ガイアセイバー攻略 #15

レトロゲーム
スポンサーリンク

突如として連絡が途絶えた、201コロニーと203コロニーの調査に赴いたアムロ。
調査を進めていくと、その元凶はウルトラマンシリーズではお馴染みのメフィラス星人であることが判明。

知的な設定であるはずのメフィラス星人。



しかし…存外気が短いらしく、こちらに襲い掛かってきました。
メフィラス星人を倒し、コロニー調査の任務を終わらせましょう。

メフィラス星人自体は、とりたてて特徴があるわけではありません。
相手1人に対して、こちらは4人体制。
よほどレベルが低くない限り、普通に戦えば楽に勝利することができます。

このメフィラス星人との一件、問題なのは実はここからです。
メフィラス星人撃破後、そのままこの場から去ると、UFOは突如爆発。
冷凍保存されているコロニーの人々が大勢死ぬことになり、エンディングに大きな影響を及ぼしてしまいます。

後出しジャンケンのように、アムロの取った行動を責め立てる仲間達。
そういう大事ことは、UFOから出る前に言ってほしいものです。

レオ
レオ

…アムロ、あのUFOの中にコロニーの人達がいたのでは…?

メフィラス星人撃破後に取るべき行動は、UFOからすぐ去ることではありません。
機械の方にアムロを移動させると、『スイッチを押しますか?』という選択肢が出現。
これが正解です。

これで、人口やコロニーの損傷を最小限に抑えることに成功します。
事件解決後は、ストーリーを進めるためにルナツーへと戻りましょう。

ルナツーに戻ると、早速次の命令がアムロを待っています。



内容は『今すぐサイド1に向かってほしい』というもの。

しかし…ルナツーの基地司令はサイド1の現況ばかり長々と説明し、肝心の場所については全く場所を教えてくれません。

GSアムロ
GSアムロ

場所については、ノーヒントか…

少しは休ませてくれよ…

ルナツー内にるジュドーに話しかけると、戦闘には参加しませんが仲間に加入。
この後、なぜかダブルゼータに乗らないジュドーを見ることができるので、ガンダムファンは必見です。

ルナツーを出ると、イベントが発生。
オープニングの使い回しが容易に想像できるわけですが、これによりシャアのジオンからの独立を知ることができます。

敵同士の仲間割れはこちらにとっては好都合ですが、更にシャア達の会話を聞いていくとコロニー落としが敢行されていることが判明。

サイド1の調査はどこへやら。
至急、地球に落とされる予定の104コロニーへと向かうこととなります。

GSアムロ
GSアムロ

104コロニーは、ルナツーから201と203コロニーに行く途中にあるぞ!

104コロニーに到着。



一つしかない『コントロール』という建物に入りましょう。
どこへ行こうか、迷いようがありませんね。

一番奥の部屋が、この104コロニーの動力室。
ジュドーがコロニーのコントロールを試みますが、時すでに遅し。
コロニーを止めることはできません。

やむなく、104コロニーの外に出るアムロとジュドー。
落ちていくコロニーをただ眺めているだけの状況を良しとしないアムロは、『逆襲のシャア』のラストシーンばりの行動に打って出ます。

GSアムロ
GSアムロ

なんとかしないと…。

大丈夫、昔はアクシズだって…。

たった一機で落ちるコロニーを止めようとするアムロに、全く手伝おうとしないジュドー。
ルナツーでは、『僕も連れていってください。きっと役に立ちますよ。』と豪語していたはずなのに…。

ウルトラマン
ウルトラマン

…そういえば、僕達も手伝ってないや…。

アムロ、ごめん。

GSアムロ
GSアムロ

君達、控えめに言って『クズ』だわ…

アムロ一人の力では、動き出したコロニーを止めることはできませんでした。
104コロニーは重力に引かれ、地球への落下速度を加速させていくのです。

ちょっと短かったですが、これで第4話が終了。
アムロは行方不明となり、ストーリーの舞台は再び地球へと移ります。

次回は、第5話の攻略から開始します。



(次回へと続く)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました