進行します。

ロバート長官との会話を経て市役所を出ようと移動を開始すると、先を急ぐ様子の2人組を目撃するイベントが発生します。

市役所を出たら、『ツァイト市』の西にあるホテルへ移動して宿泊の手続きを取って下さい。

ダンの部屋は、2階にある201号室です。
部屋に入ると就寝する流れになります。

イベントはまだ続きます。
ダンが寝静まったと思われたところ、謎の2人組が襲撃をしてきます。

絶体絶命のピンチかに思われますが…ダンはこうなることを予測していました。
ダンによれば…襲撃をしてきたのは、市役所で先を急いで建物を降りていった2人組。

この後は、再びロバート長官の部屋へ移動します。
襲撃されたことを報告するとロバート長官の様子が一変し、その正体が実はロボットだったことが判明。

これは恐らく『ウルトラセブン』の原作に登場した、ロボットに支配されるディストピアと呼ばれる第四惑星の舞台がベースになっていると思われます。



ツァイト市②

とにもかくにも…このイベントをきっかけに、エンカウントが発生します。
セブン(ダン)1人の状態なので、戦闘では全滅してしまわないように『リライブ光線』を上手に使っていきましょう。

行ったり来たりで面倒ですが、『ツァイト市』の町中がエンカウント状態に陥ったら先程のホテルに戻ります。

自室である201号室の片隅に少年・けんたに話しかけると、新たなストーリーが展開されます。

けんたの話を聞き、ダンは偽物であるこの『ツァイト市』の破壊を決意。
するとけんたは、市役所の中に爆弾が隠されていることを教えてくれます。

爆弾が隠されているのは、市役所の4階にあるロッカーの中。
もう何度足を運んだのか分からないくらいですが、けんたと会話をした後は市役所に移動して下さい。

市役所の4階にあるロッカーから爆弾を見つけたら、あとは自動的にダンが爆破の準備を進めてくれます。

爆弾を仕掛けたらホテルに戻って、けんたに話しかけます。
これにより、イベントアイテムの『ワッペン』を受け取ることができます。

 

『ワッペン』を受け取ったら、あとはけんたと共に偽物の『ツァイト市』を東口から出るだけです。

その先は入ったら迷ってしまう森ですが、けんたの後を追って行けば本物の『ツァイト市』に行くことができます。



東の森

『東の森』へ入ると、ダンが仕掛けた爆弾が爆発。
偽物の『ツァイト市』は、これで壊滅状態になります。

この後は、先程も触れたとおりけんたの後を追って森の中を進んで行きましょう。
そうすれば、本物の『ツァイト市』に辿り着くことができます。

最後の分岐点では、けんたの姿を見失ってしまいます。
ここでは西(左)へ進路を取りましょう。
『ツァイト市』は、すぐそこです。

こちらが本物の『ツァイト市』。
当たり前ですが、偽物の『ツァイト市』と瓜二つの構造です。

ここでは、けんたから受け取った『ワッペン』がストーリーの進行に重要な役割を発揮します。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました