ガイアセイバー攻略 #30

レトロゲーム
スポンサーリンク

前回の攻略記事で、敵方の幹部だった【Rキラー】は行方不明になっていた【仮面ライダー2号】であることが判明。



かつて共に行動していた【マークハンター】は、そんな【Rキラー(仮面ライダー2号)】を撃破。
この先も特に触れられていませんが、恐らく2号はこれで死亡した模様。

このゲームの専売特許といっても過言ではない唐突な展開は、まだまだ続きます。
何の説明もなく、一行は宇宙へ。

到着したのは、『709コロニー』(コントロールセンター)。
しかし…コロニーの中は気温が極端に下がっているだけではなく、住民の数多くが亡くなっている異常事態。

スーパー1
スーパー1

何だコリャ!

みんな死んでいる!

それに、この寒さは何だ!?

建物を出たら、まずはコロニーの中にある『リチャードの家』へ向かいましょう。

『リチャードの家』に入ると…『機動戦士ガンダムF91』でお馴染みの悪魔の兵器…『バグ』が居座っています。
…考えるだけで、恐ろしいですね…

RX
RX

某お掃除ロボットにしか見えないのだが…

接触することで、『バグ』との戦闘が始まります。
コロニー内で亡くなっていた人達は、この『バグ』に襲われていたことが分かります。

『バグ』撃破後に建物の外に出ると、コロニーの中に『ショッカー本部』が新たに出現。
早速、乗り込みましょう。

建物の名前の通り、中に出てくるのはショッカー関連の敵ばかり。
これまで散々倒してきた相手が中心なので、カプセル怪獣を使って戦えば苦労はしないでしょう。

基地内部には、自問自答する戦闘員の姿も。

更なる唐突な展開。
なんと、【シーブック】達がショッカーに捕縛されています。

スーパー1
スーパー1

…何で、こいつらショッカー如きに捕まってるの?…

しかし、現時点では彼らを救い出すことが出来ません。
お約束の展開ですが、この建物の中にいるボスを倒す必要があります。

…ということで、一行を待ち受けていたのは【マシーン大元帥】。

結論から言いますと、【マシーン大元帥】とは戦いません。
勝手に爆死してしまいます。



『死んだ…』
これ以外に言いようがない展開です。

アマゾン
アマゾン

死んだ…

しかし、これで終わりではありません。
先程も言った通り、ボス戦が待ち構えています。
相手は、【エージェント】。

本作のストーリーがスタートした当初…敵側も連携しながらヒーロー達を存分に苦しめていましたが、ここにきて『ショッカー』は捨て石にされてしまいました。
途中から現れた、『クロスボーン・バンガード』によって…。

では、改めて…【エージェント】とのボス戦がスタート。
第七話に続き、このボスが繰り出してくるのは単体に対する打撃一辺倒。
プレイヤーからすれば大変ありがたい展開ですが、物足りない感も否めません。

こちらも、同じ方法で応酬。
【RX】は必殺技『バイオフォーム』で攻撃し、他のメンバーはカプセル怪獣(ミクラス)。

この方法により、1ターンに約800のダメージを与えることが可能。
余程のことがない限り、3~4ターンほどで撃退できるでしょう。
敗れた【エージェント】は、撤退していきます。

これでフラグが立ちました。
捕らわれていた【シーブック】達を助けましょう。

【シーブック】達を開放すると、通信が入ります。
『サイド6とサイド5との連絡が途絶えたので、調査を頼む』とのこと。
忙しい展開が続きますが、早速向かいましょう。

マークハンター
マークハンター

人使いが荒いな…。
こりゃ、追加報酬を請求しなきゃならんな…。

…さて…この後に取る行動によって、地球と人口のカウンターに影響が出ることとなります。
『サイド6』と『サイド5』…判断に迷う所ですが、ここは『サイド5』から向かうのが正解。



『サイド6』から攻略しようとすると、既に全てが凍り付いているコロニーに対してなす術は無く、一気に人口減少が加速するので注意しましょう。

『サイド5』の『コントロールセンター』に着くと、【シーブック】が何かに気付きます。

シーブック
シーブック

ずいぶん寒いな…。

…もしかしたら!

RX
RX

さすが『ニュータイプ』ね。

建物の奥に行くと【シーブック】の予想通り、中には『クロスボーン・バンガード』の兵士の姿がありました。
【鉄仮面】の名前が懐かしい…。

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました