ファイナルファンタジー4攻略 #7

レトロゲーム
スポンサーリンク



新年一発目のファイナルファンタジー4・プレイ日記です。
拙い記事内容ですが、改めまして今年も宜しくお願い致します。

セシル①
セシル①

いつまで続くことやら…。

などと暗黒騎士のセシルは述べておりますが、やるからには最後までやり遂げる覚悟です。

では、ストーリーのおさらいをここでしたいと思います。
しばし、お付き合いください。

白魔導士ローザは、バロンから愛するセシルのために砂漠のど真ん中に位置する『カイポ』まで駆けつけてくれました。
ですが、ローザは疲労が祟ったのか、病に倒れてしまったようです。

ローザの件を聞いたセシルはすぐさま病床へと駆け付けますが、事態は一向に上向きません。
病を治すためには『さばくのひかり』というアイテムが必要。

『さばくのひかり』を手に入れるには『地下水脈』を超え、ダムシアンを目指さなければなりません。

急がば回れ…。
レベル上げを経て早速『地下水脈』に向かったセシルとリディアですが、賢者テラと名乗るジイさんがおり、話しかけると色々と事情(娘の色恋沙汰)があって、仲間になることとなりました。

テラ
テラ

宜しくな!!

賢者テラを仲間に加えて奥へ進んでいくと、お約束のボス戦(オクトマンモス戦)。
大した苦労もなくボスのオクトマンモスを成敗し、いよいよ目的地であるダムシアンへの道が開けました。

洞窟を抜けると…そこは雪国などでは当然なく、一行を待ち受けていたのは砂漠とその中に佇むダムシアンのお城。

セシル①
セシル①

また砂漠かよ…。
この格好で出歩いていたら、熱中症になっちまうよ。

熱中症の不安もあるでしょうが、セシルは砂漠に足を踏み入れました。
新たな出会いとドラマに期待と不安を抱きながら進んでいくと、突然イベント開始。



何やら飛空艇がやってきました。
恐らくバロン国のものと思われます。
しばらく呆気に取られておりますと、ナチスのコンドル軍団顔負けの絨毯爆撃をダムシアン城にお見舞いしていったのです。

飛空艇による絨毯爆撃は終わりました。
すると城は変わり果てた姿に。
果たして、城の人々やテラの娘さんは無事なのでしょうか。

城内に入ると、やはり心配した通り酷い有様。
城壁は崩れ落ち、今にも命の灯が消えそうな兵士の姿が。

戦争における制空権の重要性をまざまざと見せつけられたような気がいたします。
ここまで一方的なものになると、最早『戦争』と呼べるかどうかも疑問ですが…。

 

奥に進んでいくと、傷ついたお嬢さんがいました。
そのお嬢さんこそが、テラの愛娘・アンナです。

ここで痛恨のスクリーンショット撮影失念という大変残念な事態が発生。
現場にはテラ曰く『愛する娘を誑かした吟遊詩人』もおり、逆上した賢者はその男性に襲いかかります。



年寄りの冷や水にならないことを祈るばかり。
気持ちは分からないでもないですが。
テラの凄まじい怒りがさく裂しますが、娘のアンナが止めにかかります。

 

アンナの声により、テラは一度抱いた怒りをなんとか押し殺します。

よくよく事情を聞いていきますと、目の前の男性は表面上は吟遊詩人でありますが実はダムシアンの王子・ギルバートでありました。
アンナは一国の王子と恋に落ちていたのです。

ですが、運命は非情です。
アンナは傷が深く、ついに還らぬ人になってしまいました。

テラ
テラ

許さん、許さんぞ!!

テラは、一度振り上げた拳をどのようにしていいか分かりません。
その結果、単独でバロン王国へ報復するために仲間から外れていきました。

その場に残されたのは、セシルとリディア。
そして、愛するアンナと祖国を奪われたギルバートのみ。

哀しみに暮れるギルバートですが、なんとか立ち直り『さばくのひかり』探しを手伝うため仲間に加入することに。

セシル①
セシル①

こいつ、いつまでもメソメソしてて果たして戦力になるのかしら…

セシルは少々手厳しいことを言っているようですが、恋人を失った悲しさというのは実際に同じ境遇に陥った人しか分からないことでしょう。
ギルバートの気持ちも、分からないではありません。



とにもかくにも、ギルバートは仲間へと加わりました。
その実力に対して疑問符が付きまとっておりましたが、そんな彼の特質性はすぐさま発揮されたのであります。

なんと『さばくのひかり』があるという洞窟(浅瀬を超えた先にある)へ行くための手段として、ホバーを提供してくれました。

セシル①
セシル①

やっぱり、世の中全ては金だな…。

さすが王族。
大航海時代から約500年。昔も今も、冒険者にスポンサーは付き物なのであります。

でも、ここでちょっとダムシアン場内の探索。
お約束…ではありますが、その行為はもはや夜盗・盗賊の類。

ホバーの提供を受けたばかりか、城に残っているアイテムは全て回収。
皆さんの仇は討ってやるから、ご了承願いたい…。
隠し要素っぽい建物の宝箱も、私にかかればイチコロ。

 

そして、本格的に出発する前に回復のツボでHPとMPを回復させることも忘れません。

 

よし、ギルバート、案内してくれ! (案の定、弱いな…この王子様…)

リディア①
リディア①

私より弱い男性が、この世にいるなんて…(絶句)

負けるな、ギルバート。
手厳しいセシルリディアと違って、私は君の味方だよ。



(次回へと続く)

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。