ドラゴンクエスト4 #13

レトロゲーム
スポンサーリンク

本日は朝から、大阪で大きな地震が発生致しました。
私も7年前の東日本大震災による大きな揺れを体験しておりますので、被災者の方の不安な気持ちが痛いほど分かります。

こんな時に、このようなブログ記事を書いていていいのか…という気持ちも若干あります。
しかし、7年前の震災当時の私は各メディアから流れる地震の情報ばかり見せられ、気が滅入りそうな状況でした。

私にできることは限りなくゼロに近いと思います。
ですが、少しでも普段と変わらない日常をお届けしたいと考え、いつも通りレトロゲームのプレイ日記を更新したいと思います(偽善かもしれませんが…)。



前回は、アリーナ姫が父であるサントハイム王の声を治したところで終了しました。
父と娘の親子の絆みたいなものを垣間見たような気がして、清々しい気分になりました。

そんなアリーナ姫の章も間もなく佳境。
砂漠のバザーを東に進み、一向はエンドールへと向かうべく関所を目指します。

実は、この関所は以前訪れた際には通ることが出来ませんでした。
サントハイム王が許可してくれていなかったためですが、きちんと連絡が伝わっているようで通行出来そうです。

関所とはいえ、我々日本人が思い描くような手形を見せて通過するような類ではありません。
ドラクエらしく、旅の扉を使った関所です。





よくよく話を聞いてみると、それはエンドール王がついつい口走ってしまったこと。
とはいえ、今更それは撤回できません。

そこに武術大会に出場しようとするアリーナ姫が現れたものだから、王族二人から『是非優勝して下さい』なんていう依頼を受けてしまいました。

腕試しのために出場するはずだった武術大会でしたが、一人の女性の人生まで背負うことになったアリーナ姫。
優勝を目指すため、大会控室にあるお店で準備を整えましょう。
第二章で抜群の攻撃力を誇る『鉄の爪』と、買えるだけの薬草を購入。

さぁ、いよいよ武術大会が始まります。
この大会では、どのような相手が待っているのでしょうか?
そして恐ろしい敵と噂されるデスピサロとは?

激闘の模様は、次回へと続きます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

旅の扉をつかい、無事エンドールの国領に到着。 つまり、関所の向い側…といったところ。 ここから東に向かうとお城があるようなので、まずはそこを目指すことに。

 

関所を出てしばらく東へ進んでいくと、お城を発見。 エンドールに無事到着です。 お城というだけあって、やはり都会っぽい雰囲気ですね。

街の人々の話を聞いていると、なんとこのエンドールで武術大会が近々開かれる予定だとか。 なんだかドラゴンボールっぽい雰囲気になってきましたね!!

武術大会に関する情報。 大会には、デスピサロという強者が出場する模様。

改めてお城へ。 王様とその娘である姫に謁見。 すると、姫の方がなんだか浮かない様子。