【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略 #27

レトロゲーム

これまでの【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】の攻略記事一覧は、こちら

暑いです、今年の夏は本当に暑いです。
平日は冷房の効いた職場にいるのですが、自宅においても電気代の増加を厭わず、ただひたすら文明の利器にお世話になっている浅見ヨシヒロです。



全国各地で、熱中症で体調を崩す人が増えているようですね。
なるべく涼しい場所で、水分を摂りながらお過ごし下さい。
こんな日はエアコンの効いた部屋で、ゲームか読書に限りますよ。

ミネア
ミネア

くれぐれも無理はなさらず、自分の体調と相談しながら過ごしてくださいね!

今回のブログ記事は、久々に【ドラゴンクエスト4(ファミコン版)】攻略です。



前回は、父の弟子だったオーリンマーニャミネアが仲間に加え、『キングレオ』のお城に行ったところまでお届けしました。
一通り情報を集めたところで、港町『ハバリア』へ向かいましょう。

マーニャ
マーニャ

『ハバリア』は、『キングレオ』から北に行けば見えるわよ!

事前に入手した情報とおり、港町『ハバリア』に到着です。
『モンバーバラ』や『コーミズ』の周辺と比べ、少しずつ敵が強くなってきているので装備を新調しておきたいところです。

『キングレオ』で情報収集をした結果、分かったことは以下の3つ。

ミネア
ミネア

①新しく王になった人物は、隠し部屋に潜んでいる。

②手がかりを握る大臣は、大きな音に対して敏感。
③以前に大きな音を立てた男が、『ハバリア』に囚われている

装備を一通り新調したら、③に記載のとおり『ハバリア』の街の牢屋に行って捕らわれた男に会ってみましょう。
次に進むべき場所が、少しずつハッキリしてきます。



囚われた男性と、牢屋越しに面会。
大臣を驚かせる原因となった火薬は、『ハバリア』から西にある『アッテムト』で手に入れたということが判明します。

マーニャ
マーニャ

よぉ~し!

ってことは、次は『アッテムト』に行くわよ!

ミネア
ミネア

姉さん…『アッテムト鉱山』は、いくら掘っても金は出ませんからね!!

マーニャ
マーニャ

…な、なぜ、分かった…

次なる目的地である、『アッテムト』へ。
新たなダンジョンと急激に強くなる敵も待ち構えているので、適度なレベル上げもお忘れなく…。

先程も触れましたが、徐々に敵も強くなって参りました。
何度も同じことを言うようですが、戦士タイプのオーリンの加入は本当に頼もしい限り。
場合によっては、オーリンを先頭に立たせるのもアリかと思います。

『ハバリア』から西は森や山岳地帯が多く、平原と比べて高めのエンカウント率。
レベル上げにはもってこいの環境ですが、数歩歩いては敵との遭遇というのは、なかなかストレスも溜まります。

マーニャ
マーニャ

きーーー!!

敵が多すぎなのよ!!



長い長い旅路を経て進んでいくと、ようやく『アッテムト鉱山』に辿り着くことができます。
『ハバリア』から西とは聞いていましたが、大陸の最西端です。

鉱山と聞くと屈強な男達による活気のある鉱山街をイメージしがちですが、実際に訪れた『アッテムト』は、なんともいえない荒廃っぷり。

ミネア
ミネア

…これは、『荒廃』というレベルを超えているような気がします。

何かあったのかしら?

その原因は、鉱山からの毒ガスの噴出。
『アッテムト』はかつて鉱工業で賑わいを見せた地でしたが、毒ガスの発生以降、住民達は次々と亡くなったり、街を離れていってしまいました。



ベッドに寝たきりになっている老人に話すと、マーニャ達が探していた火薬の情報を手に入れることができます。

マーニャ
マーニャ

『火薬』は、勝手に持って行っても大丈夫みたいね!

ちなみに余談ですが…ここで【ドラゴンクエスト】シリーズが産んだ、有名なフレーズを紹介させて下さい。

4勇者
4勇者

『返事が無い。ただの屍のようだ。』

『火薬』を手に入れるためには、いよいよ鉱山の中へと入っていきましょう。
痛恨の一撃を繰り出してくるメタルスコーピオンや、攻撃力が強いとらおとこに注意をしながら奥へ進んでいきます。

ミネア
ミネア

この鉱山の中には私専用の武器『銀のタロット』があるので、忘れずに入手して下さいね。

鉱山の中では毒ガスがマーニャ達を襲うことはありませんでしたが、その代わりに強力な敵による盛大がお出迎えが待っています。

宿屋と鉱山を行き来しながら少しずつ奥を目指していけば、今回の目的物である『火薬つぼ』の入手はすぐそこです。

マーニャ
マーニャ

『火薬つぼ』を手に入れたわ!!

この『火薬つぼ』を『キングレオ』の城内で使用することで、ストーリーを進めることができます。



第4章も、あと僅か!!

(次回へと続く)

タイトルとURLをコピーしました