【ファイナルファンタジー4(スーパーファミコン)】攻略 バロンの町(#3)

ファイナルファンタジー4

これまでの【ファイナルファンタジー4】の攻略記事一覧は、こちら

『バロン王国』の飛空艇団・赤い翼の隊長の任を解かれてしまった暗黒騎士・セシルは、主君であるバロン王の命令により『ミストの村』へ幻獣退治に赴くこととなりました。
同僚であり親友でもあるカインが協力してくれることとなり、冒険がスタート。

バロンの町①

『バロン城』を出発したら、すぐそばに町があるのでここで冒険の準備を整えましょう。
名前は…『バロンの町』。
『バロン城』同様に、ここでもRPGの醍醐味の1つでもある探索が楽しめます。

まずは『バロンの町』の雰囲気を満喫しつつ、ツボの中身などをチェックしていきましょう。
やっていることは浮浪者の行為そのものですが、背に腹は代えられません。
入口近くのツボからは、めでたく『ポーション』が手に入ります。

カイン
カイン

セシルと俺は呪文を使えないからな。
回復アイテムの『ポーション』は何かと重宝するぜ。

『バロンの町』に滞在しているネミングウェイというキャラクターに話しかけると、セシルの名前を変更することが可能です。

セシル①
セシル①

ヘミングウェイではなく…ネミングウェイ…。

ダジャレか…。

幼少時代の私であれば間違いなく自分の名前でもある”ヨシヒロ”と付けたでのしょうが、大人になった今では恥ずかしいのでデフォルト名であるセシルで楽しみましょう。



バロンの町②

『バロンの町』の左へ足を運んで行くと、草むらの向こうに鍵の掛かったドアを発見することができます。
今は通ることができませんが、ストーリーが進めばこのドアを開ける時が来るでしょう。
その時が来るのを、今は楽しみに待つしかありません。

当時の【ファイナルファンタジー】シリーズには、こういった遊び要素も満載でした。
特に暖炉の火などは、プレイヤーがここでボタンを押すと見越してこのような台詞を用意しているのですから本当に頭が下がる思いです。

セシル①
セシル①

あちちっ!

水場付近では、女性が水着になるお色気シーンも健在です。
うーん…時代ですなぁ。
今では審査などに引っかかってしまう恐れがありますね…。

道具屋などでひとおり回復アイテムなどを揃えたら、いざ『バロンの町』の外へと出発。
しばらくは『バロンの町』の周辺で、レベル上げをすると良いでしょう。
ちなみに砂漠の西の方へ向かうと、『チョコボの森』があります。

シリーズきっての人気者であるチョコボと戯れたいところですが、今はレベルを上げて先へ進むことを優先させなければなりません。

『バロンの町』を拠点にしてレベル上げなどを行ったら、いよいよ本格的な冒険の旅に足を踏み入れることになります。
次回をお楽しみに。

(次回へと続く)



タイトルとURLをコピーしました