ガイアセイバー攻略 #31

レトロゲーム
スポンサーリンク

敵側の一角を形成していた『ショッカー』が、前回攻略記事において事実上崩壊。
少しずつ形勢が好転し始めてきましたが、次なる指令は、またしても連絡が途絶えたコロニーの調査。

『サイド5』と『サイド6』。
選択肢は2つ与えられますが、ここで選ぶ正しいルートは『サイド5』。



最初に『サイド6』に向かってしまうと人口が大幅に減少し、エンディングに悪影響を及ぼしてしま

います。

『サイド5』の『コントロールセンター』の奥に向かうと、『クロスボーン・バンガード』の兵士が2人おり、コロニー内の温度を操作しています。

しかし、兵士達は最近の上層部の動きに少なからず疑問を抱いています。
そこにヒーロー達が登場したため、慌てふためく2人の兵士。

兵士達の中に生じ始めていた疑念は、思わぬ方向へ。
幼少時代から抱き続けたヒーロー達への憧れも幸いし、兵士達からまさかの情報提供。



次の目的地は、『グラナダ』です。

アマゾン
アマゾン

…罠ジャ…ナイヨナ…

その『グラナダ』へと向かう途中、次なるイベントが発生します。

現れたのは、見た目が完全にGP-02に酷似する、敵幹部の一人【Gキラー】。

しかし、ここで衝撃の展開。
しばらく【アムロ】が行方不明になっておりましたが、なんと【Gキラー】に乗っていることが、ここで明らかとなります。

シーブック
シーブック

アムロさん…

ホワイトベースに戻れば、元に戻してあげますから…。

マークハンター
マークハンター

…これが、ニュータイプの力というやつか…

スーパー1
スーパー1

…ていうか、なんで相手がアムロだなんて分かるの?

ここで【Gキラー】(アムロ)との戦闘が開始。
本来であれば苦戦を予想するところですが、全員でカプセル怪獣を駆使すれば、2~3ターンで勝利できるほどの楽な戦いとなるでしょう。

戦闘後、前後不覚に陥った【アムロ】。
沈む意識の中で、彼と【シャア】に大きな影響を与えた【ララァ】が登場し、【アムロ】に目覚めを促します。

目を覚ます、【アムロ】。
本作の主人公的ポジションだった【アムロ】が復帰する、記念すべき瞬間です。

いきなり、宇宙の真っ只中に放り出されてストーリーが再開。

しかし…ここで注意事項が。
どのような経緯があったのか不明ですが、この時点でのパーティーメンバーは、なんと【アムロ】一人のみ。



普通に戦うと苦戦は必至なので、敵に遭遇したら素直に逃げることを推奨します。

ストーリー再開ポイントから、北西の方向へ進むと月が見えてきます。
非常に分かりにくいですが…目的地の『グラナダ』は、この月に存在します。

月へと近づいていくと、突如イベントが発生します。
連邦軍による総攻撃が始まったことで、『ホワイトベース』にトラブル発生。

急遽、月面へと不時着することとなります。
結果論から考えると、目的地に辿り着いているわけでトラブルというほどでもないと思うのですが…。

RX
RX

このイベント、必要だった?

結局、月に到着しているんだが…。

場面が切り替わり、『ホワイトベース』の司令官室。
ここで、最終決戦へと挑むパーティー編成が可能となります。

前提として、主人公的扱いの【アムロ】は固定。
おススメは、能力の高い【マークハンター】と必殺技『バイオフォーム』が強力な【RX】。
残る一枠は、お好みで…。



その一枠を、【セブン】に費やした私。
この後、大きな後悔をすることになるのですが…。

マークハンター
マークハンター

どうしてもと言うのなら、ついて言っても構わないぜ。

パーティー編成後は、自由行動。
格納庫へ行くと搭乗するガンダムを選べますが、これは【シーブック】の乗る機体のみ。
何故か【アムロ】はνガンダムには乗れず、引き続き【Gキラー】で出撃です。

GSアムロ
GSアムロ

『νガンダムは伊達じゃない!』って、言いたかった…

次回は、『グラナダ』基地内へと突入予定。
最終決戦が、近づいています。

(次回へと続く)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました