『本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方』浅見家の本棚 #9

スポンサーリンク

『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』/堀江 貴文

皆さんは普段、必要以上に他人に気を使い過ぎてはいないでしょうか?

かくいう私は、これでもかとばかりに職場の上司や関係先のお偉方に気を使っています。神経をすり減らしていると言っても過言ではないかもしれません。仕事柄仕方ないことも確かにあるのですが、他人の評価というか目が気になるといいましょうか…。

私はちょっぴりですが、この本を読んで前向きになれたような気がします。著者の堀江氏は歯に衣着せぬ物言いで、それなりに敵も多いのでしょうが、彼自身はそんなことをちっとも気にしていません。他人に何を言われようが、自分正しいと思ったことや、したいことをする。読了後、私が心がけるようにしたことは以下の2点です。

  1. 他人をあまり気にし過ぎないように。
  2. 群れない。

どうでしょうか。我々日本人が最も苦手とする2点ですよね。決心した私自身も時折決意が揺らぎかける時もあるのですが、特に2点目の『群れない』ということは殊更強く意識しています。

しかしながら、人間の生まれ持った性格というものは簡単に修正できないのもまた悲しい事実であります。ですが、『どうせ出来ない』 『自分には無理だ』 とは思わず、まず出来ることからやっていくことが仕事に限らず、何においても重要なのです。

そんな当たり前のことができていないからこそ、私たち現代日本人は悩み、苦しみ、それでも這いつくばって頑張っているのです。

頑張ることは美徳なのかもしれませんが、頑張りすぎることは止めましょう。その先に自分なりの本音の生き方が待っている気がします。

こちらでも細々と呟いてます。 良ければフォローしてやってください。 @liverpoolxabier

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。